新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dプリントで、関節炎患者の日常生活を助ける小物を作るプロジェクト

リウマチ性関節炎で痛みのためペットボトルのふたやドアのカギを回すことが難しい人のために、イタリアの+LABというグループが、3Dプリントできるボトルオープナーなどの生活補助ツールをThingiverseで公開している。

このプロジェクトは、3Dプリントを使った社会デザインプロジェクト「+TUO」の一環として立ち上げられた。+TUOはリウマチ性疾患を持つ人の生活をより快適にする目的で活動しており、プロジェクトチームはリウマチ患者協会や作業療法士、心理学者などの専門家の協力により発足した。

ペットボトルオープナーは、リウマチ性患者の制限された手の機能でも使えるよう、軽い力であまり手首を動かさずに開けられるよう設計している。この巧みなデザインで、このボトルオープナーは2013年にローマで開催されたメイカーズフェアで3Dプリント最優秀賞を受賞した。 

このペットボトルオープナーはほとんどの3Dプリンタで作製可能で、素材もPLAに限らず、任意の素材を使用できる。デザインはよりスムーズに開閉ができるようニーズに合わせて2種類あり、グリップ部分が1つのものと、グリップ部分が2つのブーメラン型のデザインのものがある。

+TUOではボトルオープナー以外に、食事の際にスプーンを楽に持てるようにするグリップや、ファスナーを楽に開け閉めできるつまみなども作成している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 現役理学療法士が開発——リハビリ向け筋力測定デバイス「Power gauge」
  2. 世界最大の航空機「Stratolaunch」が初飛行に成功
  3. 3サイズで各種素材に対応——レーザー刻印機やCNC彫刻機にもなる3Dプリンター「Snapmaker 2.0」
  4. 3D CADと3Dプリンターでルアーを作るワークショップから、ゲルを使って暮らしを裕にするひみつ道具を作るハッカソンまで(5月24日~)
  5. Raspberry PiでAlexaのスキルを開発——スペクトラム・テクノロジー「はじめてのAlexa開発キット」発売
  6. エアフィルターとカメラ、照明が追加できる——3Dプリンター「Creality CR-10/10S」用ケース「PrintBox」
  7. Azure IoT Plug and Playに対応——STマイクロ、IoTセンサーモジュール「SensorTile.box」を発表
  8. あらゆる機器をIoT化——JIG-SAW、IoT組み込みエンジン「neqtoエンジン」の提供開始
  9. ハードウェア×ネコ愛のスタートアップ、ハチたま・ネコトイレ「トレッタ」の戦略
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る