新しいものづくりがわかるメディア

RSS


グルーヴノーツと東大病院、深層学習とマルチモーダルを用いた疾患画像予測の共同研究を開始

グルーヴノーツは、同社のクラウドAIプラットフォーム「MAGELLAN BLOCKS(マゼランブロックス)」を活用した「医療画像と診療情報を統合させる深層学習×マルチモーダルによる高精度な疾患画像予測モデルの開発」を目的とした研究を、東京大学医学部附属病院(東大病院)と共同で行う。

photo

同社によると、深層学習の発展に伴って画像解析技術が実用化し、医療分野の画像診断領域において、AI技術の応用が進みつつある。

しかし医療現場では画像情報以外にもさまざまな診療データが存在し、診断に利用されている。近年画像と数値などの異なる種類のデータを同時に学習する「マルチモーダルAI」が注目されており、医療分野への応用が期待されている。

photo

東大病院はこれまで、患者の年齢や性別、腫瘍マーカーなどの血液検査などの診療データを基にして、AI技術を用いた疾患予測の研究を行ってきた。今回の共同研究では、MAGELLAN BLOCKSを用いて診療データを統合した疾患画像予測モデルの作成、精度検証を実施、今後は医療現場での社会実装を目指すとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  2. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  3. 3Dプリンター製液体ロケットエンジン「E-2」が試験燃焼でフル推力を達成
  4. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  5. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  6. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  7. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  8. 電気を使わずビニールテープ製フライホイールで動く8脚ロボット、発進!
  9. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」
  10. APPLE TREE、高さ600mmまで造形可能な大型FFF方式3Dプリンター「Guider 3 Plus」を公開

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る