新しいものづくりがわかるメディア

RSS


micro:bitでドローンを作ってみよう——クワッドコプター組み立てキット「Air:bit」

英BBCが開発した教育用マイコンボード「micro:bit」でドローンを作れる組み立てキット「Air:bit」がKickstarterに登場し、わずか1日で目標額に達するほど人気を博している。

Air:bit

Air:bitは、4つのプロペラを持つクワッドコプターが作れる組み立てキット。「basic kit」は、モータードライバーボード、DCコアレスモーター×4、プロペラ×8(予備を含む)、リチウムポリマー電池、合板製フレームなど、組み立てに必要な全てのパーツを含んでいる。ただし、basic kitにmicro:bitは含まれないので、micro:bitを別途入手する必要がある。

Air:bit

完成したドローンの大きさは110×120×30mmで、離陸重量は約90g。最大飛行時間は7分で、飛行距離は50~100メートルだ。飛行高度は最高50メートルを推奨している。

Air:bit

ドローン本体に組み込んだmicro:bitは、フライトコントロールのほか、リモートコントローラーとのBluetooth通信や加速度検出なども行う。プログラミングはMicrosoft MakeCodeのほかPythonなどで行える。

Air:bitのbasic kitにはmicro:bitをリモートコントローラーにするためのリモートコントロールプレートが同梱されており、micro:bitを使ってドローンのヨー(回転)、ピッチ(前後)、ロール(左右)、スロットル(上下)を操作できる。micro:bitの代わりに、スマートフォン用アプリでリモートコントロールすることも可能だ。

Air:bit
Air:bit

Air:bitの早期割引価格は、フレームとmicro:bitを含まないパッケージが808ノルウェークローネ(約9500円)で、basic kitにmicro:bitを含むパッケージが1180ノルウェークローネ(約1万4000円)。フレームなしのパッケージを選択した場合、フレームは3Dプリンターやレーザーカッターで自作する必要がある。出荷は2020年3月の予定で、日本への送料は85ノルウェークローネ(約1000円)だ。

この他に、クラスルーム向けやクリスマス用などさまざまなパッケージが用意されており、ニーズに合わせて選択することができる。

Air:bitは12万ノルウェークローネ(約140万円)を目標に、2019年10月12日までクラウドファンディングを実施するが、2019年10月7日時点で目標額の2倍近い約22万ノルウェークローネ(約260万円)を既に集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IBMチューリッヒ研究所、LEGOとArduinoとRaspberry Piを使って総額300ドルの顕微鏡を作製
  2. 楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」誕生
  3. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  4. 8GBメモリを搭載——スイッチサイエンス、「Raspberry Pi 4 Model B/8GB」を発売
  5. 町工場の声から生まれたAI——製造業を支えるスタートアップを目指すロビット
  6. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  7. 3Dプリンター製フェイスシールドが証明したメイカームーブメントの果実
  8. 高強度鋼構造部品をSLM方式で3Dプリントする手法を開発
  9. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  10. 入館時に体温を自動チェックできる——スペクトラム・テクノロジー、「体温検知キット」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る