新しいものづくりがわかるメディア

RSS


USBポート+2、消費電力-30%の「Raspberry Pi Model B+」発売

アールエスコンポーネンツは2014年7月16日、英国のRaspberry Pi財団がプログラミング教育向けに開発した小型コンピュータ「Raspberry Pi Model B」に、ユーザーの声を反映して仕様を変更した新モデル「Raspberry Pi Model B+」の国内販売を開始した。価格は前モデルと同じ3940円(税抜)。

Raspberry Piには、搭載メモリ量やLANポートの有無などいくつかの仕様が異なる、Model A(メモリ256Mバイト、LANポートなし)とModel B(メモリ512Mバイト、LANポートあり)の2種類のモデルがある。7月14日にRaspberry Pi財団が発表したModel B+は、最初に発売されたRaspberry PiであるModel Bの新モデルだ。

Linuxベースで動作し、十分な能力を備えたRaspberry Pi Model Bだが、USB2.0ポートが2つしかなく、キーボードとマウスを繋ぐだけでいっぱいになるため、Wi-FiやBluetooth、外部ストレージなどを接続するには、USBハブが必要だった。また、Raspberry PiのUSBポートに比較的大きな電力が必要なデバイスなどは(別に電源を用意しなければ)事実上利用できないなどの問題があった。

Model B+では、プロセッサチップなどはModel Bから変更していないが、ユーザーの声を反映して、USB2.0ポートを4つに増やし(Model Bは2つ、以下同)、GPIOを40ピン(26ピン)に増やした。また、コンポジットビデオ出力はオーディオ端子に統合、ストレージメモリスロットはSDからMicroSDに変更した。さらに、DSPを修正して音声品質を向上したほか、搭載電源をリニア電源からスイッチング電源に変更することで、消費電力を20~30%減らしている。 

出典:アールエスコンポーネンツ 出典:アールエスコンポーネンツ

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ビットを本体に格納できる——ペン型マルチ工具「ツールペン mininch」
  2. しくみデザイン 中村俊介——世界が追いつくまでに15年を要した未来の楽器「KAGURA」
  3. わずか159ドルのエントリーモデル——デルタ型3Dプリンター「Monoprice Mini Delta」
  4. 落合陽一が考える日本的美的感覚と身体性による新たな非言語的表現——ジャパニーズテクニウム(永田町)
  5. 即座に型取りして真空成型できる——慶應義塾大学、インタラクティブバキュームフォームシステム「ProtoMold(プロトモールド)」を開発
  6. ソーテック社、プログラム言語Pythonの学習書「詳細! Python 3 入門ノート」を発刊
  7. ソフトロボットへの応用も——印刷技術による薄く柔軟なモーターを開発
  8. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  9. 3GだけでなくLoRaWANにも対応、位置情報がリアルタイムに分かるGPSトラッカー——ジーアイサプライ
  10. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る