新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ハードウェアアイデアを具現化する「GUGEN2014」サイトオープン

ピーバンドットコムは、クリエイターのアイデアを具現化するオリジナルハードウェアコンテスト「GUGEN2014」のWebサイトをオープンした。同時に、コンテストに向けて課題解決のアイデアを考える場を提供して、アイデアのブラッシュアップやプロトタイプ作りを応援する取り組みを開始した。

GUGEN2014は昨年の「GUGEN2013」に続いて開催するコンテスト。GUGENでは、ただユニークなだけでなく世の中の課題を解決できる実用的なハードウェアを世に送り出すことを目指している。GUGEN2014においては、「人々の実生活で役に立つものを生み出してもらいたい」というコンセプトをさらに進め、ものづくりを行うすべての人たちに課題解決のアイデアを考える場の提供と、アイデアをブラッシュアップしたりプロトタイプ作りを応援したりする取り組みとして、アイデアソンの開催や、応募されたアイデアに対する技術支援、マーケティング支援などを行うという。

この取り組み1つとして、4月13日に東京で“GUGEN2014「コクヨ・ワコム」ハッカソン「未来の会議」”を開催している。今後は、6月7、8日に大阪、6月28、29日に福岡、7月に横浜でアイデアソン&ハッカソンを開催する予定。そこで生まれたアイデアをブラッシュアップする“GUGEN夏の三日間Hirameki(閃光)”を8月に東京で開催する。8月以降は、技術セミナー、製品開発セミナー、顧客開発・マーケティングセミナー、特許関連セミナーなどを無料で開催するという。さらに、Raspberry PiやArduinoなどのオープンハードウェアの勉強会も予定している。

GUGEN2014コンテストの参加者は、各種プログラムを利用しながら、12月の展示会/授賞式を目指してほしいとしている。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Bfull、光造形3Dプリンターの積層痕をなくす「積層レスコート」を開発しフィギュア生産に採用
  2. 自作スマートウォッチも——0.95インチOLED搭載Arduino互換ボード「Pocuter」
  3. 水を飲むだけでピタリと止まる——しゃっくりを簡単に止められるストローを開発
  4. 90×90mmサイズに充実した入出力——Raspberry Pi CM4用キャリアボード「TOFU」
  5. ArduinoやRaspberry Piで動かせる自動走行車モデルの技術解説カンファレンスから、Raspberry Piと各種センサーでIoTシステムの基礎が学べるオンラインイベントまで(9月12日~)
  6. Dr.片山の100均ロボット研究室 高くて買えないけど絶対欲しい廉価版犬型ロボットを作ってみた
  7. 大気から飲料水を作る——電力不要で24時間稼働できる集水装置を開発
  8. 種まきや除草を自動化——マシンラーニング搭載のガーデニングロボット「Sybil」
  9. コーディング不要でIoT開発——Arduino「Oplà IoT Kit」向けテンプレートを公開
  10. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る