新しいものづくりがわかるメディア

RSS


全55号で組み立てる「週刊 マイ3Dプリンター」が創刊

デアゴスティーニ・ジャパンは2014年9月16日、毎号の付録のパーツを集めて組み立てると、デスクトップサイズのFFF(熱溶融積層)方式3Dプリンタ「idbox!」が完成する雑誌「週刊 マイ3Dプリンター」を発売した。

idbox!は国産3Dプリンタ「BS01」シリーズで知られるボンサイラボが監修した。idbox!の仕様は、本体サイズが250(幅)×250(奥行)×270(高さ)mm、重さは5.04kg、最大造形サイズ150×130×100mm、最小積層ピッチ100μm、造形速度は毎秒100mm。フィラメントは直径1.70mmのPLAまたはABS素材のものが使用できる。小型サイズながら個人向けFFF方式3Dプリンタとして十分な性能を備えている。ソフトウェアは、「Repetier Host(idbox!カスタマイズ版)」で、Windows 7以上またはMac OSXに対応する。

各号の内容は、idbox!組み立てガイド、3Dプリンタの活用事例や技術紹介、3Dプリンタやモデリングの基礎知識、3Dデータの作り方紹介など。第1号は999円(税込、以下同)で2号以降は1998円、全55号からなり、すべて購入すると合計金額は10万8891円だ。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 1分間2400回転する卓球用ラケットで、素人が勝てるか検証する
  2. 電子部品の制御を豊富な実例で解説——ソーテック社、「電子部品ごとの制御が学べる!Raspberry Pi 電子工作 実践講座 改訂第2版」発刊へ
  3. 光発電、Bluetooth対応——シチズンのスマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」がGREEN FUNDINGにてクラウドファンディング開始
  4. 200ドル台で高精細造形——LCD方式3Dプリンター「Orange 30」
  5. 今年のハロウィーンで大活躍?——Arduino互換サウンドジョークガジェット「THE TROLL」
  6. 160年前からの数学界の難問「リーマン予想」の証明に至るアプローチ
  7. 東大、部屋のどこでもワイヤレス充電が可能になる技術を開発
  8. グラスも箱も日本製——1000回落としても割れない、ゆらぎデザインタンブラー「Plakira」
  9. タグを並べてプログラミング——ロボットコーディングボードゲーム「Mojobot」
  10. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る