新しいものづくりがわかるメディア

RSS


GUGENハッカソン、福岡でも「未来の食卓」テーマに開催

製品化を前提とした社会で役立つハードウェアのコンテスト「GUGEN」を主催するピーバンドットコムは、6月28、29日に福岡で “福岡市ハードウェアハッカソン「未来の食卓」”(以下、ハッカソン:未来の食卓)を開催する。食べ物をさらにおいしくしたり、簡単に調理できるようにしたりするデバイスや、食生活改善や食育のためのプロダクトを考え、プロトタイプの作成を目指す。

ハッカソン:未来の食卓は、リクルート主催の開発コンテスト「Mashup Awardsアイデアソン」との連動イベントで、アイデアソンと同じテーマで連携する。そのため、25日(水)に開催されるMashup Awardsアイデアソンへの参加も推奨している(イベント自体は個別に開催するもので、両イベントへの参加が必須ではない)。 

ハッカソン:未来の食卓の開催日時は、6月28(土)、29日(日)の各9:00~20:00、開催場所は博多駅前のリファレンス駅東ビル貸会議室Y-1(福岡県福岡市博多区東1-16-14)、参加費は4500円(懇親会を含む5食込み。前払いは2500円)。P板.comにユーザー登録すると無料。チームでの参加の場合は1人2000円)。

募集対象は、福岡市民および九州地区の住民で、エンジニア(ハードウェア、ソフトウェア)、デザイナー(製品、Web、紙面)、プランナー(ハードウェアに興味があり、企画、マーケティング、マネジメントに関心がある人)、そのほかハッカソンに興味のある人。定員は50人だ。

入賞作品には旭化成ホームズのインテリアハードウェア「VEGEUNI」、P板.comサービス利用権、8月に開催する「HardwareアイデアコンテストHirameki(閃光)」参加時の交通費と宿泊費支給などの特典が与えられる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 1ポンド硬貨より小さいArduino互換の超小型マイコン「Piksey Atto」
  2. アクアリウムの管理を自動化しよう——水質自動管理システム「Leviathan」
  3. それ、ラズパイでつくれるよ——メッセだけならラズパイでいい
  4. ラヤマパック、手動真空成形機「V.former Lab」の販売を開始
  5. スタートアップは日本で量産できない——深センのジェネシスがスタートアップの駆け込み寺EMSになった理由
  6. コンパクトながら30Wのレーザーを搭載——レーザー加工機「beamo」がKibidangoに登場
  7. 70万円台で手に入るEV——3Dプリント製超小型電気自動車「YoYo」
  8. 考えるだけで自在にコントロールできるAI搭載義手、2020年中に販売開始を予定
  9. マクニカ、「SENSPIDER」用の開発キット「SENSPIDER Developers Package」をリリース
  10. 過酷な環境でも安定する音声コミュニケーションデバイスを目指して——「BONX mini」開発の苦悩

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る