新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ハードウェアアイデアを具現化する「GUGEN2014」サイトオープン

ピーバンドットコムは、クリエイターのアイデアを具現化するオリジナルハードウェアコンテスト「GUGEN2014」のWebサイトをオープンした。同時に、コンテストに向けて課題解決のアイデアを考える場を提供して、アイデアのブラッシュアップやプロトタイプ作りを応援する取り組みを開始した。

GUGEN2014は昨年の「GUGEN2013」に続いて開催するコンテスト。GUGENでは、ただユニークなだけでなく世の中の課題を解決できる実用的なハードウェアを世に送り出すことを目指している。GUGEN2014においては、「人々の実生活で役に立つものを生み出してもらいたい」というコンセプトをさらに進め、ものづくりを行うすべての人たちに課題解決のアイデアを考える場の提供と、アイデアをブラッシュアップしたりプロトタイプ作りを応援したりする取り組みとして、アイデアソンの開催や、応募されたアイデアに対する技術支援、マーケティング支援などを行うという。

この取り組み1つとして、4月13日に東京で“GUGEN2014「コクヨ・ワコム」ハッカソン「未来の会議」”を開催している。今後は、6月7、8日に大阪、6月28、29日に福岡、7月に横浜でアイデアソン&ハッカソンを開催する予定。そこで生まれたアイデアをブラッシュアップする“GUGEN夏の三日間Hirameki(閃光)”を8月に東京で開催する。8月以降は、技術セミナー、製品開発セミナー、顧客開発・マーケティングセミナー、特許関連セミナーなどを無料で開催するという。さらに、Raspberry PiやArduinoなどのオープンハードウェアの勉強会も予定している。

GUGEN2014コンテストの参加者は、各種プログラムを利用しながら、12月の展示会/授賞式を目指してほしいとしている。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 1ポンド硬貨より小さいArduino互換の超小型マイコン「Piksey Atto」
  2. アクアリウムの管理を自動化しよう——水質自動管理システム「Leviathan」
  3. それ、ラズパイでつくれるよ——メッセだけならラズパイでいい
  4. ラヤマパック、手動真空成形機「V.former Lab」の販売を開始
  5. スタートアップは日本で量産できない——深センのジェネシスがスタートアップの駆け込み寺EMSになった理由
  6. コンパクトながら30Wのレーザーを搭載——レーザー加工機「beamo」がKibidangoに登場
  7. 70万円台で手に入るEV——3Dプリント製超小型電気自動車「YoYo」
  8. 考えるだけで自在にコントロールできるAI搭載義手、2020年中に販売開始を予定
  9. マクニカ、「SENSPIDER」用の開発キット「SENSPIDER Developers Package」をリリース
  10. 過酷な環境でも安定する音声コミュニケーションデバイスを目指して——「BONX mini」開発の苦悩

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る