新しいものづくりがわかるメディア

RSS


RSコンポーネンツ、より小型で低消費電力化した「Raspberry Pi Model A+」発売

アールエスコンポーネンツは2014年12月19日、英国のRaspberry Pi財団がプログラミング教育向けに開発した小型コンピュータの新モデル「Raspberry Pi Model A+」の国内販売を開始した。価格は2620円(税別)。

Raspberry Pi Model A+は、メモリ容量やUSBポート数などを抑えた小型で安価な「Raspberry Pi Model A」のリニューアルモデル。7月に先行してリニューアルした「Raspberry Pi Model B+」 が、「Raspberry Pi Model B」から変更した仕様を一部取り入れている。

従来のModel Aからの大きな変更点としては、基板サイズが86×54mmから、65×56mmに小さくなったことと、GPIOピン仕様が26ピンからModel B+で採用した40ピンになったことだ。またフラッシュメモリストレージが、SDメモリーカードからマイクロSDカードに変更されている。コンポジットビデオ出力はオーディオ出力と統合された。電源アーキテクチャもModel B+と同じスイッチング電源になり低消費電力化された。音声品質も向上している。

上記以外の基本的な仕様はModel Aを引き継いでおり、メインチップは「Broadcom BCM2835」(700MHz)、メモリ容量は256Mバイト、USB2.0ポート×1などに変更はない。イーサネットコネクタなどは従来通り登載していない。

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. 春から意識を下げていこう!新社会人を頭が悪い工作で応援してみた
  2. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  3. ゲームをつくって楽しもう——高校生向けPython入門書「ゲームを作りながら楽しく学べるPythonプログラミング」発刊
  4. ROSでロボットを動かそう——「Raspberry Piで学ぶ ROSロボット入門」発刊
  5. 炭素繊維の用途が広がるか——LLNL、炭素繊維を複雑な形状での3Dプリントに成功
  6. 「志村!うしろ!」の後ろにいたデザイナー 山田満郎の「全員集合」舞台デザイン
  7. サイボーグ義足で東京パラリンピックは金メダルを! スポーツ工学を考慮したテクノロジーで世界最速ランナーの育成を目指す
  8. 世の中の偏差値を下げろ!「頭の悪いメカ発表会」
  9. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  10. Raspberry PiやArduinoでGroveセンサが使える——Groveセンサキット「800-RPSET1_2」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る