新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Arduinoでよく使われる入出力部品多数を載せた「TABシールドV2.0」プロジェクトが資金調達開始

タブレインは、Arduinoでよく利用されるセンサやLCDをはじめとした十数種類の入出力デバイスをひとつにまとめたシールド(Arduino拡張基板)「TABシールドV2.0」の開発と量産プロジェクトを始め、クラウドファウンディングサイトMotionGalleryで資金調達を開始した。

電子工作のためのプラットフォームとして、Arduinoは安価であり、簡単なプログラム(スケッチ)を記述するだけでさまざまなデバイスをコントロールでき、オリジナルな作品を作れるため人気がある。しかし、Arduino本体だけでなくセンサ等の電子部品を買いそろえ、スケッチと呼ばれるプログラムを作成することが必要となる。

タブレインが開発するTABシールドは、温度センサや加速度センサ、超音波距離センサなどを含む数多くの入力電子部品やスピーカ、LED、LCDを搭載し、サンプルスケッチを使ってすぐにものづくりが可能というもの。先行開発品TABシールドV1.1は、14種類の電子部品を搭載し、いろいろな可能性を発掘するツールとして開発した。今回のV2.0では、さらなる機能充実と量産化をめざし、クラウドファンディングで支援を募ることにした。目標額は100万円。

支援者は、先行開発品の「TABシールドV1.1」または、新開発品「TABシールドV2.0」から選べるコース(8000円)を設けた。TABシールドV2.0は2014年3月以降に発送を予定しており、予定価格は9500円。支援者には、TABシールド・スタートキット活用テキストと「TABrain 3Gシールド」(定価6万3000円)をセットにして6万円で提供するコースも用意している。資金調達期限は2014年2月10日。 

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. かつてソニーもスタートアップだった——当時を知るエンジニアが見たものづくり精神
  2. すごーい!あたまわるーい!知恵の芽を摘む「頭の悪いメカ発表会2」
  3. 限定150台——4万円で買えるFFF方式3Dプリンターキット「Proforge」
  4. ネオピクセルLEDがドライブできる——Arduino互換Wi-Fi対応IoT開発ボード「LEDUNIA」
  5. 造形物のはがれや反りを防止、簡単に取り外せる3Dプリントベッドシート「EZ Stick」
  6. 表情を変え、しゃべって歌う——等身大の美少女ロボット「足立レイ」制作計画
  7. ORANGE BASICでArduinoシールドを使おう——ORANGE picoマイコン「Orangino」
  8. 第3回 足りないのは人と時間。世界を取り巻くSTEM教育の現状と課題
  9. 42個のキーを備え持ち運びに便利——Arduino互換のキーパッド「42-Digit SPI Keypad Matrix」
  10. 春から意識を下げていこう!新社会人を頭が悪い工作で応援してみた

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る