新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ソレノイドを使ったおもしろ作品を募集——タカハ機工、「第7回ソレコン」開催

ソレノイドメーカーのタカハ機工は、ソレノイドを使って、今までにない発想の発明品を募集するコンテンスト「第7回ソレコン」を開催、2020年1月10日に募集開始する。

photo 第6回ソレコン大賞 「おならボール」

今回で7回目となる同コンテストへの応募は、タカハソレノイドを使うこと、作品は外形寸法が概ね各面50cm以内で、何度動かしても壊れないつくりであることが条件だ。作品の写真や動画を添えて、タカハ機工ホームページの応募フォームから応募できる。

photo 第6回イグソレコン賞 「HazzzaM(はっさむ)」

各賞および副賞は、ソレコン大賞×1作品(賞金10万円、ソレノイドギフト券5万円分)、技術賞×1作品(賞金5万円、ソレノイドギフト券3万円分)、いいね!賞 ×3作品(賞金3万円、ソレノイドギフト券2万円分)、イグソレコン賞×1作品(賞金2万円、ソレノイドギフト券1万円分)となっている。

審査員は、審査員長が明和電機代表取締役社長の土佐信道氏、特別審査員が理工系漫画家でミルノプロ代表取締役の見ル野栄司氏で、その他にタカハ機工の社内審査員が加わる。

作品募集期間が2020年1月10日~同年2月14日で、結果発表は同年2月下旬を予定している。

photo 5V基板付きソレノイド
photo マルチコントローラーA
photo マルチコントローラーUSB

なお同社ではソレコン初心者向けに、スマートフォンバッテリーにつないで動かせる「スイッチ付き5Vソレノイド」と、ソレノイドを4個まで動かせるソレノイド用制御基板を2019年11月26日に発売する。タカハネットショップやAmazonから購入可能とのことだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi公式ディスプレイとカメラを一体型ケースに——Raspberry Pi用ケース「SmartiPi Touch Pro」
  2. 数学的概念を自動的に図式化するツールを開発 カーネギーメロン大
  3. プリント後に造形物の形を変えられる3Dプリント方法を開発 米ライス大
  4. 電子回路とコーディングを学ぶ——学校教育向けSTEM学習キット「DuinoKit」
  5. 4000℃以上に耐えるセラミック耐熱材料を開発——航空宇宙分野での活用が期待
  6. 500dpiの精細な刻印——厚さ6cmのスリムなレーザー加工機「Cubiio 2」
  7. 【会社員2540人のテレワーク実態調査】製造業系エンジニアの51.5%、IT系エンジニアの75.7%がテレワークで在宅勤務。人気ツールは「Microsoft Teams」と「Zoom」
  8. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  9. 世界最速の電動式モノホイールを大学生が開発——ギネス世界記録に挑戦
  10. 低価格で人気のあったホビー向け8ビットパソコン「KAWAI MSX2 PERSONAL COMPUTER KMC-5000」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る