新しいものづくりがわかるメディア

RSS


fabなび

ヨカラボ天神(福岡・天神)

日本全国のファブ施設を紹介する「fabなび」。今回は福岡市の天神エリアにある「ヨカラボ天神」。福岡の繁華街エリアにあるファブ施設で、100坪を超える施設の中にファブスペースやコワーキングスペース、会議室があり、さまざまな用途で利用できるのが特徴だ。

コワーキングスペースエリア。ゆったりとした造りになっている。 コワーキングスペースエリア。ゆったりとした造りになっている。

ヨカラボ天神がオープンしたのは2014年1月。Webサイトの開発などを手掛ける株式会社オリノスが運営している。オープン当初は今とは別の場所で、コワーキングスペースとファブスペースが分かれた形で営業していたが、2015年1月に移転する際に両スペースを一体化。その結果、利用者は移転前と比較して3倍にも増えたという。

「イベントを多く開催している事もありますが、コワーキングスペースを利用しに訪れた方が3Dプリンタを見て興味を持ったり、逆に3Dプリンタを使いに来た方がコワーキングスペースを利用している方と交流ができたりと、相互に良い作用が働いています」(副支配人 大音晃司さん) 

コスプレの小道具用に3Dプリンタで出力したステッキ。 コスプレの小道具用に3Dプリンタで出力したステッキ。

コンセプトは「スタートアップ・ものづくり・サブカルチャー」。趣味からビジネスまで、さまざまなニーズに対応しながら、ヨカラボ天神内のコミュニティ作りも積極的に行っている。

「趣味が合うお客さまとスタッフが一緒になって海釣り部を作ったりなど、スペースをワンフロアにしてからは横のつながりがさらに活性化しました。もちろんお客さま同士のコミュニケーションやコラボレーションを促進するサポートも行っています。店舗のコンセプトに沿うものであれば、ファブスペースや会議室の利用が費用面でとても使い易くなっています。」

天神エリアの中心というロケーションもあり、県外からの利用者も少なくない。年齢や属性も幅広く、さまざまなイベントやセミナーを開催している。

そこには「仕事を知る前に人を知る」事を重視し、クリエイターやエンジニアがお互いの人間性を理解した上で、最終的には一緒に事業を立ち上げてほしいという思いがあるそうだ。

「3Dプリンタを複数台設置していることから、これまでは3Dプリンタの初心者向けセミナーや、3D-CAD・3D-CGソフトに触れた事のない人向けの講座をメインに行ってきましたが、最近ではコスプレ用の小道具を3Dプリンタで作るワークショップやUnityの勉強会など、外部講師の方を呼んだ企画も行っています。

また、お客さま同士が立ち上げたArduinoの勉強会や、変わったところでは、積んでしまった(自宅で積んだままになっている)プラモデルを作る会ですね。他にも、事業の失敗談を話し合うイベントや、独立して起業する人向けに税理士相談会なども月1回開催しています」 

シェアオフィスの中央にある打合せスペース。この部屋以外にも、さまざまな用途で利用可能な最大50人収容できる会議室、拡張利用で80人収容できる大会議室も用意されている。 シェアオフィスの中央にある打合せスペース。この部屋以外にも、さまざまな用途で利用可能な最大50人収容できる会議室、拡張利用で80人収容できる大会議室も用意されている。
工作機器が並ぶファブスペースは施設の中央にある。3Dプリンタもさまざまな機種が用意されている。 工作機器が並ぶファブスペースは施設の中央にある。3Dプリンタもさまざまな機種が用意されている。

さまざまな機種が利用できるとあって、3Dプリンタのセルフ利用も人気だという。利用に当たっては初回トレーニングもあり、プリントするデータに不備があれば専門スタッフに相談する事もできるので、初めてプリントする人から、凝ったデータをプリントする人まで、幅広くサポートしてもらえる。

プリントしたものを着色するためのブースも用意されている。 プリントしたものを着色するためのブースも用意されている。

「もともと3Dに関するビジネスに可能性を感じて、この施設を立ち上げたという経緯もあります。今年の夏休みには地域公民館と連動した子供向けワークショップを実施しましたが、これからの未来、子供たちが憧れる技術として、3D制作に関わる職業を選択肢の一つと捉えてもらえると嬉しいなと思います。そのための教育的なアプローチを、ヨカラボからもっと発信していきたいと考えています」

今後は小中学生向けのワークショップも充実させ、子供から大人まで3Dモデリングやプリントを体験できるスペースにしていきたいというヨカラボ。見学にも対応しているので、気軽に寄ってほしいとの事だ。 

概要

所在地

福岡市中央区大名2-9-35
トウセン天神ビル9F

営業時間

平日:9:00~23:00
土日祝日:10:00~22:00

Webサイト http://yokalab.jp/
料金

【会員プラン】
ドロップイン会員
1時間につき500円もしくは1日1500円で利用可能。
スペシャル会員
1ヵ月3240円~。利用時間帯に合わせてプランを選択。
シェアオフィス会員
24時間利用可能で固定席が使える。

【3Dプリンタ利用料金】
10分につき200円~、材料費は1gにつき20円~。
セルフサービスで利用可能。
利用機種によって料金が異なるので詳細は料金表を参照。
代行出力にも対応している。

備考

イベントでの特例を除いて、16歳未満は入店不可。
設備予約はオンラインで申し込み可能。
3DプリンタAfiniaの販売も行っている。

 

機材

3Dプリンタ:「AFINIA H479 / H480」 3Dプリンタ:「AFINIA H479 / H480」
3Dプリンタ:「AFINIA H800」 3Dプリンタ:「AFINIA H800」
3Dプリンタ:「インタービジネスブリッジ MAESTRO」 3Dプリンタ:「インタービジネスブリッジ MAESTRO」
3Dプリンタ:「Stratasys ZPrinter 450」 3Dプリンタ:「Stratasys ZPrinter 450」
レーザーカッター:「Podea Podea-01」 レーザーカッター:「Podea Podea-01」
ラミネーター:「Fellowes Voyager A3」 ラミネーター:「Fellowes Voyager A3」
カッティングマシン:「Roland STIKA VS-12」 カッティングマシン:「Roland STIKA VS-12」

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. ありそうでなかったRaspberry Piの電源をきちんと落とせるスイッチ——「Hackable Raspberry Pi Power Switch」
  2. 試作工場(東京都足立区)
  3. レーザーカッターにもCNCミルにもなる——3Dプリンタ複合機「Optimus」
  4. 用途に合わせてパワーを変えられるUSB充電式ホットツール「Solderdoodle Plus」
  5. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  6. 川崎市の旧ヨネヤマ本社ビルを再生——ファブラボなどが入居する創造拠点「unico」開設へ
  7. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた
  8. 119の“しかけ”をめくってプログラミングを学ぶ——「なるほどわかった コンピューターとプログラミング」発刊へ
  9. ラジオの進化をたどる——CQ ham radio連動企画「作って合点!ラジオのしくみ ストレート・ラジオ キット」発売
  10. 繰り返し精度は50µm——高精度の動作が可能な5軸ロボットアーム「Dexter」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る