新しいものづくりがわかるメディア

RSS


「rinkak」を国内外で展開するカブク、米3Dプリント工場と提携

ものづくりマーケットプレイス「rinkak」を国内外で展開するカブクは、米国に拠点を持つ3Dプリント工場と業務提携したと発表した。

rinkakは、3Dプリンタをはじめとしたデジタル製造技術を利用したものづくりのマーケットプレイス。ユーザーは3Dデータをアップロード(無料)するだけで、プロダクトの製造販売が可能になる。素材はプラスチックの他、陶器や金属、ゴムライク素材まで対応する。受注ごとにオンデマンドで製造するため、クリエイターは在庫を持たずにすむ利点がある。

この提携によって北米地域のrinkakユーザーは、高品質で低コストなサービスを迅速に受けられるようになるとしている。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. スマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」、今後も市民に親しまれるために
  2. 横にも動けるボルボの新型軍用輸送車両「Scarabée」
  3. 歴代のウォークマンが一堂に、これまでのイノベーションとあなたの思い出を振り返る——「#009 WALKMAN IN THE PARK」(銀座)
  4. 80年代のカセットをBluetoothで——Bluetooth 5.0対応カセットプレーヤー「IT'S OK」
  5. 光を奏でるレーザーシンセサイザー「radiator」
  6. ソーテック社、プログラミング初学者向けに「Pythonでつくる ゲーム開発 入門講座」を刊行
  7. すぐに使えるRaspberry Piセット——アフターソフト、学習用コンピューターセット「ベリーボックス」発売
  8. DMM.make AKIBAに産業用3Dプリンター体験型ショールームがオープン
  9. 光発電、Bluetooth対応——シチズンのスマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」がGREEN FUNDINGにてクラウドファンディング開始
  10. 3Dプリンター活用技術検定試験を受けてみた——「ひとりで楽しむ」以上を目指すための良きガイド

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る