新しいものづくりがわかるメディア

RSS


幼児がプログラミングの基礎を遊びながら学べるおもちゃ「Primo」

プログラム命令を表す木製ブロックをパネルにはめ込んでいくことで、Arduino搭載のロボットを動かして遊ぶおもちゃ「Primo」がクラウドファンディングサイトに登場して注目を集めている。おもちゃによって子供たちにプログラミングの基礎を学ばせようという試みだ。

イギリスのFilippo Yacob氏らのチームが開発したPrimoは、外見は木製のパズルやブロックのおもちゃのようだ。ロボットの「Cubetto」、命令ブロックをはめ込むプログラミングインターフェース、4つの命令を意味する4色の命令ブロックの3つから構成される。ブロックには「前進」「左」「右」それに「関数」がある。

Primoは、4歳から7歳くらいの子供たちを対象にしており、チームではすでに数百人の子供たちでテストし、大成功であったという。現在、2014年夏の製品化のために目標3万5000ポンド(約570万円)の資金調達をKickstarterで11月22日から実施ししているが、既に1万ポンド以上が集まっている(2013年11月25日現在)。記事執筆時点で160ポンド(約2万6000円)以上出資するとPrimoが1セット入手できる(日本への送料が30ポンド必要)。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Bfull、光造形3Dプリンターの積層痕をなくす「積層レスコート」を開発しフィギュア生産に採用
  2. 自作スマートウォッチも——0.95インチOLED搭載Arduino互換ボード「Pocuter」
  3. 水を飲むだけでピタリと止まる——しゃっくりを簡単に止められるストローを開発
  4. 90×90mmサイズに充実した入出力——Raspberry Pi CM4用キャリアボード「TOFU」
  5. ArduinoやRaspberry Piで動かせる自動走行車モデルの技術解説カンファレンスから、Raspberry Piと各種センサーでIoTシステムの基礎が学べるオンラインイベントまで(9月12日~)
  6. Dr.片山の100均ロボット研究室 高くて買えないけど絶対欲しい廉価版犬型ロボットを作ってみた
  7. 大気から飲料水を作る——電力不要で24時間稼働できる集水装置を開発
  8. 種まきや除草を自動化——マシンラーニング搭載のガーデニングロボット「Sybil」
  9. コーディング不要でIoT開発——Arduino「Oplà IoT Kit」向けテンプレートを公開
  10. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る