新しいものづくりがわかるメディア

RSS


自分のスマホで3Dプリント——300ドル以下で買える光造形方式3Dプリンター「T3D」

スマートフォン/タブレットのLCDを光源に利用する3Dプリンター「T3D」がKickstarterに登場し、注目を集めている。

photo

T3Dは、スマートフォン/タブレットの液晶ディスプレイを利用して、LCD SLA(光造形)方式同様の構造を実現する3Dプリンターだ。ユーザーのデバイスを光学系に利用することで、低価格化を実現している。

photo

レジンには380~750nmの波長で硬化する専用フォトポリマーレジン(PMMA)を使用し、直接光を避ければ、一般的なSLA方式のように造形エリアをカバーしたり、暗室で造形する必要はないとしている。

photo

造形方法は、光源として利用するデバイス(Android/iOS対応)から専用アプリでクラウドサービスにアクセス、造形したい3Dモデル(STL/OBJ)を選択し、デバイスをバットの下にセットするだけだ。モデルデータはクラウド上でスライスされてPNGファイルとしてデバイスに転送され、レイヤーを重ねていく仕組みだ。

photo

また、クラウドのギャラリーにはすぐに利用可能な3Dモデルも用意し、造形物ごとに必要なレジンの使用量を自動計算してくれるため、必要最小限のレジンだけバットに流し込めばよいとしている。

photo

さらに、オプションで3個のバットをセットし、異なる色のレジンで造形するマルチカラーキット「M-Cube」を用意する。またM-Cubeは、スマートフォンを使ったフルカラー3Dスキャナーとしても利用できるという。

photo

本体寸法は255×194×182mm、重量は0.9kg。造形サイズは106×76×85mm(スマートフォン)、160×76×85mm(タブレット)で、対応するスマートフォンは最大6インチまでだ。Z軸解像度は15~100μmとなっている。

photo

予定販売価格は299ドル(約3万3600円)。Kickstarterでは219ドル(約2万4600円)で購入できるプランを用意しており、100mlのレジンが付属する。専用レジンのカラーはアンバーの他、レッド/グリーン/ブルー/ブラック/ホワイトなどを用意し、未開封での保管期限は1年間だ。20ドル(約2250円)からの追加送料で、日本への発送にも対応する。

photo

T3DはKickstarterにて10月29日までクラウドファンディング中だ。目標額3万5000ドル(約393万円)に対し、9月21日の時点で約8万ドル(約899万円)を集め、プロジェクトを達成している。発送は2018年3~4月の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. クソリプに塩を撒くマシーンを作って、全てを清める
  2. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け拡張基板「ゼロワン」第3弾4製品を発売
  3. Arduinoを使った電子工作の解説書——ソーテック社、「電子部品ごとの制御を学べる!Arduino 電子工作 実践講座」発刊
  4. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  5. 最大造形サイズ610 x 1400 x 800mm——80万円で買える大型FFF方式3Dプリンター「MacroMAKEiT」
  6. ディスプレイの中に3Dイメージが浮かび上がる——3D疑似ホログラムディスプレイ「Looking Glass」
  7. 100均グッズからアクセまで、なんでも鏡にする工場に行ってきた
  8. 魚の飼育や水耕栽培に活用、Raspberry Pi用インターフェース「BioControle」
  9. 技術評論社、「ハードウェアハッカー~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険」発刊へ
  10. Arduino/Scratchで開発可能——スイッチサイエンス、ウェアラブルプラットフォーム「watchX」を発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る