新しいものづくりがわかるメディア

RSS


全55号で組み立てる「週刊 マイ3Dプリンター」が創刊

デアゴスティーニ・ジャパンは2014年9月16日、毎号の付録のパーツを集めて組み立てると、デスクトップサイズのFFF(熱溶融積層)方式3Dプリンタ「idbox!」が完成する雑誌「週刊 マイ3Dプリンター」を発売した。

idbox!は国産3Dプリンタ「BS01」シリーズで知られるボンサイラボが監修した。idbox!の仕様は、本体サイズが250(幅)×250(奥行)×270(高さ)mm、重さは5.04kg、最大造形サイズ150×130×100mm、最小積層ピッチ100μm、造形速度は毎秒100mm。フィラメントは直径1.70mmのPLAまたはABS素材のものが使用できる。小型サイズながら個人向けFFF方式3Dプリンタとして十分な性能を備えている。ソフトウェアは、「Repetier Host(idbox!カスタマイズ版)」で、Windows 7以上またはMac OSXに対応する。

各号の内容は、idbox!組み立てガイド、3Dプリンタの活用事例や技術紹介、3Dプリンタやモデリングの基礎知識、3Dデータの作り方紹介など。第1号は999円(税込、以下同)で2号以降は1998円、全55号からなり、すべて購入すると合計金額は10万8891円だ。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  5. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  6. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  7. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  10. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る