新しいものづくりがわかるメディア

RSS


幼児がプログラミングの基礎を遊びながら学べるおもちゃ「Primo」

プログラム命令を表す木製ブロックをパネルにはめ込んでいくことで、Arduino搭載のロボットを動かして遊ぶおもちゃ「Primo」がクラウドファンディングサイトに登場して注目を集めている。おもちゃによって子供たちにプログラミングの基礎を学ばせようという試みだ。

イギリスのFilippo Yacob氏らのチームが開発したPrimoは、外見は木製のパズルやブロックのおもちゃのようだ。ロボットの「Cubetto」、命令ブロックをはめ込むプログラミングインターフェース、4つの命令を意味する4色の命令ブロックの3つから構成される。ブロックには「前進」「左」「右」それに「関数」がある。

Primoは、4歳から7歳くらいの子供たちを対象にしており、チームではすでに数百人の子供たちでテストし、大成功であったという。現在、2014年夏の製品化のために目標3万5000ポンド(約570万円)の資金調達をKickstarterで11月22日から実施ししているが、既に1万ポンド以上が集まっている(2013年11月25日現在)。記事執筆時点で160ポンド(約2万6000円)以上出資するとPrimoが1セット入手できる(日本への送料が30ポンド必要)。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  2. 視線を外さずに運転できる——後付けタイプのヘッドアップディスプレイ「HUD NEOTOKYO」
  3. 記念すべき瞬間を永遠に——2738年間カウントをつづけるパーソナルタイマー「TIME SINCE LAUNCH」
  4. GoF studio(東京都台東区)
  5. 自由に改造し遊びを通して子供の創造力を育む——教育用ラジコンカー「RaceYa」
  6. 500dpiで刻印できる——40/50W密閉型CO2レーザー加工機「Beambox」
  7. ひと目でときめく小さな世界——「田中智 ミニチュアワールド—Face to Face もっとそばに—」(銀座)
  8. アイ・オー・データ機器、Raspberry Pi標準OSプリインストールmicroSDカード「UD-RPSDRB」発売
  9. Raspberry Piの実験や制作に——ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi用拡張基板5種発売
  10. きっかけはトラブルだった——旅館の食事に欠かせない「例の青い固形燃料」が生まれた理由

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る