新しいものづくりがわかるメディア

RSS


水を燃料とする衛星推進システムの開発に着手——3Dプリンターで多数の部品を製造

航空宇宙機器メーカーの仏Thales Alenia Spaceは2022年7月26日、水を燃料とする衛星推進システムの開発に向け、小型推進システムの開発を手掛けるイタリアの新興企業MIPRONSと提携を結んだと発表した。3Dプリンターを活用して多くの部品を製造する計画だ。

Thales Alenia Spaceが初めて3Dプリンターを使って製造したのは、2015年に打ち上げた衛星用のアンテナブラケットだ。2017年打ち上げの衛星では、ヨーロッパ産としては当時最大となる3Dプリンターで作った部品を搭載。2019年には衛星の量産に3Dプリンターを取り入れるなど、積極的に3Dプリンターを活用してきた。

今回開発する推進システムは、衛星の姿勢制御や軌道の微修正などに使用するスラスターだ。MIPRONSの独自技術により、水を電気分解で水素と酸素に分解し、燃焼室に供給する。水のみを燃料とし、小型で拡張性に優れているため、さまざまな大きさの衛星に搭載可能な設計となっている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  7. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  8. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  9. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  10. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る