新しいものづくりがわかるメディア

RSS


課題解決型ハードウェアハッカソン「Hirameki」8月8~10日開催

ピーバンドットコムは、東京、大阪、福岡、横浜で開催してきたGUGENハッカソンの決定版イベント「Hirameki」を8月8~10日の3日間、東京で開催する。

「GUGEN」は、ピーバンドットコムが、クリエイターのアイデアを具現化・製品化することを前提としたハードウェアのコンテスト。今年の「GUGEN 2014」では、4カ所の自治体と連携して具体的なテーマを設けてハッカソンを実施している。

上記ハッカソンでは、100人以上のエンジニア、デザイナー、プランナーなどが参加して各テーマの課題を解決するハードウェアの種が生まれたという。

Hiramekiは、これらハッカソンの決定版イベントとして、GUGEN本体のテーマである「未来のふつう」となりうるハードウェアの種を生み出すため、具体的なテーマを設けず、世の中の課題すべてを対象として、それを解決するハードウェアのプロトタイプを製作するところまでが目標としている。

Hiramekiの参加者として募集するのは、新しいハードウェアの開発に興味のあるエンジニア、デザインを革新したいデザイナー、夢のアイデアに溢れるアイデアマン。また、未解決のさまざまな課題を解決できる新しいハードウェアの開発に関わりたいという意思があれば、誰でも参加できる。

大賞(1チーム)には賞金30万円および副賞と試作開発資金の70%以上、優秀賞(2チーム)には賞金10万円および副賞と試作開発資金の50%以上を支援するという。今後、8月~11月にかけては各種無料セミナーや勉強会を開催の予定で、12月に開催するGUGEN 2014コンテスト展示会/授賞式を目指してもらうとしている。

Hiramekiの開催日時は、8月8(金)~10日(日)、開催場所は東京都内で調整中、参加費は3000円(1日目夕食から、懇親会を含む7食込み)。

審査員はtakram design engineering代表の田川欣哉氏、ITジャーナリストでコンサルタントの林信行氏、ヴイストン代表取締役の大和信夫氏ら。

募集対象は、エンジニア(ハードウェア、ソフトウェア)、デザイナー(プロダクト、Web、紙面)、プランナー(ハードウェアに興味があり、企画、マーケティング、マネジメントに関心がある人)。定員は60人。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Intel、自社のIoT戦略を支えてきた開発ボード「Galileo」、「Edison」、「Joule」の生産中止を発表
  2. 「志村!うしろ!」の後ろにいたデザイナー 山田満郎の「全員集合」舞台デザイン
  3. 造形サイズ1立方メートル超——大型FFF方式3Dプリンター「BigRep ONE」国内販売開始
  4. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた
  5. HP初の産業用3Dプリンター「Jet Fusion 3D」シリーズ、国内8月発売
  6. 新技術と伝統工芸でハイテクおみやげを作る——メ~テレのハッカソンイベント「メイキン クエスト」6月22日オンエア
  7. 1000円以内で21世紀のてるてる坊主を作ってみよう!
  8. ソケットに差し込むだけでセキュリティシステムができる——Wi-Fi対応カメラ内蔵LEDライト「Tovnet」
  9. ノバルス、乾電池型IoT機器「MaBeee」用アプリ「MaBeee Racing」と「MaBeee Train」をリリース
  10. スリーエム ジャパン、「3M 3Dプリンタープラットフォームシート 3099AB」に面積2.3倍の大判サイズと10枚入りタイプを追加

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る