新しいものづくりがわかるメディア

RSS


全55号で組み立てる「週刊 マイ3Dプリンター」が創刊

デアゴスティーニ・ジャパンは2014年9月16日、毎号の付録のパーツを集めて組み立てると、デスクトップサイズのFFF(熱溶融積層)方式3Dプリンタ「idbox!」が完成する雑誌「週刊 マイ3Dプリンター」を発売した。

idbox!は国産3Dプリンタ「BS01」シリーズで知られるボンサイラボが監修した。idbox!の仕様は、本体サイズが250(幅)×250(奥行)×270(高さ)mm、重さは5.04kg、最大造形サイズ150×130×100mm、最小積層ピッチ100μm、造形速度は毎秒100mm。フィラメントは直径1.70mmのPLAまたはABS素材のものが使用できる。小型サイズながら個人向けFFF方式3Dプリンタとして十分な性能を備えている。ソフトウェアは、「Repetier Host(idbox!カスタマイズ版)」で、Windows 7以上またはMac OSXに対応する。

各号の内容は、idbox!組み立てガイド、3Dプリンタの活用事例や技術紹介、3Dプリンタやモデリングの基礎知識、3Dデータの作り方紹介など。第1号は999円(税込、以下同)で2号以降は1998円、全55号からなり、すべて購入すると合計金額は10万8891円だ。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 知識や経験なしでも出来たてビール造りを楽しめるスマート醸造機「INTHEKEG」 #CES2020
  2. ツーリングをより安全・快適に——バイク用スマートヘルメット「TALI」#CES2020
  3. オーム社、「APIではじめるディープラーニング・アプリケーション開発 Google Cloud API活用入門」発刊
  4. はんだ付けをアートに——「はんだ付けアートコンテスト2019」の入賞作品を発表
  5. バッテリー不要のコンピューター入力デバイスを開発——親指で人差し指側面をタップするだけ
  6. ビット・トレード・ワン、「奇天烈電子工作シリーズ」4種を発売
  7. DJ用の機材にまで進化し続けたポータブルレコードプレーヤー「COLUMBIA PORTABLE RECORD PLAYER GP-3B」
  8. 日本3Dプリンター、多様化するニーズに応じフィラメントを拡充するプログラムを開始
  9. 赤外線カメラから身を隠す——通常の熱放射現象を覆すコーティング材料を開発
  10. 店舗内の顧客数を自動集計できる1万円以下のAIカメラ「ManaCam」#CES2020

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る