新しいものづくりがわかるメディア

RSS


締結部の応力状態がわかる——NejiLaw、IoTネジ「smartNeji」をカシオと共同開発

NejiLawがカシオ計算機と共同で、耐衝撃構造を持つIoTネジ「smartNeji」を開発した。

photo

smartNejiは、NejiLawの精密応力センサー化技術を使った緩まないネジに、「G-SHOCK」の製造で培われたカシオ計算機の耐衝撃、耐振動性および低消費電力の技術を搭載。従来のネジと同等レベルの堅牢性を持つマルチセンシング型のIoTネジだ。

ネジ自体をマルチセンサー化したことで、締結作業中の状態確認や締結部の応力などを無線で収集でき、さらにそれらを解析することで、構造体全体の応力状態の把握が可能になる。

また今回同時に、smartNejiを活用した工場やプラント、発電所や送電網、鉄道網や自転車、ロケット、ロボット、航空機などの構造体の健全性を可視化するAIシステム「God Eyes」を開発することも発表した。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  6. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  10. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る