新しいものづくりがわかるメディア

RSS


幼児がプログラミングの基礎を遊びながら学べるおもちゃ「Primo」

プログラム命令を表す木製ブロックをパネルにはめ込んでいくことで、Arduino搭載のロボットを動かして遊ぶおもちゃ「Primo」がクラウドファンディングサイトに登場して注目を集めている。おもちゃによって子供たちにプログラミングの基礎を学ばせようという試みだ。

イギリスのFilippo Yacob氏らのチームが開発したPrimoは、外見は木製のパズルやブロックのおもちゃのようだ。ロボットの「Cubetto」、命令ブロックをはめ込むプログラミングインターフェース、4つの命令を意味する4色の命令ブロックの3つから構成される。ブロックには「前進」「左」「右」それに「関数」がある。

Primoは、4歳から7歳くらいの子供たちを対象にしており、チームではすでに数百人の子供たちでテストし、大成功であったという。現在、2014年夏の製品化のために目標3万5000ポンド(約570万円)の資金調達をKickstarterで11月22日から実施ししているが、既に1万ポンド以上が集まっている(2013年11月25日現在)。記事執筆時点で160ポンド(約2万6000円)以上出資するとPrimoが1セット入手できる(日本への送料が30ポンド必要)。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 横にも動けるボルボの新型軍用輸送車両「Scarabée」
  2. 3Dプリンター活用技術検定試験を受けてみた——「ひとりで楽しむ」以上を目指すための良きガイド
  3. ソーテック社、プログラミング初学者向けに「Pythonでつくる ゲーム開発 入門講座」を刊行
  4. 80年代のカセットをBluetoothで——Bluetooth 5.0対応カセットプレーヤー「IT'S OK」
  5. 集めたデータをグラフ表示できる——IIJ、個人向けIoTデータ可視化/監視サービス「Machinist」を提供開始
  6. 電子部品をクラウド化——「オーダーメイドPoCキット」シリーズ販売開始
  7. すぐに使えるRaspberry Piセット——アフターソフト、学習用コンピューターセット「ベリーボックス」発売
  8. 歴代のウォークマンが一堂に、これまでのイノベーションとあなたの思い出を振り返る——「#009 WALKMAN IN THE PARK」(銀座)
  9. 子どもからmakerまでArduinoの活用法を学べる——ステップバイステップ電子ガイドブック「Arduino for Everyone」
  10. シャーレ上でヒト毛包の生成に成功——3Dプリンターを活用した毛髪再生治療法の研究

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る