新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Roland D.G.が同社初の光造形方式3Dプリンタを今秋発売

デジタル加工機事業を展開するローランド ディー.ジー.(Roland D.G.)は2014年5月13日、3Dデジタルデータを活用したものづくりを提案する3D事業の可能性を広げるため同社初の3Dプリンタ(光造形方式)を開発中で、今秋発売すると発表した。合わせて小型3D切削加工機の新製品も発売する。

Roland D.G.では、新たなものづくりムーブメントとして企業/個人を問わず注目されている3Dものづくり分野に向け、ものづくりに欠かせない加工方法として「削る=切削」「盛る=積層」それぞれのニーズを満たす、切削方式と積層方式の2つの新製品の開発を進めているという。

切削では、Roland D.G.がこれまでも手がけてきた小型3D切削加工機の最新モデル、積層では同社初の3Dプリンタ(光造形方式)であり、今秋に同時発売の予定。同一メーカーが切削と積層の汎用デジタル加工機をそろえる例はあまりなく、ものづくりに新たな価値を創造する同社の大きな強みになるとしている。

これら新製品は、発売前に市場リサーチを目的として、世界各地で開催される展示会に順次参考出品する予定。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. まるで車輪付きの2階建てビル——世界最大の「Hummer H1」がUAEの博物館に収蔵
  3. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  4. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  5. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  6. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  7. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」
  8. Raspberry PiによるPCデータレコーダーのエミュレータ「Raspberry Pi用ピーガーMODEM 【初回版】」発売
  9. 理科の授業に必要な計測/制御などを1台で——USBを挿すだけで使える道具箱「AkaDako STEAM BOX プロトタイプ」
  10. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る