新しいものづくりがわかるメディア

RSS


XYZプリンティング、熱溶融積層方式フルカラー3Dプリンター「ダヴィンチ Color」の予約販売を開始

XYZプリンティングジャパンは2017年9月21日、熱溶融積層(FFF)方式パーソナル3Dプリンター「ダヴィンチ」シリーズの新製品「ダヴィンチ Color」を発表した。専用フィラメントに専用インクで着色するフルカラー造形が特徴で、2017年9月21日から早期割引として55万円(税別)で予約を受け付け、10月25日に定価69万8000円(税別)で一般発売を開始する。

メディア向け説明会で展示された造形サンプル。サポート材部分には着色されないが、形状によっては土台部分にインクが移る場合もある。 メディア向け説明会で展示された造形サンプル。サポート材部分には着色されないが、形状によっては土台部分にインクが移る場合もある。

同製品は1層ずつ造型するごとに本体に内蔵した4色(CMYK)のインクをインクジェット方式で着色する。独自開発したインクは1600万色の着色に対応し、カラーの3Dデータを取り込んで専用の制御ソフトウェア「XYZmaker」から造型する。

造型材料はカラー着色専用のPLA、通常のPLAとタフPLA(いずれも同社純正品) に対応。カラーインクも専用に開発されたインクのみ使用可能としている。専用のPLAフィラメント以外では、造形物にインクが乗らない場合や樹脂に十分に浸透できず失敗する可能性が高いため、同社では専用PLAの使用を推奨している。

造形の様子。印刷する層はソフトウェア上で設定可能で、表面に着色するだけでなく内部にも着色が可能だ。 造形の様子。印刷する層はソフトウェア上で設定可能で、表面に着色するだけでなく内部にも着色が可能だ。

また、これまでガラス製だったプリントプラットフォームは、着脱が簡単にできるマグネットシートに変更された。これにより造形の安定性の向上し、造形後の取り外しも容易になったという。カラーインクは造形途中での交換ができないため、造形前にインクが不足している場合はXYZMakerがアラートを出して、事前に新しいインクへの交換を促す。

本体内部の様子、右手前に専用インクを取りつけるエリアが用意されている。 本体内部の様子、右手前に専用インクを取りつけるエリアが用意されている。

本体サイズは600×581×640mm、重量は32.3kg。積層ピッチは100~400μm、最大造形サイズは185×185×150mm。これまでのダヴィンチシリーズと比較して、一回り大きなサイズになり、外装もこれまでの樹脂製からアルミニウムに変更している。専用フィラメントは600gで4280円、専用インクは40mlの4色セットで9800円。

次期モデル「ダヴィンチ Super」は大容量

参考展示として紹介された「ダヴィンチ Super」。スペックは公開されていないが、同社のダヴィンチシリーズの中では最も大きなサイズになる見込みだ。 参考展示として紹介された「ダヴィンチ Super」。スペックは公開されていないが、同社のダヴィンチシリーズの中では最も大きなサイズになる見込みだ。

メディア向けの発表会では現在開発中の3Dプリンター「ダヴィンチ Super」も参考展示として紹介された。スペックは明かされていないが、「ダヴィンチ Color」の後継機という位置づけではなく、複数のフィラメントにも対応するそうだ。また本体前面にはレーザー加工が可能である事を示すイラストがあり、2016年3月に発売開始した「ダヴィンチ Pro 1.0」の上位機種のような印象を受けた。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  2. 視線を外さずに運転できる——後付けタイプのヘッドアップディスプレイ「HUD NEOTOKYO」
  3. 記念すべき瞬間を永遠に——2738年間カウントをつづけるパーソナルタイマー「TIME SINCE LAUNCH」
  4. GoF studio(東京都台東区)
  5. 自由に改造し遊びを通して子供の創造力を育む——教育用ラジコンカー「RaceYa」
  6. 500dpiで刻印できる——40/50W密閉型CO2レーザー加工機「Beambox」
  7. ひと目でときめく小さな世界——「田中智 ミニチュアワールド—Face to Face もっとそばに—」(銀座)
  8. アイ・オー・データ機器、Raspberry Pi標準OSプリインストールmicroSDカード「UD-RPSDRB」発売
  9. Raspberry Piの実験や制作に——ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi用拡張基板5種発売
  10. きっかけはトラブルだった——旅館の食事に欠かせない「例の青い固形燃料」が生まれた理由

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る