新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dプリントで、関節炎患者の日常生活を助ける小物を作るプロジェクト

リウマチ性関節炎で痛みのためペットボトルのふたやドアのカギを回すことが難しい人のために、イタリアの+LABというグループが、3Dプリントできるボトルオープナーなどの生活補助ツールをThingiverseで公開している。

このプロジェクトは、3Dプリントを使った社会デザインプロジェクト「+TUO」の一環として立ち上げられた。+TUOはリウマチ性疾患を持つ人の生活をより快適にする目的で活動しており、プロジェクトチームはリウマチ患者協会や作業療法士、心理学者などの専門家の協力により発足した。

ペットボトルオープナーは、リウマチ性患者の制限された手の機能でも使えるよう、軽い力であまり手首を動かさずに開けられるよう設計している。この巧みなデザインで、このボトルオープナーは2013年にローマで開催されたメイカーズフェアで3Dプリント最優秀賞を受賞した。 

このペットボトルオープナーはほとんどの3Dプリンタで作製可能で、素材もPLAに限らず、任意の素材を使用できる。デザインはよりスムーズに開閉ができるようニーズに合わせて2種類あり、グリップ部分が1つのものと、グリップ部分が2つのブーメラン型のデザインのものがある。

+TUOではボトルオープナー以外に、食事の際にスプーンを楽に持てるようにするグリップや、ファスナーを楽に開け閉めできるつまみなども作成している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi Zeroでスマートホーム——コーディング不要のIoTプラットフォーム「Strawberry4Pi」
  2. 自宅でコーヒー豆が焙煎できる——熱風式焙煎機「ホームロースター」
  3. 3連メーターが男心をくすぐった東芝が送り出したモノラルラジカセ「TOSHIBA RADIO CASSETTE RECORDER RT-570F ACTAS-570」
  4. 20ジャンル以上のハンドメイド体験が楽しめる——ものづくり体験施設「MONOTORY」が横浜駅東口にオープン
  5. DIP16ピンでArduino Zero互換——32bit「Atmel SAMD21」搭載の小型開発ボード「uChip」
  6. ファナック製CNCに対応した工作機械向けプロトコルコンバーター「FBR-100AN」
  7. 機械学習で3Dプリントの精度を飛躍的に向上させる技術
  8. IoTシステムをDIY感覚で設計できる——6社共同オープンソースプロジェクト「Degu」発足
  9. ソニーの「SPRESENSE」に無線LANを追加——IDY、Wi-Fiアドオンボード「iS110B」発売
  10. ハイレゾ音源を再生できる——+Style、超小型IoTボード「SPRESENSE」シリーズを発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る