新しいものづくりがわかるメディア

RSS


GUGENハッカソン、福岡でも「未来の食卓」テーマに開催

製品化を前提とした社会で役立つハードウェアのコンテスト「GUGEN」を主催するピーバンドットコムは、6月28、29日に福岡で “福岡市ハードウェアハッカソン「未来の食卓」”(以下、ハッカソン:未来の食卓)を開催する。食べ物をさらにおいしくしたり、簡単に調理できるようにしたりするデバイスや、食生活改善や食育のためのプロダクトを考え、プロトタイプの作成を目指す。

ハッカソン:未来の食卓は、リクルート主催の開発コンテスト「Mashup Awardsアイデアソン」との連動イベントで、アイデアソンと同じテーマで連携する。そのため、25日(水)に開催されるMashup Awardsアイデアソンへの参加も推奨している(イベント自体は個別に開催するもので、両イベントへの参加が必須ではない)。 

ハッカソン:未来の食卓の開催日時は、6月28(土)、29日(日)の各9:00~20:00、開催場所は博多駅前のリファレンス駅東ビル貸会議室Y-1(福岡県福岡市博多区東1-16-14)、参加費は4500円(懇親会を含む5食込み。前払いは2500円)。P板.comにユーザー登録すると無料。チームでの参加の場合は1人2000円)。

募集対象は、福岡市民および九州地区の住民で、エンジニア(ハードウェア、ソフトウェア)、デザイナー(製品、Web、紙面)、プランナー(ハードウェアに興味があり、企画、マーケティング、マネジメントに関心がある人)、そのほかハッカソンに興味のある人。定員は50人だ。

入賞作品には旭化成ホームズのインテリアハードウェア「VEGEUNI」、P板.comサービス利用権、8月に開催する「HardwareアイデアコンテストHirameki(閃光)」参加時の交通費と宿泊費支給などの特典が与えられる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 17カ国で40万台出荷——逆輸入型スタートアップDmet Productsの「SoundMoovz」が国内販売を開始
  2. LED全盛の今、梨衣名が東京の下町で白熱電球を作ってみた
  3. ドライバー1本でトイレに取り付け可能——電池/配線レスのIoTスライドラッチ「SWITCHSTRIKE AIR」
  4. Arduino互換でカスタマイズできる——36キー静電容量式キーパッド「TouchPad」
  5. PCBマスクが手軽にできる——回路パターン転写用プリンター「Litho」
  6. USBにつなぐだけで、映画館の感動を完全再現——東北産ポータブルスピーカー「OVO」
  7. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  8. 小学生が3Dプリンターでものづくり——「子供の科学」3月号は3Dプリンター特集
  9. 日本の加工技術の高さが映えるクールなチタン製毛抜き「Tweezers of Legend」
  10. ロボットへの好奇心を刺激する——ロボットプログラミングが学べる3輪ロボットキット「Robby」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る