新しいものづくりがわかるメディア

RSS


幼児がプログラミングの基礎を遊びながら学べるおもちゃ「Primo」

プログラム命令を表す木製ブロックをパネルにはめ込んでいくことで、Arduino搭載のロボットを動かして遊ぶおもちゃ「Primo」がクラウドファンディングサイトに登場して注目を集めている。おもちゃによって子供たちにプログラミングの基礎を学ばせようという試みだ。

イギリスのFilippo Yacob氏らのチームが開発したPrimoは、外見は木製のパズルやブロックのおもちゃのようだ。ロボットの「Cubetto」、命令ブロックをはめ込むプログラミングインターフェース、4つの命令を意味する4色の命令ブロックの3つから構成される。ブロックには「前進」「左」「右」それに「関数」がある。

Primoは、4歳から7歳くらいの子供たちを対象にしており、チームではすでに数百人の子供たちでテストし、大成功であったという。現在、2014年夏の製品化のために目標3万5000ポンド(約570万円)の資金調達をKickstarterで11月22日から実施ししているが、既に1万ポンド以上が集まっている(2013年11月25日現在)。記事執筆時点で160ポンド(約2万6000円)以上出資するとPrimoが1セット入手できる(日本への送料が30ポンド必要)。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 毎秒4万回でさくさくカット——ポータブル超音波カッター「WONDERCUTTER」
  2. サンワサプライ、Windows10 IoT Coreに特化した「Raspberry Piセンサーキット」を発売
  3. リアルな世界で本人視点シューティングゲームを——FPS対戦型ロボット玩具「GEIO」
  4. 15万円で高精度精密加工が可能——デスクトップ型CNCフライス「Routakit M」
  5. 自分でゲームを作ろう——Raspberry Piを使ったゲームコンソール「Pip」
  6. 米Techshop、11月15日に倒産——海外拠点には影響なし
  7. 小型なのに高精細——デスクトップにおけるSLA方式小型3Dプリンター「PLUTO」
  8. アルテック、米Desktop Metalの金属3Dプリンター「Studioシステム」の国内販売開始
  9. その数なんと6000種類! 懐かし&希少な「アクリル」に、Maker時代の価値を見た
  10. ディスプレイ用ワイヤレス給電システム「X-BASE」シリーズ、ハピネットから一般販売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る