新しいものづくりがわかるメディア

RSS


4×4×4 RGBカラーLEDを使った立体4目並べ——3Dボードゲーム「4Play」

3Dの4目並べボード「4Play」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

4Playは、4×4×4の合計64個のRGBカラーLEDを使い、立体的に4目並べゲームを楽しめるボード。対人戦に加え、対CPU戦やiOS対応アプリ経由のオンライン対戦もできる。

開発者によると、立体4目並べは4枚の4×4格子を書いた紙やコンピューターでもプレイできるが、視覚的に遊び方を覚えるのが難しく、ゲームのビジュアルとして3D化が不可欠だとして、4Playを開発したという。

photo

4個のLEDを搭載したボードを16本使い、ボードのベースをMicro SDコネクターに接続して組み立てるシンプルな構造になっている。故障しても部品の交換で対処でき、全体は丈夫な透明ABS樹脂製カバーで覆われている。

photo

ボタンを押して電源を入れ、カラーのメニューからプレーモードや設定を選択できる。グリーンは対人戦、イエローは対CPU戦、ブルーはアプリと接続しオンライン対戦、レッドはスリープモードだ。

上面には各列にレスポンシブクリックボタンが付いており、ボタンを押してLEDの点灯場所を変え、長押しで決定する。CPU戦は 7段階で難易度を変えられる。勝負が決まったら、勝者の色のLEDすべてが点灯する。電源として、単三電池×4を使う。

photo

4Playは、今なら数量限定の早割価格90ドル(約9700円)で入手できる。2019年12月の出荷を予定しているが、今のところアメリカ国内のみ対応する。

4Playは、2019年10月29日までクラウドファンディングを実施中。10月23日時点で、6万4000ドル(約686万円)の目標額に対して約1万6000ドル(約173万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  4. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  5. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  6. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  10. 第11回 抵抗? コンデンサー? IC? ラズパイで扱う電子パーツについて教えて!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る