新しいものづくりがわかるメディア

RSS


GUGENハッカソン横浜開催、テーマは「未来の宇宙」

製品化を前提とした社会で役立つハードウェアのコンテスト「GUGEN」を主催するピーバンドットコムは、7月12、13日に横浜で“【GUGEN×横浜市】ハッカソン「未来の宇宙」”(以下、ハッカソン:未来の宇宙)を開催する。GUGEN2014コンテストに向け、ピーバンドットコムが各地で開催しているハッカソンで、東京、大阪、福岡に続く4都市目となる。

技術革新によってもたらされた宇宙開発の民営化によって、宇宙空間は遠い存在ではなくなりつつある。ハッカソン:未来の宇宙では、宇宙民営化の第一線で活躍されている方をメンター兼審査員として、これからも人類の生活に大きく寄与し、革新を生んでいく宇宙について考えるとしている。

ハッカソン:未来の宇宙の開催日時は、7月12(土)、13日(日)の各9:00~20:00、開催場所は富士ソフト本社3F(神奈川県横浜市中区桜木町1-1)、参加費は4000円(懇親会を含む5食込み。7月10日9時までに支払うと2500円)、P板.comにユーザーは無料。チームでの参加の場合は1人2000円。

メンター兼審査員は、東京理科大学理工学部電気電子情報工学科教授木村真一氏、アクセルスペース代表取締役中村友哉氏、ispace代表取締役袴田武史氏、鳥人間代表取締役久川真吾氏、同久川まり子氏。

募集対象は、エンジニア(ハードウェア、ソフトウェア、機械)、デザイナー(プロダクト、Web、紙面)、プランナー(ハードウェアに興味があり、企画、マーケティング、マネジメントに関心がある人)、そのほかハッカソン:未来の宇宙に興味のある人。定員は40人。

入賞作品にはP板.comサービス利用券(3万円)、8月に開催する「HardwareアイデアコンテストHirameki(閃光)」参加時の交通費と宿泊費支給などの特典が与えられる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ニンジャボット、入門用超小型3Dプリンター「ニンジャボット・コペン」発売
  2. 最大造形サイズ300×300×400mmで6万円から——ボンサイラボ、大型FFF方式3Dプリンター「CR-10Sシリーズ」発売
  3. Raspberry Piでアナログ8ch入力できる——Raspberry Pi用アナログ入力ボード「RPi-GP40シリーズ」
  4. ネックを折り曲げて持ち運びできる——折り畳み式ウクレレ「Astro」
  5. 独ケムニッツ工科大、3Dプリンターによる電動モーター製作に成功
  6. 3Dプリントで自分の背中にぴったりフィット——3Dシェルを使ったリュック「SEAL ERGONOMIC」
  7. 3Dプリンターに最適化した金属粉末を開発ーー高い強度と延性、耐食性の合金を造形可能 日立金属
  8. 第8回 慶應SFC研究所 高大連携教育WG、奈良県立高で「つくりかたの未来講座」を開催——STEM手法で生徒の創造性を引き出すワークショップ
  9. 押しボタンの奥深い世界——押下の正確性を向上するシミュレーションを開発
  10. 小さな活版印刷機の版を自作するためのテンプレートを作ったので使ってほしい

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る