新しいものづくりがわかるメディア

RSS


8万9800円のデュアルヘッド機「da Vinci 2.0 Duo」Amazon限定発売

XYZプリンティングジャパンは、2つの押出器を搭載して2色出力が可能なFDM方式3Dプリンタ「da Vinci(ダヴィンチ) 2.0 Duo」をAmazon.co.jpにおいて数量限定で発売した。価格は8万9800円(税込)。

ダヴィンチ 2.0 Duoは、同社の親会社である台湾のXYZ Printingが各地の3Dプリンタ関連イベントで紹介していた製品で、台湾で予約受付を始めていた。6万9800円という価格で注目を集めた初代機種「ダヴィンチ 1.0」に続き、今回もデュアルヘッド機としては国内最安クラスの8万9800円という価格にはインパクトがある。現時点ではAmazon.co.jpのみでの販売だが、8月上旬には、XYZプリンティングジャパンのWebサイトを通じて購入できるようになる。

主な仕様は、外形サイズ468×510×558mm、最大造形サイズ150×200×200mm、最小積層ピッチ100μm、最大印刷速度は毎秒120mmで、対応OSはWindows 7以上、MacOS X 10.8以上。使用できるフィラメントはABS(直径1.75mm)。押出器が2つになっただけでなく、ダヴィンチ 1.0ユーザーからの声に応えて、プラットフォーム調整ねじの位置が変更され、水平調整作業をよりやりやすくなるよう改良した。

また、ダヴィンチシリーズ向けのABSフィラメントに、新色の「オフホワイト」を追加して、8月中旬に販売を開始する予定だ。価格は3280円(税込)。このオフホワイトは、ダヴィンチ 2.0 Duoでほかの色と組み合わせて出力した場合にバランスが良く、塗装した場合の発色も良いとしている。オフホワイトを加えて、フィラメントのカラーバリエーションは13色となる。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 毎秒4万回でさくさくカット——ポータブル超音波カッター「WONDERCUTTER」
  2. サンワサプライ、Windows10 IoT Coreに特化した「Raspberry Piセンサーキット」を発売
  3. リアルな世界で本人視点シューティングゲームを——FPS対戦型ロボット玩具「GEIO」
  4. 15万円で高精度精密加工が可能——デスクトップ型CNCフライス「Routakit M」
  5. 自分でゲームを作ろう——Raspberry Piを使ったゲームコンソール「Pip」
  6. 米Techshop、11月15日に倒産——海外拠点には影響なし
  7. 小型なのに高精細——デスクトップにおけるSLA方式小型3Dプリンター「PLUTO」
  8. アルテック、米Desktop Metalの金属3Dプリンター「Studioシステム」の国内販売開始
  9. その数なんと6000種類! 懐かし&希少な「アクリル」に、Maker時代の価値を見た
  10. ディスプレイ用ワイヤレス給電システム「X-BASE」シリーズ、ハピネットから一般販売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る