新しいものづくりがわかるメディア

RSS


リアルな人型ロボット「Android Robo-C」の大量生産を開始

ロシアの自律型サービスロボットメーカーのPromobotが、まるで人間のようにみえる人型ロボット「Android Robo-C」の大量生産を開始した。顔面は誰にでも似せることができ、同社はこれを世界初の人型アンドロイドだと主張している。

Android Robo-Cは、人間の形をしたロボットだ。顔面をコピーし、目、眉、唇などの「表情筋」を動かすことができる。また会話も、質問に答えることもできる。同社によると、600以上の表情がデザイン可能で、人工皮膚も独自のものだ。

さらに、特定の人の話し方に基づいた言語モデルも構築できる。Android Robo-Cは、モデルとなった人がよく使う表現を分析し、それを模倣したコミュニケーションが可能だとしている。

同社は、人型ロボットが人間と機械の交流における壁を取り除き、郵便局や銀行、地方自治体の施設などで、従業員をロボットに換えることができると考えている。

同社は今回のAndroid Robo-Cの発売によって、サービス、教育、エンターテイメントにおける巨大な市場を開くとしている。すでにいくつかの個人的な注文を受けており、カスタマーサービス用のロボットの購入に関心のある企業とも交渉中という。コンパニオンやパーソナルアシスタントとして、スマートホームシステムを制御する個人用途向けロボットの製造も計画しているとのことだ。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi公式ディスプレイとカメラを一体型ケースに——Raspberry Pi用ケース「SmartiPi Touch Pro」
  2. 数学的概念を自動的に図式化するツールを開発 カーネギーメロン大
  3. プリント後に造形物の形を変えられる3Dプリント方法を開発 米ライス大
  4. 電子回路とコーディングを学ぶ——学校教育向けSTEM学習キット「DuinoKit」
  5. 4000℃以上に耐えるセラミック耐熱材料を開発——航空宇宙分野での活用が期待
  6. 500dpiの精細な刻印——厚さ6cmのスリムなレーザー加工機「Cubiio 2」
  7. 【会社員2540人のテレワーク実態調査】製造業系エンジニアの51.5%、IT系エンジニアの75.7%がテレワークで在宅勤務。人気ツールは「Microsoft Teams」と「Zoom」
  8. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  9. 世界最速の電動式モノホイールを大学生が開発——ギネス世界記録に挑戦
  10. 低価格で人気のあったホビー向け8ビットパソコン「KAWAI MSX2 PERSONAL COMPUTER KMC-5000」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る