新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ハードウェア開発から試験や量産試作までできる「DMM.make AKIBA」開設

DMM.comは、ハードウェアベンチャー向けに開発から試験や試作、小ロットの量産ができる設備とシェアオフィススペース、コンサルティングサービスまで備えた開発拠点施設「DMM.make AKIBA」を、11月11日に秋葉原に開設する。

DMM.make AKIBAは、「DMM.make AKIBA Studio」、「DMM.make AKIBA Base」、「DMM.make AKIBA Hub」の3つで構成される。

DMM.make AKIBA Studioは、電子工作、メカ工作などから量産試作品の開発検証、PSE、EMC、技術適合認定などの各種認証向けプリテストまで可能な施設。3DプリンタやCNCなどの開発機材だけでなく、熱衝撃や恒温恒湿、荷重破壊、水圧試験のための各種試験機材、技術基準適合やHDMIの試験が行える機材まで、量産のために必要な機材150点、総額5億円規模の設備を用意した。専属スタッフが常駐し、操作に知識や技術が必要な設備についてサポートする。

DMM.make AKIBA Baseは、ハードウェア開発に必要なオフィススペースやイベントスペースを提供する。フリーアドレスエリアの他、3人以上を対象とした個室エリアも備え、機密性の高い開発中のハードウェア管理もできる。

DMM.make AKIBA Hubは、オリジナルハードウェアの開発、販売に当たって相談したいという利用者向けにコンサルティングを行う窓口。DMM.make AKIBAの設備を活用した造型コンサルティング、部品選定、工場選定などの製造コンサルティング、プロトタイピング資金や企業資金の調達相談などに対応する。

DMM.make AKIBAには入居企業の第1弾として、ABBALab、Cerevoが10月31日に移転しており、DMM.make AKIBAと共同でハードウェアスタートアップ支援を展開するという。

DMM.make AKIBAは、JR秋葉原駅から徒歩2分の東京都千代田区神田練塀町3富士ソフト秋葉原ビル の10~12階。DMM.make AKIBA Studioの利用料は初期費用3万円、月額1万5000円(一部機材は別料金)。DMM.make AKIBA Baseの利用料はフリーアドレスが初期費用4万円、月額2万円から。DMM.make AKIBA StudioとBase(フリーアドレス)の両方を利用する場合は、初期費用6万円、月額3万円。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. スマートウォッチを生化学ヘルスモニターシステムへと変える粘着フィルムを開発
  2. 従来よりも靭性を2倍に高めた固体電解質を開発——次世代型固体電池の実現へ
  3. ご先祖様を3Dプリント精霊馬に乗せて、首都高を爆走させたい!
  4. 3D CADやIoTなど、ものづくりに必要な知識や技術を学べるオンライン学習システム「MID PLC オンライン」
  5. クラウドファンディングで約8000万円を集めたインスタコードからMakerが学ぶべき点とは
  6. Android 10(Go edition)搭載のIoTエッジデバイス「Acty-G3」発売へ、eSIM/NFC対応のカスタムモデルも提供
  7. 不織布使用量が従来品の1/10——3Dプリンター製の再使用可能マスク「θ(シータ)」
  8. パソコンの仕組みが学べる——TSUKUMO、組み立てて作るWindowsタブレット「Kano PC」の取り扱いを開始
  9. 最先端新技術で寿司を握る——OPEN MEALSの「超未来すし屋」、2020年東京にオープン
  10. micro:bitで動くロボットカー——STEM教育向けロボット「TPBot」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る