新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ソレノイドの普及と知名度向上を目指す「タカハソレノイドコンテスト」、審査員長は「明和電機」の土佐信道社長

ソレノイド専業メーカーのタカハ機工は、「第一回 タカハソレノイドコンテスト(ソレコン)」を開催すると発表した。基本的には同社のソレノイドを使用した製品であればよく、大賞には賞金10万円と副賞が贈られる。

ソレノイドとは、コイルに電流を流して磁場を発生させ、可動鉄心を直線運動させることで、押し/引きの動作を行なう電気部品。自動車のドアロックを始め家電などに広く利用されている。タカハ機工ではモーターに比べ知られていないソレノイドの知名度向上を狙ってこのコンテストを開催する。

応募資格は「ものづくりが好きな人ならだれでも(グループも可)」、応募条件も緩やかで、同社のソレノイドを使用した、縦×横×高さが原則それぞれ1メートル以内、最終審査で実際に動かせるよう移動可能なものであればよい。趣味の発明品を広く応募している。

応募作品の中から以下の賞が選ばれる。

  • ソレコン大賞:1作品(賞金10万円、ソレノイドギフト券5万円分)
  • 技術賞:1作品(賞金5万円、ソレノイドギフト券3万円分)
  • いいね!賞:3作品(賞金3万円、ソレノイドギフト券2万円分)
  • イグソレコン賞:1作品(賞金2万円、ソレノイドギフト券1万円分)
    ※この賞は「あまりにバカバカしく役に立たないもの」に贈られる

応募受付期間は2014年2月3日(月)から3月31日(月)。

審査員長は吉本興業所属のアートユニット「明和電機」代表取締役社長の土佐信道氏。入賞した作品は、タカハ機工のホームページで公開するほか、2014年6月25日〜27日には東京ビッグサイト「機械要素技術展」の同社ブースでも展示する。
 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Formlabs、新型3Dプリンター「Form 3」を2019年末までに国内出荷
  2. オープンソースのCNCコントロールボード「Smoothieboard v2」
  3. THD+N 0.0003%を達成——CQ出版、「ゼロディストーション・パワーアンプ・キット」発売へ
  4. Raspberry Piで産業用IoT構築を可能にするエンクロージャー「Pi-oT」
  5. 体温計付きヌンチャクで、健康的なカンフーライフを
  6. STマイクロ、STM32G4マイコンのサポートを拡充——デジタル電源/モーター制御用開発キット提供
  7. Raspberry Piを使ってテンキーからクラウドへ数字が入力できる「TENKit」
  8. A4サイズ対応、プリンター感覚で製版できる——理想科学工業、小型デジタルスクリーン製版機「MiScreen a4」発売へ
  9. 3Dプリント造形物の表面を滑らかに——Slic3rに非平面造形機能を実装
  10. Git/GitHubに関する悩みを解決——秀和システム、「やりたいことが今すぐわかる 逆引きGit入門」発刊へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る