新しいものづくりがわかるメディア

RSS


部屋に合わせて機能モジュールを交換できる——電球型スマートデバイス「stak(スタック)」

スマートフォンやタブレットから専用アプリを使い、家電製品の操作と設定ができる、 電球の形をしたモジュール拡張型のスマートデバイス「stak(スタック)」が、Makuakeに登場した。

photo

stakは、モジュール拡張型という構造により、部屋の特性に合わせて、スマートホーム化が簡単にできる点が最大のポイントだ。玄関では照明だけ、リビングではリモコンモジュールと組み合わせてエアコンの遠隔操作、寝室では発売予定のフレグランスモジュールと組み合わせて照明+フレグランスをコントロールできる。

photo

stakは電球ソケットから直接電力を供給するため、特別な配線は不要だ。stak本体と各種モジュールは4つのマグネットを内蔵し、簡単に取り外しができる構造で、取り付け工事も不要で、既存の白熱電球やLED電球と取り替えればよい。

photo

stak本体と自宅のWi-Fiを利用する遠隔操作、自宅などの位置を使った位置情報による操作、スマートスピーカーによる音声操作、設定した時間になると電源が入る予約機能、内蔵された超小型スピーカーによるアラーム、リモコン操作で使う赤外線学習などの機能を持つ。

photo

stak本体は、外径56×高さ66.5mm、75g、AC100V 50/60Hz、消費電力0.75W、Wi-FiはIEE802.11b/g/n、Bluetoothはv4.2、電波法の規格認証も受けている。リモコンモジュールは、外径56×高さ21mm、質量35g、消費電力0.8W、送信距離半径約6m。照明モジュールは、外径56×高さ50mm、質量60g、消費電力7.25W、電球の明るさは最大60W形相当とのことだ。

photo

stak本体は480円の月額制(サブスクリプションモデル)にて販売し、リモコンモジュール(売切り)は2500円、照明モジュール(売切り)は3500円。Makuakeでのリターンは、stak本体を17%オフの月額400円、照明モジュールを50%オフの1750円で提供するコースなどを用意する。

photo

Makuakeでのプロジェクトは2019年1月18日までで、11月27日時点で112万円以上を集めてプロジェクトを達成している。今後2019年2月14日に販売を開始し、以降虫除けモジュールやフレグランスモジュールなどの開発と発売を行うとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi Zeroでスマートホーム——コーディング不要のIoTプラットフォーム「Strawberry4Pi」
  2. 自宅でコーヒー豆が焙煎できる——熱風式焙煎機「ホームロースター」
  3. 3連メーターが男心をくすぐった東芝が送り出したモノラルラジカセ「TOSHIBA RADIO CASSETTE RECORDER RT-570F ACTAS-570」
  4. 20ジャンル以上のハンドメイド体験が楽しめる——ものづくり体験施設「MONOTORY」が横浜駅東口にオープン
  5. DIP16ピンでArduino Zero互換——32bit「Atmel SAMD21」搭載の小型開発ボード「uChip」
  6. ファナック製CNCに対応した工作機械向けプロトコルコンバーター「FBR-100AN」
  7. 機械学習で3Dプリントの精度を飛躍的に向上させる技術
  8. IoTシステムをDIY感覚で設計できる——6社共同オープンソースプロジェクト「Degu」発足
  9. ソニーの「SPRESENSE」に無線LANを追加——IDY、Wi-Fiアドオンボード「iS110B」発売
  10. ハイレゾ音源を再生できる——+Style、超小型IoTボード「SPRESENSE」シリーズを発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る