新しいものづくりがわかるメディア

RSS


RSコンポーネンツ、より小型で低消費電力化した「Raspberry Pi Model A+」発売

アールエスコンポーネンツは2014年12月19日、英国のRaspberry Pi財団がプログラミング教育向けに開発した小型コンピュータの新モデル「Raspberry Pi Model A+」の国内販売を開始した。価格は2620円(税別)。

Raspberry Pi Model A+は、メモリ容量やUSBポート数などを抑えた小型で安価な「Raspberry Pi Model A」のリニューアルモデル。7月に先行してリニューアルした「Raspberry Pi Model B+」 が、「Raspberry Pi Model B」から変更した仕様を一部取り入れている。

従来のModel Aからの大きな変更点としては、基板サイズが86×54mmから、65×56mmに小さくなったことと、GPIOピン仕様が26ピンからModel B+で採用した40ピンになったことだ。またフラッシュメモリストレージが、SDメモリーカードからマイクロSDカードに変更されている。コンポジットビデオ出力はオーディオ出力と統合された。電源アーキテクチャもModel B+と同じスイッチング電源になり低消費電力化された。音声品質も向上している。

上記以外の基本的な仕様はModel Aを引き継いでおり、メインチップは「Broadcom BCM2835」(700MHz)、メモリ容量は256Mバイト、USB2.0ポート×1などに変更はない。イーサネットコネクタなどは従来通り登載していない。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 毎秒4万回でさくさくカット——ポータブル超音波カッター「WONDERCUTTER」
  2. サンワサプライ、Windows10 IoT Coreに特化した「Raspberry Piセンサーキット」を発売
  3. リアルな世界で本人視点シューティングゲームを——FPS対戦型ロボット玩具「GEIO」
  4. 15万円で高精度精密加工が可能——デスクトップ型CNCフライス「Routakit M」
  5. 自分でゲームを作ろう——Raspberry Piを使ったゲームコンソール「Pip」
  6. 米Techshop、11月15日に倒産——海外拠点には影響なし
  7. 小型なのに高精細——デスクトップにおけるSLA方式小型3Dプリンター「PLUTO」
  8. アルテック、米Desktop Metalの金属3Dプリンター「Studioシステム」の国内販売開始
  9. その数なんと6000種類! 懐かし&希少な「アクリル」に、Maker時代の価値を見た
  10. ディスプレイ用ワイヤレス給電システム「X-BASE」シリーズ、ハピネットから一般販売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る