新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ハードウェアアイデアを具現化する「GUGEN2014」サイトオープン

ピーバンドットコムは、クリエイターのアイデアを具現化するオリジナルハードウェアコンテスト「GUGEN2014」のWebサイトをオープンした。同時に、コンテストに向けて課題解決のアイデアを考える場を提供して、アイデアのブラッシュアップやプロトタイプ作りを応援する取り組みを開始した。

GUGEN2014は昨年の「GUGEN2013」に続いて開催するコンテスト。GUGENでは、ただユニークなだけでなく世の中の課題を解決できる実用的なハードウェアを世に送り出すことを目指している。GUGEN2014においては、「人々の実生活で役に立つものを生み出してもらいたい」というコンセプトをさらに進め、ものづくりを行うすべての人たちに課題解決のアイデアを考える場の提供と、アイデアをブラッシュアップしたりプロトタイプ作りを応援したりする取り組みとして、アイデアソンの開催や、応募されたアイデアに対する技術支援、マーケティング支援などを行うという。

この取り組み1つとして、4月13日に東京で“GUGEN2014「コクヨ・ワコム」ハッカソン「未来の会議」”を開催している。今後は、6月7、8日に大阪、6月28、29日に福岡、7月に横浜でアイデアソン&ハッカソンを開催する予定。そこで生まれたアイデアをブラッシュアップする“GUGEN夏の三日間Hirameki(閃光)”を8月に東京で開催する。8月以降は、技術セミナー、製品開発セミナー、顧客開発・マーケティングセミナー、特許関連セミナーなどを無料で開催するという。さらに、Raspberry PiやArduinoなどのオープンハードウェアの勉強会も予定している。

GUGEN2014コンテストの参加者は、各種プログラムを利用しながら、12月の展示会/授賞式を目指してほしいとしている。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ロボットやドローンの近接センサーに——Arduino/Raspberry Pi対応IRセンサーキット「IR Detector」
  2. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  3. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  4. FFF方式3Dプリンターで透明パーツを造形する方法
  5. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. スタイリッシュに登場した、アポロ宇宙船で活躍したテープコーダーの後継機 「SONY CASSETE-CORDER “Mic in Matic” TC-1000」
  8. Raspberry Pi 3B+より高性能で低価格——Intel Atom x5搭載のワンボードマイコン「ATOMIC Pi」
  9. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  10. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る