新しいものづくりがわかるメディア

RSS


「Shruthi」+24dBアナログフィルター——デジタルウェーブサイクルシンセサイザー「Shrolca」

デジタルウェーブサイクルシンセサイザー「Shrolca」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

Shrolcaは、Mutable Instrumentsのオープンソースシンセサイザー「Shruthi」をベースに、24dBアナログフィルターとタッチキーボードをコンパクトにまとめている。開発元によると、デザインはKorgのミニシンセサイザー「Volca」をイメージして、アルミニウム製のボディで薄型に仕上げている。

photo

本体には、エディットボタン×7、エディットノブ×4(35シェープのオシレーター×2)、MIDIキーボードボタン×24を搭載し、MIDIイン/アウト、オーディオイン/アウト、電源入力ポートを備える。基本機能はShruthiと同じで、デジタルウェーブサイクルオシレーターとシーケンサー、 モジュレーションマトリックス、クラシックなトランジスタラダー24dB VCF(Voltage-controlled filter)を備え、ソース×28、ディスティネーション×27に対応する。

photo

オプションとして、CV I/O対応ユーロラック用マウンティングフレームを用意する予定で、オープンソースファイルは10月に公開するとしている。

photo

Shrolcaは、今なら数量限定の早割価格250ドル(約2万7400円)で入手できる。2018年10月の出荷を予定しており、日本への送料は30ドル(約3280円)だ。

ShrolcaはKickstarterにて、2018年7月2日までクラウドファンディングを実施中。6月6日時点で、1万3000ドル(約142万円)の目標額に対して約1万2000ドル(約132万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  2. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  3. 楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」誕生
  4. IBMチューリッヒ研究所、LEGOとArduinoとRaspberry Piを使って総額300ドルの顕微鏡を作製
  5. 5分で組み立て可能——モジュラー式デスクトップ3Dプリンターキット「Creality CR-6 SE」
  6. 英バース大、3Dプリントして自作できる研究室グレードの顕微鏡デザインを公開——最安製造コストは2000円以下
  7. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  8. SPDTリレー×4搭載——「ESP32」ベースのIoTモジュール「ESP Module」
  9. 芝浦工業大学、人工筋肉を高速振動させたスピーカーを開発
  10. 入館時に体温を自動チェックできる——スペクトラム・テクノロジー、「体温検知キット」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る