新しいものづくりがわかるメディア

RSS


「rinkak」を国内外で展開するカブク、米3Dプリント工場と提携

ものづくりマーケットプレイス「rinkak」を国内外で展開するカブクは、米国に拠点を持つ3Dプリント工場と業務提携したと発表した。

rinkakは、3Dプリンタをはじめとしたデジタル製造技術を利用したものづくりのマーケットプレイス。ユーザーは3Dデータをアップロード(無料)するだけで、プロダクトの製造販売が可能になる。素材はプラスチックの他、陶器や金属、ゴムライク素材まで対応する。受注ごとにオンデマンドで製造するため、クリエイターは在庫を持たずにすむ利点がある。

この提携によって北米地域のrinkakユーザーは、高品質で低コストなサービスを迅速に受けられるようになるとしている。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 動きをデザインするとはなにか?——「Parametric Move 動きをうごかす展」(池ノ上)
  2. 3Dプリンター/レーザー彫刻/CNC彫刻に対応可能な複合機「DOBOT Mooz」一般販売開始
  3. 3Dプリンターと光るフィラメントを使って暗闇合コンしてみた
  4. JavaScriptでプログラミングできる超小型IoTコントローラー「neonious one」
  5. 1970年代のように2進数を手入力——定規に組み込まれた8ビットコンピューター「Digirule2」
  6. 青色レーザーで高精細スキャニング——デスクトップ3Dスキャナーキット「WildCats 3D」
  7. レーザーエネルギー伝送で飛行する昆虫型ロボット「RoboFly」
  8. 乾電池だけでBLEビーコン——乾電池型IoTデバイス「MaBeee ビーコンモデル」
  9. XYZプリンティング、小型3Dプリンター「ダヴィンチmini w+」と3Dペン「ダヴィンチ 3DペンCool」を発売
  10. Wi-Fi/Bluetooth通信モジュールや関連部品を同梱——CQ出版、オールインIoT学習ワークベンチ「PICoT」全部入り版を発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る