新しいものづくりがわかるメディア

RSS


4つの色で時間を表示するデザイン時計「Color Clock」

「サイコロの4」のようなデザインで、4つの窓から見える色の組み合わせで時間を表示する時計「Color Clock」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

Color Clockは、表示板の4カ所の窓から見える色の組み合わせで時間を表示するデザイン時計。上の2個が時、下の2個が分を表し、それぞれの色に割り当てられた数字(時/分)を合計することで現在の時間が分かる。

photo

それぞれの窓から見える色と対応する数字は、以下の通り:

  • 左上(レッド:0時、グリーン:4時、ブルー:8時、イエロー12時)
  • 右上(レッド:0時、グリーン:1時、ブルー:2時、イエロー3時)
  • 左下(レッド:0分、グリーン:20分、ブルー:40分)
  • 右下(レッド:0分、グリーン:5分、ブルー:10分、イエロー15分)
photo

表示板は厚み3mmの航空機グレードアルミニウム、本体は丈夫なバーチウッド製で、透明レジンのコーテイングで耐久性を高めている。アイキャッチなデザインだが、時間表示には慣れが必要だろう。

photo

掛け時計のサイズは370×370×32mmで、140×140×42mmの置時計「Micro Color Clock」も用意している。ステッピングモーターで駆動し、カラーのシフトはスムーズかつ静かに動くという。オプションで、英国時間と自動で同期する電波受信機能も搭載可能だ。

photo

側面には、パワー/電波受信ステータスを表示するLED2個と、手動で時間設定できるステンレス製ボタン2個を備える。電源供給は、USB-Cケーブルに対応する。

photo

Color Clockは、今なら数量限定の早割価格265ポンド(約3万7200円)で入手できる。Micro Color Clockは、数量限定の早割価格165ポンド(約2万3200円)で提供する。2019年12月の出荷を予定しており、日本への送料は20ポンド(約2810円)だ。

Color Clockは、8500ポンド(約119万円)を目標に2019年6月15日までクラウドファンディングを実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 3Dプリント造形物の表面を滑らかに——Slic3rに非平面造形機能を実装
  2. Arduinoで電子工作しよう——DIY電子工作キット「ThinkCrate」
  3. Raspberry Piで産業用IoT構築を可能にするエンクロージャー「Pi-oT」
  4. 好きなキャラクターと一緒に暮らせる——3Dキャラクター召喚装置「Gatebox」量産モデル発売日決定
  5. ほとんど水、カロリー4分の1の「バター」を開発——人工安定剤不要、タンパク質やビタミンの追加も可能
  6. Raspberry Pi 3A+対応の無停電電源ボード「Pi16340 Smart UPS HAT」
  7. THD+N 0.0003%を達成——CQ出版、「ゼロディストーション・パワーアンプ・キット」発売へ
  8. 武藤工業、産業向けDLP光造形方式3Dプリンター「ML-100」、「ML-80」発売
  9. レンズの球面収差をゼロに——収差を補正できる設計解を求める手法を発見
  10. 脳細胞をスマートフォンで制御する装置を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る