新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Nordic Semiconductor、デュアルArm Cortex-M33プロセッサ搭載のIoT向け無線SoC「nRF5340」を発表

Nordic Semiconductorは、次世代nRF5シリーズSoCの最初の製品、ハイエンドのマルチプロトコルSystem-on-Chip(SoC)「nRF5340」を発表した。

nRF5340の特徴は、デュアルArm Cortex-M33プロセッサをベースとしていることだ。1MB Flashと512KB RAM搭載のアプリケーションプロセッサは最大128MHz(510CoreMark)で動作し、256KB Flashと64KB RAM搭載のプログラマブルな超低消費電力のネットワークプロセッサは64MHz(238CoreMark)で動作する。

同社のnRF51およびnRF52シリーズのマルチプロトコルSoCをベースとし、セキュリティ機能を搭載したフレキシブルなデュアルプロセッサのハードウェアアーキテクチャを新たに導入している。Bluetooth 5.1、Bluetooth Low Energy(Bluetooth LE)、Bluetooth mesh、Thread、ZigBeeなどの主要なRFプロトコルをサポートしている。

一般的なインターネット暗号化規格をハードウェアアクセラレーションとするArm CryptoCell-312、シングルコア上にセキュアおよび非セキュアなコード実行エリアを作成するArm TrustZoneテクノロジー、Secure Key Storageを組み込み、統合されたセキュリティ機能により、悪意のある攻撃から保護しつつ、セキュアなファームウェアアップデートを実現するとしている。

マルチプロトコルの2.4GHz無線を組み込み、TX電流が3.2mA、RX電流が2.6mA、スリープ電流は1.1μA。供給電圧は1.7~5.5V、充電式バッテリーやUSBから電源供給が可能だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi公式ディスプレイとカメラを一体型ケースに——Raspberry Pi用ケース「SmartiPi Touch Pro」
  2. 数学的概念を自動的に図式化するツールを開発 カーネギーメロン大
  3. プリント後に造形物の形を変えられる3Dプリント方法を開発 米ライス大
  4. 電子回路とコーディングを学ぶ——学校教育向けSTEM学習キット「DuinoKit」
  5. 4000℃以上に耐えるセラミック耐熱材料を開発——航空宇宙分野での活用が期待
  6. 500dpiの精細な刻印——厚さ6cmのスリムなレーザー加工機「Cubiio 2」
  7. 【会社員2540人のテレワーク実態調査】製造業系エンジニアの51.5%、IT系エンジニアの75.7%がテレワークで在宅勤務。人気ツールは「Microsoft Teams」と「Zoom」
  8. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  9. 世界最速の電動式モノホイールを大学生が開発——ギネス世界記録に挑戦
  10. 低価格で人気のあったホビー向け8ビットパソコン「KAWAI MSX2 PERSONAL COMPUTER KMC-5000」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る