新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dプリンタ市場は2018年に162億ドルに拡大——調査レポート

調査会社Canalysの調査によると、3Dプリンタ市場は2013年の25億ドル(約2590億円)から2018年には162億ドル(約1兆6800億円)にまで拡大すると予測されており、航空宇宙や医療ほか多数の分野で採用されるだろうという。

短期的に見ると、2014年には38億ドル(約3940億円)に達すると見込まれている。Canalysのアナリスト、ジョー・ケンプ氏によれば「カスタマイズ性、利便性、製造効率といった3つの要因に牽引されて需要が拡大し市場は発達する。3Dプリンタにおいてはローカルでパーソナライズされた製品を印刷することが可能であり、従来の製造法より材料の無駄とエネルギーを低減できるといった利点がある」という。

シニアアナリストのティム・シェパード氏は「今まで大きな障壁とされてきた印刷時間、クオリティが技術の進歩により改善されるため、非常に大きな成長が期待できるだろう」「これまでは製品のプロトタイプやコンセプトモデルを作製するために用いられていた3Dプリンタだが、開発が進むにつれそれだけにとどまらず、工学、建築、航空宇宙、防衛、義肢などの医療といった多数の分野で活躍する可能性がある」とも述べている。 

2018年における市場の内訳は3Dプリンタ本体で54億ドル(約6020億円)、プリントに関るサービスや材料の市場で108億ドル(約1兆1200億円)と予想されている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 20万台のマイコンボードを配布したタイ政府と、プログラミング教育のジレンマ
  2. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  3. スイッチサイエンス、「ATOM Echo - スマートスピーカー開発キット」を販売開始
  4. バッグパックに収納できる電動バイク——東大、空気で膨らませて使うパーソナルモビリティを開発中
  5. 着るだけで体温や心拍を測定——洗濯機で洗えるスマート衣類「E-TeCS」
  6. 日本3Dプリンター、「Raise3D」シリーズの最新モデル「Raise3D E2」発売
  7. ゴミ袋を自動で交換するゴミ箱——カートリッジ式スマートゴミ箱「townew」
  8. 分解は設計者との対話 楽しい分解のための5つのTips
  9. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  10. 3Dプリンター製フェイスシールドが証明したメイカームーブメントの果実

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る