新しいものづくりがわかるメディア

RSS


「未来の防災」アイデア募集、大阪でGUGENハッカソン開催

製品化を前提とした社会で役立つハードウェアのコンテスト「GUGEN」を主催するピーバンドットコムは、6月7、8日に大阪イノベーションハブ(大阪市北区大深町)で、“大阪イノベーションハブ・大阪市×GUGENハッカソン「未来の防災」”(以下、ハッカソン:未来の防災)を開催する。未来の防災に役立つハードウェアの開発に興味のあるエンジニア、デザイナー、アイデアマンを広く募集している。

このハッカソンは4月にお台場で開催したGUGENハッカソン「未来の会議」に続く第2弾だ。自然災害の多い日本においては、そのリスクをいかに減らすかが社会的な課題となっている。ハッカソン:未来の防災では、防災に役立つ新しいハードウェアについて、アイデアを生み出し、プロトタイプを制作するまでを目標としている。ここで生まれた優秀なアイデアは、具現化に向けてGUGENコンテスト実行委員会がプロトタイプ開発を支援する。

ハッカソン:未来の防災の開催日時は、6月7(土)、8日(日)の各9:00~20:00、開催場所は大阪イノベーションハブ、参加費は3500円(7日の昼食、夕食、8日の朝食、昼食、懇親会費用込み。P板.comにユーザー登録すると無料。チームでの参加の場合は1人2000円)。

募集対象は、大阪市民および関西地区の住民で、エンジニア(ハードウェア、ソフトウェア)、デザイナー(製品、Web、紙面)、プランナー(ハードウェアに興味があり、企画、マーケティング、マネジメントに関心がある人)、そのほかハッカソンに興味のある人。定員は50人だ。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 自宅でコーヒー豆が焙煎できる——熱風式焙煎機「ホームロースター」
  2. DIP16ピンでArduino Zero互換——32bit「Atmel SAMD21」搭載の小型開発ボード「uChip」
  3. ファナック製CNCに対応した工作機械向けプロトコルコンバーター「FBR-100AN」
  4. 造形物にUVプリンターでダイレクト印刷——ミマキエンジニアリング、FFF方式3Dプリンター「3DFF-222」発売
  5. 重量わずか10g——鳥のように羽ばたいて飛ぶ小型ドローン「MetaFly」
  6. 造形エリア500×500×500mm——CNCマシンにもなるFFF方式3Dプリンター「Xcustom Maker 3 L 5050」
  7. IoTシステムをDIY感覚で設計できる——6社共同オープンソースプロジェクト「Degu」発足
  8. 独フラウンホーファーIWU、スクリュー押出式高速3Dプリンター「SEAM」を発表
  9. ハイレゾ音源を再生できる——+Style、超小型IoTボード「SPRESENSE」シリーズを発売
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る