新しいものづくりがわかるメディア

RSS


「rinkak」を国内外で展開するカブク、米3Dプリント工場と提携

ものづくりマーケットプレイス「rinkak」を国内外で展開するカブクは、米国に拠点を持つ3Dプリント工場と業務提携したと発表した。

rinkakは、3Dプリンタをはじめとしたデジタル製造技術を利用したものづくりのマーケットプレイス。ユーザーは3Dデータをアップロード(無料)するだけで、プロダクトの製造販売が可能になる。素材はプラスチックの他、陶器や金属、ゴムライク素材まで対応する。受注ごとにオンデマンドで製造するため、クリエイターは在庫を持たずにすむ利点がある。

この提携によって北米地域のrinkakユーザーは、高品質で低コストなサービスを迅速に受けられるようになるとしている。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 失われたニキシー管の製造技術を取り戻し、後世に残したい——「国産ニキシー管復活プロジェクト」
  2. CPUクーラーが内蔵できるPi4用ケース——スイッチサイエンス、「Raspberry Pi 4用メタルケース」発売
  3. スイッチサイエンス、「Raspberry Pi/Jetson Nano/NX用モノクロデュアルカメラアレイボード」発売
  4. 19.8×16.6mmのArduino——Arduino互換ボード「Minima」
  5. Raspberry Piで多彩な発光を制御——3面に8×8LEDマトリクスを搭載したキューブキット「LumiCube」
  6. 開発者向けオールインワンソリューション——ARスマートグラス「Mutrics ARiC」
  7. 指でマウスをクリックするよりも、80ミリ秒速く反応してゲームをプレイできるニューロコントローラー
  8. 指紋検出の仕組みを実装可能な薄型指紋センサー、スイッチサイエンスで販売
  9. 絶望と芸術のあいだ、3Dプリンターから爆誕した“もじゃもじゃ”写真を募集中
  10. 超小型なRaspberry Pi——RP2040を搭載した「Raspberry Pi Pico」、マルツでも取り扱い開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る