新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Dig up the underground「プロダクト一機一会」 by 松崎順一

未来と過去が共存する電波の世界に時めいた高級ラジオ 「NATIONAL PANASONIC RF-1180(COUGAR118)」

ここしばらく体調が思わしくなく2カ月休載させていただいたが、ようやく体調も戻り、今月からまた蒐集記を再開させていただく。機械も人間も動くものは適度なメンテナンスの必要性を感じた2カ月間であった。

その間、季節もいきなり秋から冬に突入し、現在は少しずつ体を慣らしながら近場から攻めている。

僕のファクトリーの近くに1件、あのハードオフがあるのだが病み上がりの身ながら別件で店を訪れたら1番奥にあるジャンクコーナーのショーケースの上に何気無くたたずむゴツいメカを発見。

かなり気になったので近くに行きよく見ると旧知の友に出会ったような衝撃が走った。なんと僕が中学生の時、親から初めて買ってもらったラジオ、ナショナルクーガの最上位機種118ではないか。

店員の方にお願いしてちょっとテストさせてもらったら全く普通に使える動作品。ジャイロアンテナもロッドアンテナも問題なく、あくまで古いためジャンク価格で販売していたのだ。

値段は言えないが相当安かった。足立区のこんな近くでこんなラジオとの出会い。全くの偶然だがやはり足を小まめに運ぶ必要性を再認識した日になった。

当時のナショナルのBCLラジオはなぜかパナソニックとWネーム、今回入手したクーガ118は当時トロピカルバンドが受信可能なワイドバンドが売りでBFOも装備していたからアマチュア無線も聞けた豪華装備のBCLラジオだった。

しかし価格が4万2000円と高過ぎて全く手が出なかったのを覚えている。せっかくなのでしばらくはこいつでラジオを聴いてみようかな。

NATIONAL PANASONIC RF-1180(COUGAR118)

発売時期:1974年(昭和49年)

お知らせ

松崎順一さん監修による「大ラジカセ展」が池袋のパルコ本館で開催中。会場では100台のラジカセの他、当時のカルチャーに関連するカセットテープやパンフレット、著名人によるコレクションなども展示されています。

fabcrossの写真レポート
https://fabcross.jp/topics/event_report/20161209_dairadicasseten.html

オフィシャルサイト
http://dairadicasseten.haction.co.jp/

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. かつてソニーもスタートアップだった——当時を知るエンジニアが見たものづくり精神
  2. 限定150台——4万円で買えるFFF方式3Dプリンターキット「Proforge」
  3. 表情を変え、しゃべって歌う——等身大の美少女ロボット「足立レイ」制作計画
  4. ネオピクセルLEDがドライブできる——Arduino互換Wi-Fi対応IoT開発ボード「LEDUNIA」
  5. すごーい!あたまわるーい!知恵の芽を摘む「頭の悪いメカ発表会2」
  6. 42個のキーを備え持ち運びに便利——Arduino互換のキーパッド「42-Digit SPI Keypad Matrix」
  7. ORANGE BASICでArduinoシールドを使おう——ORANGE picoマイコン「Orangino」
  8. レーザー刻印にCNC彫刻、プロッターにもなる1台4役の3Dプリンター「MAG ICreatum」
  9. 社会に求められるファブ施設とは——ものづくりから始まるコミュニティの在り方
  10. 3D CADを活用したものづくりの核心に迫る——「Fusion 360 Masters」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る