新しいものづくりがわかるメディア

RSS


未来のふつうを発明するコンテストGugen、お台場でハッカソン開催

2013年にスタートしたハードウェアコンテスト“Gugen”を主催するピーバンドットコムは2014年4月13日、東京・お台場の「MONO」で今年度最初のハッカソンイベントを開催した。

今回は「未来の会議」に役立つ新しいハードウェアをテーマに、企画からプロトタイプ制作までチームに分かれて取り組んだ。
最初に参加者が一人ずつアイデアを発表した後、人気投票でどのアイデアを制作するかを選んだ。

次にグループに別れてアイデアを具体化させたうえで、会場に用意されたレーザーカッターや3Dプリンタ、Arduino、Raspberry Piといったデバイスを使って開発し、最後にグループごとに企画とプロトタイプを発表した。

エンジニアの参加者からは「一般的なハッカソンイベントではエンジニアしか参加していないことが多いが、ハードウェアエンジニアだけでなくデザイナー、プランナーなど、さまざまなバックグラウンドを持つ人がいて刺激になる」といった感想が聞かれた。またデザイナーの参加者は「限られた時間と、初対面の人という制約の中で、集中してものづくりをすることが楽しい。イベントをきっかけに人脈も広がることもメリット」と話し、イベント参加者の満足度は高かったようだ。 

Gugen2014では今回のハッカソンイベントを皮切りに12月の表彰式まで、さまざまなイベントを開催する予定で、5月には大阪、6月には福岡で同様のイベントを開催する。

イベントを主催するピーバンドットコムの崔熙元氏は「今回のハッカソンをきっかけに知り合った仲間と、プロトタイプを進化させて、今後のイベントやコンテストに参加して欲しい」と話した。
(写真提供:Gugen)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Bfull、光造形3Dプリンターの積層痕をなくす「積層レスコート」を開発しフィギュア生産に採用
  2. 自作スマートウォッチも——0.95インチOLED搭載Arduino互換ボード「Pocuter」
  3. 水を飲むだけでピタリと止まる——しゃっくりを簡単に止められるストローを開発
  4. 90×90mmサイズに充実した入出力——Raspberry Pi CM4用キャリアボード「TOFU」
  5. ArduinoやRaspberry Piで動かせる自動走行車モデルの技術解説カンファレンスから、Raspberry Piと各種センサーでIoTシステムの基礎が学べるオンラインイベントまで(9月12日~)
  6. Dr.片山の100均ロボット研究室 高くて買えないけど絶対欲しい廉価版犬型ロボットを作ってみた
  7. 大気から飲料水を作る——電力不要で24時間稼働できる集水装置を開発
  8. 種まきや除草を自動化——マシンラーニング搭載のガーデニングロボット「Sybil」
  9. コーディング不要でIoT開発——Arduino「Oplà IoT Kit」向けテンプレートを公開
  10. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る