新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dプリンタ活用の日本の義手プロジェクト、ダイソンの国際デザインコンテストで2位

サイクロン掃除機で知られるダイソンと提携する慈善団体James Dyson Foundationによる国際デザインコンテスト「ジェームズ ダイソン アワード 2013」(JDA2013)において、日本から応募された義手「Handie」が2位に入賞した。Handieは低コストで実用的な義手を目指して、専用端末の代わりにスマートフォンを使い初期費用を削減。各部品は3Dプリントされ、耐久性は劣るものの修理しやすいように、各指はユニット化されて取り外しが簡単にできる。

「handie」

「handie」プロジェクトには、東京大学大学院OBの山浦博志氏、近藤玄大氏、千葉工業大学大学院OBの小西哲哉氏の3名が携わった。プロジェクトでは義手を必要とする人にヒアリングを行い、傘をさして荷物を持ったりナイフとフォークを同時に使ったりするなどの単純な動きをサポートする義手の需要があることを知り、高機能だが高価な「筋電義手」は必ずしも必要ではないということがわかったという。そのため、「利き手を補助する」程度の機能を持った低コストな義手づくりを目指した。

専用端末の代わりにスマホを利用する。

「ジェームズ ダイソン アワード」は、受賞者に対してアイデアの可能性を広げ、賞金を利用してプロトタイプの制作を進め、最終的に商品化を目指すことを奨励している。Handieには賞金1万ポンド(約135万円)が贈られた。

JDA2013は1位から3位まであり、1位は上半身用パワードスーツ「Titan Arm」(アメリカ)が受賞。倉庫の労働者などの物を持ち上げる職業や、医療のために開発された。3位は骨折用ギプス「Cortex」(ニュージーランド)で、3Dスキャンと3Dプリントを用いて作られる。強く、軽量で、通気性が高い。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Arduino互換でカスタマイズできる——手のひらにのる犬型ロボット「Petoi Bittle」
  2. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  3. 研磨しやすいPLA——APPLE TREE、3Dプリンター用フィラメント「MODERA:PLA」発売
  4. Formlabs、大型造形可能な歯科用3Dプリンター「Form 3BL」と後処理用のアイテム2種を発表
  5. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  6. テクダイヤと久宝金属製作所、FFF方式3Dプリンター用0.1mm径ノズルを開発
  7. 両手がふさがっていてもスマホが操作できる——舌を使ったインタフェース「[in]brace」
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. キャリブレーション不要ですぐに使える——プロ用デスクトップ3Dスキャナー「Polyga Compact S1」
  10. 「タオバオ」に挑戦したけど異文化に揉まれて何も買えませんでした——失敗から学ぶ、ネットショップで使える中国語10選

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る