新しいものづくりがわかるメディア

RSS


XYZプリンティング、CESで高評価の3Dプリンタを6万9800円で発売

XYZプリンティングジャパンは、CES 2014でエディターズチョイスアワードを受賞したデスクトップ3Dプリンタ「da Vinci 1.0」(ダヴィンチ1.0)を、同社オンラインストアとAmazonで販売を開始した。価格は6万9800円(税込)。

「da Vinci 1.0」 「da Vinci 1.0」

da Vinci 1.0はFDM方式3Dプリンタで、最大造形サイズは200×200×200mm、最小積層ピッチは100μm、温度変化や風の影響を抑えるクローズド筐体を採用し、プリントヘッドの自動キャリブレーション機能や自動クリーニング機能を備え、安定してプリントできるという。最大印刷速度は毎秒150mm、ノズル直径は0.4mm。

本体の液晶パネルも日本語化されてカタカナ表示するほか、日本語マニュアルや日本語化された専用ソフト「XYZウェア」も付属する。日本国内にサポートセンターを設け、問い合わせや修理なども国内で対応するとしている。データ形式はSTLおよびXYZ Format。

専用カートリッジ 専用カートリッジ

フィラメントはABS。専用のカートリッジに納められており交換も容易。1カートリッジあたり600g(250m)。ホワイト、ブルー、ブラック、レッド、イエロー、グリーンを3280円(税込)で発売中で、今後ピンク、パープル、オレンジ、ブルーグリーン、オリーブ、インディゴの6色を追加の予定。

また、3ders.orgの記事 によれば、da Vinci 1.0のプリントヘッドの押出機は1つだが、今年の第2四半期には押出機2つを備えてPLA造形に対応した「da Vinci 2.0」、さらにWi-Fi/LAN接続機能とモバイルアプリ対応、カラータッチパネルを備えた「da Vinci 2.1」の出荷も予定している。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  2. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  3. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  4. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  5. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  6. 1200万画素の「Raspberry Pi カメラモジュール V3」、国内で販売開始
  7. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  8. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ハッキング手法を試行してプログラミング学習——ラズパイマイコン搭載USBデバイス「HackyPi」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る