新しいものづくりがわかるメディア

RSS


100%アナログ方式での音作りにこだわったセミモジュラーシンセサイザー「RAVEN」

セミモジュラーアナログシンセサイザー「RAVEN」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

RAVENは、オーストリアの電子楽器メーカーbirdkidsが開発したユーロラック対応セミモジュラーシンセ。感情の奥深さやテクスチャーを表現するため、100%アナログ方式の音作りにこだわったといい、ワイドレンジデュアルVCO(オシレーター)、同社オリジナルのVCF(フィルター)モジュール「TheBateleur」、VCA(アンプ)出力×2(VCA「THAT2162 Blackmer」およびウェストコーストスタイルのフォトカプラVCA)などを搭載する。

RAVEN

入力は、1V/Oct(ピッチトラッキング)、各VCOにリニアFM/PWM(パルス幅変調)/SYNC、VCO間にはクロスフェーダーを搭載し、外部オーディオ信号、VCFカットオフ、VCF CV、VCFレゾナンス、VCA CVに対応。出力は、各VCO(ノコギリ波、三角波、パルス/矩形波)波形出力、ノイズ、VCF、クリーンアウト(リニアVCA THAT2162 Blackmer)、オプトアウト(フォトカプラVCA)に対応する。

RAVEN

また、各VCOの波形選択トグルやVCFモードスイッチのほか、コントロールつまみとして、PWポジション、PWM量、FM量、コースチューン、ファインチューン、クロスフェーダーポジション、外部オーディオ信号入力量、VCA CV量、VCFカットオフポジション、VCF CV量、VCFレゾナンスポジションを備えている。

RAVEN
RAVEN
RAVEN

RAVENは、本体のほか、ユーロラックモジュラー電源コネクター(16ピンフラットリボンケーブル)1本、3.5mmモノラルケーブル(CV/オーディオ)4本を同梱。本体パネル色はシルバーまたはブラックが用意されている。今なら数量限定の早割価格449ユーロ(約5万8000円)で入手できる。2019年10月の出荷を予定しており、日本への送料は25ユーロ(約3200円)だ。

RAVENは、2018年12月6日までクラウドファンディングを実施中。2018年11月28日時点で、3万8000ユーロ(約490万円)の目標額に対して約2万4000ユーロ(約300万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本3Dプリンター、FFF方式3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズ2機種発売
  2. Arduino、新製品シリーズ「Arduino Nano Family」を発表
  3. ラジコンにもゲームコントローラーにも——リモートコントロールカーキット「TechMods」
  4. 300ドル以下で手に入る光造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Prism」
  5. 200ドル台で高精細造形——LCD方式3Dプリンター「Orange 30」
  6. 中高年向けのプログラミング解説書——リックテレコム、「図解 50代からのプログラミング」発刊へ
  7. 電子部品の制御を豊富な実例で解説——ソーテック社、「電子部品ごとの制御が学べる!Raspberry Pi 電子工作 実践講座 改訂第2版」発刊へ
  8. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」
  9. 機械学習の成否を左右する前処理を学ぶ——リックテレコム、「機械学習のための「前処理」入門」発刊
  10. 構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る