新しいものづくりがわかるメディア

RSS


「Shruthi」+24dBアナログフィルター——デジタルウェーブサイクルシンセサイザー「Shrolca」

デジタルウェーブサイクルシンセサイザー「Shrolca」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

Shrolcaは、Mutable Instrumentsのオープンソースシンセサイザー「Shruthi」をベースに、24dBアナログフィルターとタッチキーボードをコンパクトにまとめている。開発元によると、デザインはKorgのミニシンセサイザー「Volca」をイメージして、アルミニウム製のボディで薄型に仕上げている。

photo

本体には、エディットボタン×7、エディットノブ×4(35シェープのオシレーター×2)、MIDIキーボードボタン×24を搭載し、MIDIイン/アウト、オーディオイン/アウト、電源入力ポートを備える。基本機能はShruthiと同じで、デジタルウェーブサイクルオシレーターとシーケンサー、 モジュレーションマトリックス、クラシックなトランジスタラダー24dB VCF(Voltage-controlled filter)を備え、ソース×28、ディスティネーション×27に対応する。

photo

オプションとして、CV I/O対応ユーロラック用マウンティングフレームを用意する予定で、オープンソースファイルは10月に公開するとしている。

photo

Shrolcaは、今なら数量限定の早割価格250ドル(約2万7400円)で入手できる。2018年10月の出荷を予定しており、日本への送料は30ドル(約3280円)だ。

ShrolcaはKickstarterにて、2018年7月2日までクラウドファンディングを実施中。6月6日時点で、1万3000ドル(約142万円)の目標額に対して約1万2000ドル(約132万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本3Dプリンター、FFF方式3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズ2機種発売
  2. Arduino、新製品シリーズ「Arduino Nano Family」を発表
  3. ラジコンにもゲームコントローラーにも——リモートコントロールカーキット「TechMods」
  4. 300ドル以下で手に入る光造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Prism」
  5. 200ドル台で高精細造形——LCD方式3Dプリンター「Orange 30」
  6. 中高年向けのプログラミング解説書——リックテレコム、「図解 50代からのプログラミング」発刊へ
  7. 電子部品の制御を豊富な実例で解説——ソーテック社、「電子部品ごとの制御が学べる!Raspberry Pi 電子工作 実践講座 改訂第2版」発刊へ
  8. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」
  9. 機械学習の成否を左右する前処理を学ぶ——リックテレコム、「機械学習のための「前処理」入門」発刊
  10. 構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る