新しいものづくりがわかるメディア

RSS


100%アナログ方式での音作りにこだわったセミモジュラーシンセサイザー「RAVEN」

セミモジュラーアナログシンセサイザー「RAVEN」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

RAVENは、オーストリアの電子楽器メーカーbirdkidsが開発したユーロラック対応セミモジュラーシンセ。感情の奥深さやテクスチャーを表現するため、100%アナログ方式の音作りにこだわったといい、ワイドレンジデュアルVCO(オシレーター)、同社オリジナルのVCF(フィルター)モジュール「TheBateleur」、VCA(アンプ)出力×2(VCA「THAT2162 Blackmer」およびウェストコーストスタイルのフォトカプラVCA)などを搭載する。

RAVEN

入力は、1V/Oct(ピッチトラッキング)、各VCOにリニアFM/PWM(パルス幅変調)/SYNC、VCO間にはクロスフェーダーを搭載し、外部オーディオ信号、VCFカットオフ、VCF CV、VCFレゾナンス、VCA CVに対応。出力は、各VCO(ノコギリ波、三角波、パルス/矩形波)波形出力、ノイズ、VCF、クリーンアウト(リニアVCA THAT2162 Blackmer)、オプトアウト(フォトカプラVCA)に対応する。

RAVEN

また、各VCOの波形選択トグルやVCFモードスイッチのほか、コントロールつまみとして、PWポジション、PWM量、FM量、コースチューン、ファインチューン、クロスフェーダーポジション、外部オーディオ信号入力量、VCA CV量、VCFカットオフポジション、VCF CV量、VCFレゾナンスポジションを備えている。

RAVEN
RAVEN
RAVEN

RAVENは、本体のほか、ユーロラックモジュラー電源コネクター(16ピンフラットリボンケーブル)1本、3.5mmモノラルケーブル(CV/オーディオ)4本を同梱。本体パネル色はシルバーまたはブラックが用意されている。今なら数量限定の早割価格449ユーロ(約5万8000円)で入手できる。2019年10月の出荷を予定しており、日本への送料は25ユーロ(約3200円)だ。

RAVENは、2018年12月6日までクラウドファンディングを実施中。2018年11月28日時点で、3万8000ユーロ(約490万円)の目標額に対して約2万4000ユーロ(約300万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 自宅でコーヒー豆が焙煎できる——熱風式焙煎機「ホームロースター」
  2. Raspberry Pi Zeroでスマートホーム——コーディング不要のIoTプラットフォーム「Strawberry4Pi」
  3. DIP16ピンでArduino Zero互換——32bit「Atmel SAMD21」搭載の小型開発ボード「uChip」
  4. ファナック製CNCに対応した工作機械向けプロトコルコンバーター「FBR-100AN」
  5. 造形物にUVプリンターでダイレクト印刷——ミマキエンジニアリング、FFF方式3Dプリンター「3DFF-222」発売
  6. 3連メーターが男心をくすぐった東芝が送り出したモノラルラジカセ「TOSHIBA RADIO CASSETTE RECORDER RT-570F ACTAS-570」
  7. IoTシステムをDIY感覚で設計できる——6社共同オープンソースプロジェクト「Degu」発足
  8. ハイレゾ音源を再生できる——+Style、超小型IoTボード「SPRESENSE」シリーズを発売
  9. 独フラウンホーファーIWU、スクリュー押出式高速3Dプリンター「SEAM」を発表
  10. 重量わずか10g——鳥のように羽ばたいて飛ぶ小型ドローン「MetaFly」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る