新しいものづくりがわかるメディア

RSS


全55号で組み立てる「週刊 マイ3Dプリンター」が創刊

デアゴスティーニ・ジャパンは2014年9月16日、毎号の付録のパーツを集めて組み立てると、デスクトップサイズのFFF(熱溶融積層)方式3Dプリンタ「idbox!」が完成する雑誌「週刊 マイ3Dプリンター」を発売した。

idbox!は国産3Dプリンタ「BS01」シリーズで知られるボンサイラボが監修した。idbox!の仕様は、本体サイズが250(幅)×250(奥行)×270(高さ)mm、重さは5.04kg、最大造形サイズ150×130×100mm、最小積層ピッチ100μm、造形速度は毎秒100mm。フィラメントは直径1.70mmのPLAまたはABS素材のものが使用できる。小型サイズながら個人向けFFF方式3Dプリンタとして十分な性能を備えている。ソフトウェアは、「Repetier Host(idbox!カスタマイズ版)」で、Windows 7以上またはMac OSXに対応する。

各号の内容は、idbox!組み立てガイド、3Dプリンタの活用事例や技術紹介、3Dプリンタやモデリングの基礎知識、3Dデータの作り方紹介など。第1号は999円(税込、以下同)で2号以降は1998円、全55号からなり、すべて購入すると合計金額は10万8891円だ。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. スマートウォッチを生化学ヘルスモニターシステムへと変える粘着フィルムを開発
  2. 従来よりも靭性を2倍に高めた固体電解質を開発——次世代型固体電池の実現へ
  3. ご先祖様を3Dプリント精霊馬に乗せて、首都高を爆走させたい!
  4. 3D CADやIoTなど、ものづくりに必要な知識や技術を学べるオンライン学習システム「MID PLC オンライン」
  5. クラウドファンディングで約8000万円を集めたインスタコードからMakerが学ぶべき点とは
  6. Android 10(Go edition)搭載のIoTエッジデバイス「Acty-G3」発売へ、eSIM/NFC対応のカスタムモデルも提供
  7. 不織布使用量が従来品の1/10——3Dプリンター製の再使用可能マスク「θ(シータ)」
  8. パソコンの仕組みが学べる——TSUKUMO、組み立てて作るWindowsタブレット「Kano PC」の取り扱いを開始
  9. 最先端新技術で寿司を握る——OPEN MEALSの「超未来すし屋」、2020年東京にオープン
  10. micro:bitで動くロボットカー——STEM教育向けロボット「TPBot」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る