新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dプリントで、関節炎患者の日常生活を助ける小物を作るプロジェクト

リウマチ性関節炎で痛みのためペットボトルのふたやドアのカギを回すことが難しい人のために、イタリアの+LABというグループが、3Dプリントできるボトルオープナーなどの生活補助ツールをThingiverseで公開している。

このプロジェクトは、3Dプリントを使った社会デザインプロジェクト「+TUO」の一環として立ち上げられた。+TUOはリウマチ性疾患を持つ人の生活をより快適にする目的で活動しており、プロジェクトチームはリウマチ患者協会や作業療法士、心理学者などの専門家の協力により発足した。

ペットボトルオープナーは、リウマチ性患者の制限された手の機能でも使えるよう、軽い力であまり手首を動かさずに開けられるよう設計している。この巧みなデザインで、このボトルオープナーは2013年にローマで開催されたメイカーズフェアで3Dプリント最優秀賞を受賞した。 

このペットボトルオープナーはほとんどの3Dプリンタで作製可能で、素材もPLAに限らず、任意の素材を使用できる。デザインはよりスムーズに開閉ができるようニーズに合わせて2種類あり、グリップ部分が1つのものと、グリップ部分が2つのブーメラン型のデザインのものがある。

+TUOではボトルオープナー以外に、食事の際にスプーンを楽に持てるようにするグリップや、ファスナーを楽に開け閉めできるつまみなども作成している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Arduino互換でカスタマイズできる——手のひらにのる犬型ロボット「Petoi Bittle」
  2. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  3. 研磨しやすいPLA——APPLE TREE、3Dプリンター用フィラメント「MODERA:PLA」発売
  4. Formlabs、大型造形可能な歯科用3Dプリンター「Form 3BL」と後処理用のアイテム2種を発表
  5. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  6. テクダイヤと久宝金属製作所、FFF方式3Dプリンター用0.1mm径ノズルを開発
  7. 両手がふさがっていてもスマホが操作できる——舌を使ったインタフェース「[in]brace」
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. キャリブレーション不要ですぐに使える——プロ用デスクトップ3Dスキャナー「Polyga Compact S1」
  10. 「タオバオ」に挑戦したけど異文化に揉まれて何も買えませんでした——失敗から学ぶ、ネットショップで使える中国語10選

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る