新しいものづくりがわかるメディア

RSS


グルーヴノーツと東大病院、深層学習とマルチモーダルを用いた疾患画像予測の共同研究を開始

グルーヴノーツは、同社のクラウドAIプラットフォーム「MAGELLAN BLOCKS(マゼランブロックス)」を活用した「医療画像と診療情報を統合させる深層学習×マルチモーダルによる高精度な疾患画像予測モデルの開発」を目的とした研究を、東京大学医学部附属病院(東大病院)と共同で行う。

photo

同社によると、深層学習の発展に伴って画像解析技術が実用化し、医療分野の画像診断領域において、AI技術の応用が進みつつある。

しかし医療現場では画像情報以外にもさまざまな診療データが存在し、診断に利用されている。近年画像と数値などの異なる種類のデータを同時に学習する「マルチモーダルAI」が注目されており、医療分野への応用が期待されている。

photo

東大病院はこれまで、患者の年齢や性別、腫瘍マーカーなどの血液検査などの診療データを基にして、AI技術を用いた疾患予測の研究を行ってきた。今回の共同研究では、MAGELLAN BLOCKSを用いて診療データを統合した疾患画像予測モデルの作成、精度検証を実施、今後は医療現場での社会実装を目指すとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  4. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  5. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る