新しいものづくりがわかるメディア

RSS


IPAで美しい表面に——Fiberlogy、3Dプリンター用PVBフィラメント「FiberSmooth」を発表

ポーランドのFiberlogyは、FFF方式3Dプリンター用フィラメント「FiberSmooth」をラインアップに追加した。主原料にPVB(ポリビニルブチラール)樹脂を用い、美しい表面仕上げを求めるユーザーをターゲットにする。

photo

PVB樹脂は、IPA(イソプロピルアルコール)で簡単に表面処理ができることで評価されており、FiberSmoothで造形したモデルは、IPAに浸したり蒸気を吹きかけたりすると表面が溶ける。レイヤーの境界が見えにくくなるため、スムーズで光沢のある表面仕上げが可能で、さらに完全に乾燥すると構造物の強度が向上する。

photo
photo

FiberSmoothは産業向けの製品より、芸術やホビー向けアイテムの造形に適している。PLAと似た特性を持ち、低収縮性かつ無臭でプリントの難易度は低く、一般的なFFF方式3Dプリンターで装飾品やアクセサリー、フィギュアなどの造形が可能。推奨設定は、ノズル温度が215~225℃、ヒーテッドベッドの温度が75℃、冷却が75~100%、造形速度が100mm/s以下で、クローズドチャンバーや接着剤の使用は不要だ。

photo

フィラメントの直径は1.75mmで、1スプールの重さは0.5kg。カラーは、ブラック、グラファイト、グレー、ブルー、レッドを用意しており、順次、透明バージョンなど新カラーを追加する予定だ。各国の代理店やオンラインショップを通じて販売する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  5. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  10. 最速3Dプリンターより10倍速い——スタンフォード大の最新3Dプリント技術「iCLIP」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る