新しいものづくりがわかるメディア

RSS


LED点灯やロボットアーム制御も可能——「プログラミングできる名刺」

「プログラミングできる名刺」がMakuakeで出資を募っている。

この名刺はプリント基板で作成されており、回路設計もされているため適切な部品を載せればプログラミング可能だ。

大きさ/厚さは54×85.6×0.8(最厚部2.94)mmのクレジットカードサイズで、プログラミングで制御できるRGBのLEDとタクトスイッチに加え、側面にはmicroUSBコネクターを搭載している。

材質にはエポキシガラス繊維FR-4、マイクロコントローラーとしてATMEGA32U4-AURを採用。Arduino Web Editorによる搭載LEDのLチカに加え、0.96インチOLEDによるキャラクター表示やロボットアームの制御なども可能だ。

通常タイプのつやありブラック(プリント基板表面:はんだメッキ処理)と、ラグジュアリー感を味わえるマットなつや無しブラック(同:金メッキ処理)の2タイプをラインアップ。価格はつやありブラックの基板のみ10枚で5000円、つや無しブラック金メッキの基板のみ25枚で2万9500円(価格は全て税込)などのプランを用意している。

プログラミングできる名刺は、7月30日までMakuakeでクラウドファンディング中だ。目標金額は20万円で、2020年9月末までに発送する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Arduino互換でカスタマイズできる——手のひらにのる犬型ロボット「Petoi Bittle」
  2. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  3. 研磨しやすいPLA——APPLE TREE、3Dプリンター用フィラメント「MODERA:PLA」発売
  4. Formlabs、大型造形可能な歯科用3Dプリンター「Form 3BL」と後処理用のアイテム2種を発表
  5. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  6. テクダイヤと久宝金属製作所、FFF方式3Dプリンター用0.1mm径ノズルを開発
  7. 両手がふさがっていてもスマホが操作できる——舌を使ったインタフェース「[in]brace」
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. キャリブレーション不要ですぐに使える——プロ用デスクトップ3Dスキャナー「Polyga Compact S1」
  10. 「タオバオ」に挑戦したけど異文化に揉まれて何も買えませんでした——失敗から学ぶ、ネットショップで使える中国語10選

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る