新しいものづくりがわかるメディア

RSS


未来のふつうを発明するコンテストGugen、お台場でハッカソン開催

2013年にスタートしたハードウェアコンテスト“Gugen”を主催するピーバンドットコムは2014年4月13日、東京・お台場の「MONO」で今年度最初のハッカソンイベントを開催した。

今回は「未来の会議」に役立つ新しいハードウェアをテーマに、企画からプロトタイプ制作までチームに分かれて取り組んだ。
最初に参加者が一人ずつアイデアを発表した後、人気投票でどのアイデアを制作するかを選んだ。

次にグループに別れてアイデアを具体化させたうえで、会場に用意されたレーザーカッターや3Dプリンタ、Arduino、Raspberry Piといったデバイスを使って開発し、最後にグループごとに企画とプロトタイプを発表した。

エンジニアの参加者からは「一般的なハッカソンイベントではエンジニアしか参加していないことが多いが、ハードウェアエンジニアだけでなくデザイナー、プランナーなど、さまざまなバックグラウンドを持つ人がいて刺激になる」といった感想が聞かれた。またデザイナーの参加者は「限られた時間と、初対面の人という制約の中で、集中してものづくりをすることが楽しい。イベントをきっかけに人脈も広がることもメリット」と話し、イベント参加者の満足度は高かったようだ。 

Gugen2014では今回のハッカソンイベントを皮切りに12月の表彰式まで、さまざまなイベントを開催する予定で、5月には大阪、6月には福岡で同様のイベントを開催する。

イベントを主催するピーバンドットコムの崔熙元氏は「今回のハッカソンをきっかけに知り合った仲間と、プロトタイプを進化させて、今後のイベントやコンテストに参加して欲しい」と話した。
(写真提供:Gugen)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ワンボードマイコンでPCを自作——ポータブルコンピューターベアボーンキット「READY! MODEL100」
  2. CloudLinux、Raspberry Pi向けKernelCareの無償提供を発表
  3. 「Interface 2021年 4月号」がマイコン向けリアルタイムOS「FreeRTOS」を特集
  4. 持続的な長距離量子テレポーテーションに成功——90%超の高忠実度を実現、量子インターネット実現に向けた大きな一歩
  5. 「はんだ付けで目入れするダルマ」をプリント基板で作っちゃう 〜デザイン基板の作り方〜
  6. Desktop Metal、脱脂装置が不要の金属3Dプリンター「Studio System 2」を発表
  7. 磁力を使って5分で接着——磁性硬化型接着剤を開発
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. TVリモコンの押したボタンが分かる——ノバルス、乾電池型IoTデバイス「MaBeee Neoモデル」発表
  10. エアでの打感を再現——機材なしで練習できる最新ドラム演奏デバイス「Freedrum 2」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る