新しいものづくりがわかるメディア

RSS


自分のスマホで3Dプリント——300ドル以下で買える光造形方式3Dプリンター「T3D」

スマートフォン/タブレットのLCDを光源に利用する3Dプリンター「T3D」がKickstarterに登場し、注目を集めている。

photo

T3Dは、スマートフォン/タブレットの液晶ディスプレイを利用して、LCD SLA(光造形)方式同様の構造を実現する3Dプリンターだ。ユーザーのデバイスを光学系に利用することで、低価格化を実現している。

photo

レジンには380~750nmの波長で硬化する専用フォトポリマーレジン(PMMA)を使用し、直接光を避ければ、一般的なSLA方式のように造形エリアをカバーしたり、暗室で造形する必要はないとしている。

photo

造形方法は、光源として利用するデバイス(Android/iOS対応)から専用アプリでクラウドサービスにアクセス、造形したい3Dモデル(STL/OBJ)を選択し、デバイスをバットの下にセットするだけだ。モデルデータはクラウド上でスライスされてPNGファイルとしてデバイスに転送され、レイヤーを重ねていく仕組みだ。

photo

また、クラウドのギャラリーにはすぐに利用可能な3Dモデルも用意し、造形物ごとに必要なレジンの使用量を自動計算してくれるため、必要最小限のレジンだけバットに流し込めばよいとしている。

photo

さらに、オプションで3個のバットをセットし、異なる色のレジンで造形するマルチカラーキット「M-Cube」を用意する。またM-Cubeは、スマートフォンを使ったフルカラー3Dスキャナーとしても利用できるという。

photo

本体寸法は255×194×182mm、重量は0.9kg。造形サイズは106×76×85mm(スマートフォン)、160×76×85mm(タブレット)で、対応するスマートフォンは最大6インチまでだ。Z軸解像度は15~100μmとなっている。

photo

予定販売価格は299ドル(約3万3600円)。Kickstarterでは219ドル(約2万4600円)で購入できるプランを用意しており、100mlのレジンが付属する。専用レジンのカラーはアンバーの他、レッド/グリーン/ブルー/ブラック/ホワイトなどを用意し、未開封での保管期限は1年間だ。20ドル(約2250円)からの追加送料で、日本への発送にも対応する。

photo

T3DはKickstarterにて10月29日までクラウドファンディング中だ。目標額3万5000ドル(約393万円)に対し、9月21日の時点で約8万ドル(約899万円)を集め、プロジェクトを達成している。発送は2018年3~4月の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IKEAの青いバッグをリメイクしよう!
  2. XYZプリンティング、小型3Dプリンター「ダヴィンチmini w+」と3Dペン「ダヴィンチ 3DペンCool」を発売
  3. Raspberry Piで手軽にデジタルオーディオを——廉価版サウンドカード「DACBerry RDY」
  4. 3D CAD機能を強化——Shade3D、アセンブリ機能を搭載した「Shade3D ver.18」発売へ
  5. 3Dデータから簡単に立体表示——独自技術を使った立体ディスプレイ「VVD」
  6. 電池レスIoT機器にも表示部を実現——凸版印刷、環境発電で作動する電子ペーパーを開発
  7. 動きをデザインするとはなにか?——「Parametric Move 動きをうごかす展」(池ノ上)
  8. 3Dプリンター用フィラメントを湿気から守る——空気が抜ける密封型フィラメントコンテナ「Vacuum Sealed Filament Container」
  9. XYZプリンティング、産業用3Dプリンター6機種を発表——産業向け市場に本格参入へ
  10. バブル時代に誕生したエレクトリック遊具という名の家電製品 「SANYO STEREO CASSETTE PLAYER ROBO-01(おんがくたい)」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る