新しいものづくりがわかるメディア

RSS


RSコンポーネンツ、より小型で低消費電力化した「Raspberry Pi Model A+」発売

アールエスコンポーネンツは2014年12月19日、英国のRaspberry Pi財団がプログラミング教育向けに開発した小型コンピュータの新モデル「Raspberry Pi Model A+」の国内販売を開始した。価格は2620円(税別)。

Raspberry Pi Model A+は、メモリ容量やUSBポート数などを抑えた小型で安価な「Raspberry Pi Model A」のリニューアルモデル。7月に先行してリニューアルした「Raspberry Pi Model B+」 が、「Raspberry Pi Model B」から変更した仕様を一部取り入れている。

従来のModel Aからの大きな変更点としては、基板サイズが86×54mmから、65×56mmに小さくなったことと、GPIOピン仕様が26ピンからModel B+で採用した40ピンになったことだ。またフラッシュメモリストレージが、SDメモリーカードからマイクロSDカードに変更されている。コンポジットビデオ出力はオーディオ出力と統合された。電源アーキテクチャもModel B+と同じスイッチング電源になり低消費電力化された。音声品質も向上している。

上記以外の基本的な仕様はModel Aを引き継いでおり、メインチップは「Broadcom BCM2835」(700MHz)、メモリ容量は256Mバイト、USB2.0ポート×1などに変更はない。イーサネットコネクタなどは従来通り登載していない。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 小型基板にWi-Fi/BLEを実装——「Raspberry Pi Zero W」国内販売開始
  2. TensorflowやPythonの基礎が学べる——初心者向け「AIプログラム学習キット」
  3. DMM.make AKIBA名物「FRISKおじさん」とヘッドホン・アンプを作ってきた
  4. Raspberry Piを活用しよう——マイナビ出版、「ここまで作れる!Raspberry Pi 実践サンプル集」発刊
  5. 腕につけるだけで充電不要——キネティック搭載スマートウォッチ「SEQUENT」
  6. Raspberry Piで地震を検知——ホーム地震計「Raspberry Shake 4D」
  7. コインサイズのArduino——小型ワンボードマイコン「PICO」
  8. 自律走行して農作物を監視する——農業向け6輪ローバーロボット「AGRowBot」
  9. メイカーズ・ラボとよはし(愛知県豊橋市)
  10. コニカミノルタ、大阪工大との共同開発技術を利用した体臭測定ソリューション「Kunkun body」の先行販売開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る