新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ハードウェア開発から試験や量産試作までできる「DMM.make AKIBA」開設

DMM.comは、ハードウェアベンチャー向けに開発から試験や試作、小ロットの量産ができる設備とシェアオフィススペース、コンサルティングサービスまで備えた開発拠点施設「DMM.make AKIBA」を、11月11日に秋葉原に開設する。

DMM.make AKIBAは、「DMM.make AKIBA Studio」、「DMM.make AKIBA Base」、「DMM.make AKIBA Hub」の3つで構成される。

DMM.make AKIBA Studioは、電子工作、メカ工作などから量産試作品の開発検証、PSE、EMC、技術適合認定などの各種認証向けプリテストまで可能な施設。3DプリンタやCNCなどの開発機材だけでなく、熱衝撃や恒温恒湿、荷重破壊、水圧試験のための各種試験機材、技術基準適合やHDMIの試験が行える機材まで、量産のために必要な機材150点、総額5億円規模の設備を用意した。専属スタッフが常駐し、操作に知識や技術が必要な設備についてサポートする。

DMM.make AKIBA Baseは、ハードウェア開発に必要なオフィススペースやイベントスペースを提供する。フリーアドレスエリアの他、3人以上を対象とした個室エリアも備え、機密性の高い開発中のハードウェア管理もできる。

DMM.make AKIBA Hubは、オリジナルハードウェアの開発、販売に当たって相談したいという利用者向けにコンサルティングを行う窓口。DMM.make AKIBAの設備を活用した造型コンサルティング、部品選定、工場選定などの製造コンサルティング、プロトタイピング資金や企業資金の調達相談などに対応する。

DMM.make AKIBAには入居企業の第1弾として、ABBALab、Cerevoが10月31日に移転しており、DMM.make AKIBAと共同でハードウェアスタートアップ支援を展開するという。

DMM.make AKIBAは、JR秋葉原駅から徒歩2分の東京都千代田区神田練塀町3富士ソフト秋葉原ビル の10~12階。DMM.make AKIBA Studioの利用料は初期費用3万円、月額1万5000円(一部機材は別料金)。DMM.make AKIBA Baseの利用料はフリーアドレスが初期費用4万円、月額2万円から。DMM.make AKIBA StudioとBase(フリーアドレス)の両方を利用する場合は、初期費用6万円、月額3万円。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 1ポンド硬貨より小さいArduino互換の超小型マイコン「Piksey Atto」
  2. それ、ラズパイでつくれるよ——メッセだけならラズパイでいい
  3. オーム社、「APIではじめるディープラーニング・アプリケーション開発 Google Cloud API活用入門」発刊
  4. 70万円台で手に入るEV——3Dプリント製超小型電気自動車「YoYo」
  5. 知識や経験なしでも出来たてビール造りを楽しめるスマート醸造機「INTHEKEG」 #CES2020
  6. 日本3Dプリンター、多様化するニーズに応じフィラメントを拡充するプログラムを開始
  7. クモの糸に匹敵——強度と靭性を兼ね備えた軽量ポリマー繊維を開発
  8. DJ用の機材にまで進化し続けたポータブルレコードプレーヤー「COLUMBIA PORTABLE RECORD PLAYER GP-3B」
  9. バッテリー不要のコンピューター入力デバイスを開発——親指で人差し指側面をタップするだけ
  10. 超広角カメラを内蔵——Makeblock、デスクトップ型レーザーカッター「Laserbox」の国内販売を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る