新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ハードウェアアイデアを具現化する「GUGEN2014」サイトオープン

ピーバンドットコムは、クリエイターのアイデアを具現化するオリジナルハードウェアコンテスト「GUGEN2014」のWebサイトをオープンした。同時に、コンテストに向けて課題解決のアイデアを考える場を提供して、アイデアのブラッシュアップやプロトタイプ作りを応援する取り組みを開始した。

GUGEN2014は昨年の「GUGEN2013」に続いて開催するコンテスト。GUGENでは、ただユニークなだけでなく世の中の課題を解決できる実用的なハードウェアを世に送り出すことを目指している。GUGEN2014においては、「人々の実生活で役に立つものを生み出してもらいたい」というコンセプトをさらに進め、ものづくりを行うすべての人たちに課題解決のアイデアを考える場の提供と、アイデアをブラッシュアップしたりプロトタイプ作りを応援したりする取り組みとして、アイデアソンの開催や、応募されたアイデアに対する技術支援、マーケティング支援などを行うという。

この取り組み1つとして、4月13日に東京で“GUGEN2014「コクヨ・ワコム」ハッカソン「未来の会議」”を開催している。今後は、6月7、8日に大阪、6月28、29日に福岡、7月に横浜でアイデアソン&ハッカソンを開催する予定。そこで生まれたアイデアをブラッシュアップする“GUGEN夏の三日間Hirameki(閃光)”を8月に東京で開催する。8月以降は、技術セミナー、製品開発セミナー、顧客開発・マーケティングセミナー、特許関連セミナーなどを無料で開催するという。さらに、Raspberry PiやArduinoなどのオープンハードウェアの勉強会も予定している。

GUGEN2014コンテストの参加者は、各種プログラムを利用しながら、12月の展示会/授賞式を目指してほしいとしている。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ナショナル創業50周年記念で販売店に配布されたノベルティ「NATIONAL TAPE-RECORDER RQ-210」
  2. イグアス、3Dプリンターを使ってマスクを開発——STLを無償公開
  3. バニーが語る「なぜハードウェアハッキングが好きか、そしてハードウェアハッカーになるためのガイド」
  4. Raspberry Piでドローンを自動操縦——フライトコントローラーアドオンボード「Cube Carrier board」
  5. 機械学習で3Dプリントの造形精度を50%高める手法を開発——形状誤差データを学習するAI
  6. 宇宙開発エンジニアが自作した回転ダイヤル式携帯電話——製作手順をオープンソースとして公開
  7. 小学生もスマートボールでデータ野球——小学生向けに9軸センサー内蔵軟式野球ボール「テクニカルピッチ軟式J号球」発売
  8. シリアルセンサーを無線化——センサーネットワーク構築に適したLoRaモデム「BR100」
  9. 水のしずくで140V——液滴で発電するマイクロ発電機を開発
  10. ビニールテープで電車を制御——電車遊びでプログラミングを学べる「LoCoMoGo」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る