新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ハードウェアアイデアを具現化する「GUGEN2014」サイトオープン

ピーバンドットコムは、クリエイターのアイデアを具現化するオリジナルハードウェアコンテスト「GUGEN2014」のWebサイトをオープンした。同時に、コンテストに向けて課題解決のアイデアを考える場を提供して、アイデアのブラッシュアップやプロトタイプ作りを応援する取り組みを開始した。

GUGEN2014は昨年の「GUGEN2013」に続いて開催するコンテスト。GUGENでは、ただユニークなだけでなく世の中の課題を解決できる実用的なハードウェアを世に送り出すことを目指している。GUGEN2014においては、「人々の実生活で役に立つものを生み出してもらいたい」というコンセプトをさらに進め、ものづくりを行うすべての人たちに課題解決のアイデアを考える場の提供と、アイデアをブラッシュアップしたりプロトタイプ作りを応援したりする取り組みとして、アイデアソンの開催や、応募されたアイデアに対する技術支援、マーケティング支援などを行うという。

この取り組み1つとして、4月13日に東京で“GUGEN2014「コクヨ・ワコム」ハッカソン「未来の会議」”を開催している。今後は、6月7、8日に大阪、6月28、29日に福岡、7月に横浜でアイデアソン&ハッカソンを開催する予定。そこで生まれたアイデアをブラッシュアップする“GUGEN夏の三日間Hirameki(閃光)”を8月に東京で開催する。8月以降は、技術セミナー、製品開発セミナー、顧客開発・マーケティングセミナー、特許関連セミナーなどを無料で開催するという。さらに、Raspberry PiやArduinoなどのオープンハードウェアの勉強会も予定している。

GUGEN2014コンテストの参加者は、各種プログラムを利用しながら、12月の展示会/授賞式を目指してほしいとしている。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  4. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  5. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  6. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  10. 第11回 抵抗? コンデンサー? IC? ラズパイで扱う電子パーツについて教えて!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る