新しいものづくりがわかるメディア

RSS


コンクリート床面のひび割れを自動検査——イクシス、「自律走行式ひび割れ検査ロボット」を開発

イクシスは安藤ハザマと共同で、大空間構造物の床面ひび割れ検査を効率化する「自律走行式ひび割れ検査ロボット」を開発した。

大空間構造物の床面コンクリートのひび割れに対しては、竣工時や引き渡しの一定期間後に検査が必要になる。同検査は従来、検査員が近接目視で実測して結果を写真やスケッチで記録することが必要なため、多くの時間を要していた。また、これまで開発されていた画像認識によるひび割れ検出技術では、人手による画像取得作業が必要だったり、画像データが重いために、ひび割れ検出や記録書類作成に時間がかかるという課題があった。

今回共同開発した自律走行式ひび割れ検査ロボットは、走行台車型の検査ロボットが検査対象の床面を自動走行し一定間隔で自動撮影する。同時に撮影画像からAIがひび割れを検出。その結果を自動的に図面上に表示させるものだ。

幅0.1mm以上のひび割れを0.1mm単位で検出でき、検出したひび割れはCAD図面上に幅ごとに色分けして表示する。撮影装置を遮光カバーで覆い、カメラと床面の距離や角度、またフラッシュライトによって光量も一定に保たれるために、画像条件が一定となり高精度でひび割れ検出ができる。

SLAM(Simultaneous Localization and Mapping)技術による自動走行によって、障害物を回避しながら1500m2の床面を約6時間で検査。撮影画像は無線LANによってPCに随時転送してひび割れ検出をタイムリーに実施するので、走行後にすぐに検査結果を図面にプロットして記録書類を作成できる。

実機試験にて検出したひび割れ箇所と、近接目視で実測したひび割れ箇所とを比較し、0.1mm以上のひび割れ箇所について適合率が90%以上になることを確認済だ。

同社では今後さらなる改良を加えながらさまざまな大空間構造物の工事現場に同検査ロボットを導入し、検査業務の効率化を図るとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  3. 組み立てて動かせる──ステンレス製組み立てキット「Metal Time」(4種類)
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  6. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  7. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. チャンバー内温度270°——QUALUP SAS、マルチマテリアル対応高温3Dプリンター「Qu3 HT」発表
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る