新しいものづくりがわかるメディア

RSS


「未来の防災」アイデア募集、大阪でGUGENハッカソン開催

製品化を前提とした社会で役立つハードウェアのコンテスト「GUGEN」を主催するピーバンドットコムは、6月7、8日に大阪イノベーションハブ(大阪市北区大深町)で、“大阪イノベーションハブ・大阪市×GUGENハッカソン「未来の防災」”(以下、ハッカソン:未来の防災)を開催する。未来の防災に役立つハードウェアの開発に興味のあるエンジニア、デザイナー、アイデアマンを広く募集している。

このハッカソンは4月にお台場で開催したGUGENハッカソン「未来の会議」に続く第2弾だ。自然災害の多い日本においては、そのリスクをいかに減らすかが社会的な課題となっている。ハッカソン:未来の防災では、防災に役立つ新しいハードウェアについて、アイデアを生み出し、プロトタイプを制作するまでを目標としている。ここで生まれた優秀なアイデアは、具現化に向けてGUGENコンテスト実行委員会がプロトタイプ開発を支援する。

ハッカソン:未来の防災の開催日時は、6月7(土)、8日(日)の各9:00~20:00、開催場所は大阪イノベーションハブ、参加費は3500円(7日の昼食、夕食、8日の朝食、昼食、懇親会費用込み。P板.comにユーザー登録すると無料。チームでの参加の場合は1人2000円)。

募集対象は、大阪市民および関西地区の住民で、エンジニア(ハードウェア、ソフトウェア)、デザイナー(製品、Web、紙面)、プランナー(ハードウェアに興味があり、企画、マーケティング、マネジメントに関心がある人)、そのほかハッカソンに興味のある人。定員は50人だ。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 1ポンド硬貨より小さいArduino互換の超小型マイコン「Piksey Atto」
  2. アクアリウムの管理を自動化しよう——水質自動管理システム「Leviathan」
  3. それ、ラズパイでつくれるよ——メッセだけならラズパイでいい
  4. ラヤマパック、手動真空成形機「V.former Lab」の販売を開始
  5. スタートアップは日本で量産できない——深センのジェネシスがスタートアップの駆け込み寺EMSになった理由
  6. コンパクトながら30Wのレーザーを搭載——レーザー加工機「beamo」がKibidangoに登場
  7. 70万円台で手に入るEV——3Dプリント製超小型電気自動車「YoYo」
  8. 考えるだけで自在にコントロールできるAI搭載義手、2020年中に販売開始を予定
  9. マクニカ、「SENSPIDER」用の開発キット「SENSPIDER Developers Package」をリリース
  10. 過酷な環境でも安定する音声コミュニケーションデバイスを目指して——「BONX mini」開発の苦悩

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る