新しいものづくりがわかるメディア

RSS


DMM.make AKIBAが開設5周年——自治体や企業との連携を強化、エコシステム構築を目指す

東京・秋葉原にある総合型ものづくり施設DMM.make AKIBA(以下AKIBA)は、2019年11月11日にオープン5周年を迎え、11月28日にプレス向け記念イベントが開催された。

photo DMM.make AKIBA事業部事業部⻑ ⼤沼慶祐氏

新たなステージへの変⾰という意味合いも込めた「THE SHIFT(ザ・シフト)」をテーマとするイベントでは、AKIBA関係者による発表やAKIBAに⼊居するスタートアップによるピッチなどが行われた。

AKIBA開設以降の5年間の振り返りと今後の展望として、同事業部事業部⻑の⼤沼慶祐氏が登壇、「DMM.make AKIBA 成功・失敗と今後の展望」として発表した。

現在AKIBAで活動する企業は450社、そのうちの150社はスタートアップだ。大沼氏は、大企業とスタートアップが共存しているAKIBAの特徴に触れ、AKIBAが大企業とスタートアップのマッチングに注力している点を強調した。

photo

そして今後に向けた新たな取り組みとして、「エリアパートナー制度」を紹介。これはAKIBAが培ってきたノウハウを、企業誘致、事業創出に動いている自治体などに、基本的に無償で提供するというものだ。これにより、経験の浅い自治体でも、AKIBAとのパートナーによるブランディング、育成するスタートアップのピッチイベントへの参加、販路開拓やPRの支援など、基本無料でサポートを受けることができる。

これに関連して、AKIBAは川崎市とスタートアップ領域で連携を開始することを席上で発表した。川崎市は、約7000平方メートルと首都圏で最大規模のインキュベーション拠点である、かわさき新産業創造センター(KBIC)を整備するなど、ベンチャー企業や企業の新分野進出を積極的に支援している。

また、AKIBA 5周年を記念して、AKIBAに入居するスタートアップによるピッチと展示が行われた。

photo PyreneeのAIアシスタント「Pyrenee Drive(ピレニードライブ)」。自動車のダッシュボード上に設置し、ステレオカメラとディープラーニングにより前方の車両や歩行者などを認識、ドライバーに危険の警報を出してくれる。インカメラによるわき見運転監視機能もある。
photo ユカイ工学のクッション型セラピーロボット「Qoobo(クーボ)」。背中を撫でるとシッポがピッピッと動くが、特定の動物の頭部が付いていないためか、想像力も刺激される。妙に気になる癒し系クッションだ。
photo Bisu(ビースー)のパーソナルヘルスアドバイザー「Bisu Body Coarch」。スマートフォンと連携するIoT尿検査キットで、尿中の電解質やケトン体、pH、尿酸値などを測定して健康状態を見える化、食事改善などをアドバイスしてくれる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昭和のオーディオ界が激震した究極のアナログテープメディア「TDK MA-R」「TDK MA-XG Fermo」「SONY Metal Master」「Maxell Metal Vertex」
  2. CQ出版、「ラズパイ×ArduinoでI/O! LabVIEWコンピュータプログラム集」を刊行
  3. Raspberry Piで電子工作を楽しもう——ソーテック社、「これ1冊でできる!ラズベリー・パイ 超入門 改訂第6版」発刊
  4. 枝豆の選別とキュウリの等級判別でディープラーニング開発を体験——CQ出版が「IT農家のラズパイ製ディープ・ラーニング・カメラ」を刊行
  5. CQ出版、「ラズパイで作る ブロックチェーン暗号コンピュータ」を刊行
  6. 新しい金属3Dプリント手法を開発——超音波で合金を強化
  7. サンワサプライ、トルク調整機能付ペン型電動精密ドライバー「800-TK045」発売
  8. エレクトロニクスの「回路観」を身につける——オライリー・ジャパン、エレクトロニクスの入門書「Make: Electronics 第2版」発刊
  9. 太陽光で二酸化炭素をクリーンな燃料に変える——人工光合成向けの触媒を開発
  10. トップデザイナーの脳内覗いてみちゃう??——「㊙展 めったに見られないデザイナー達の原画」(六本木)

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る