新しいものづくりがわかるメディア

RSS


未来のふつうを発明するコンテストGugen、お台場でハッカソン開催

2013年にスタートしたハードウェアコンテスト“Gugen”を主催するピーバンドットコムは2014年4月13日、東京・お台場の「MONO」で今年度最初のハッカソンイベントを開催した。

今回は「未来の会議」に役立つ新しいハードウェアをテーマに、企画からプロトタイプ制作までチームに分かれて取り組んだ。
最初に参加者が一人ずつアイデアを発表した後、人気投票でどのアイデアを制作するかを選んだ。

次にグループに別れてアイデアを具体化させたうえで、会場に用意されたレーザーカッターや3Dプリンタ、Arduino、Raspberry Piといったデバイスを使って開発し、最後にグループごとに企画とプロトタイプを発表した。

エンジニアの参加者からは「一般的なハッカソンイベントではエンジニアしか参加していないことが多いが、ハードウェアエンジニアだけでなくデザイナー、プランナーなど、さまざまなバックグラウンドを持つ人がいて刺激になる」といった感想が聞かれた。またデザイナーの参加者は「限られた時間と、初対面の人という制約の中で、集中してものづくりをすることが楽しい。イベントをきっかけに人脈も広がることもメリット」と話し、イベント参加者の満足度は高かったようだ。 

Gugen2014では今回のハッカソンイベントを皮切りに12月の表彰式まで、さまざまなイベントを開催する予定で、5月には大阪、6月には福岡で同様のイベントを開催する。

イベントを主催するピーバンドットコムの崔熙元氏は「今回のハッカソンをきっかけに知り合った仲間と、プロトタイプを進化させて、今後のイベントやコンテストに参加して欲しい」と話した。
(写真提供:Gugen)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 1ポンド硬貨より小さいArduino互換の超小型マイコン「Piksey Atto」
  2. アクアリウムの管理を自動化しよう——水質自動管理システム「Leviathan」
  3. それ、ラズパイでつくれるよ——メッセだけならラズパイでいい
  4. ラヤマパック、手動真空成形機「V.former Lab」の販売を開始
  5. スタートアップは日本で量産できない——深センのジェネシスがスタートアップの駆け込み寺EMSになった理由
  6. コンパクトながら30Wのレーザーを搭載——レーザー加工機「beamo」がKibidangoに登場
  7. 70万円台で手に入るEV——3Dプリント製超小型電気自動車「YoYo」
  8. 考えるだけで自在にコントロールできるAI搭載義手、2020年中に販売開始を予定
  9. マクニカ、「SENSPIDER」用の開発キット「SENSPIDER Developers Package」をリリース
  10. 過酷な環境でも安定する音声コミュニケーションデバイスを目指して——「BONX mini」開発の苦悩

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る