新しいものづくりがわかるメディア

RSS


メタマテリアルを活用した設計アルゴリズム「DFM」を開発するNature Architectsが、シリーズAラウンドで総額3.25億円を資金調達

Direct Functional Modelingにより一体造形されたプロダクト例

Nature Architectsは2020年5月29日、シリーズAラウンドとして、FFGベンチャービジネスパートナーズ、DRONE FUND、小橋工業、ダイキン工業を引受先とする合計3.25億円の第三者割当増資を実施したと発表した。

同社が開発した設計アルゴリズム「DFM」(Direct Functional Modeling)とは、メタマテリアル(ハニカム構造など、人工的な構造によって素材を超える特性を付与されたもの)を活用する、従来のものづくりとは根本的に異なる製品設計を可能にするアルゴリズムだ。

従来のものづくりでは、ボルトやフレームヒンジなどの「硬い」部品を組み立てて製品設計をする。一方、DFMは各パーツの「硬さ」を計算し、それを達成できるメタマテリアルを生成、割り当て可能にする設計アルゴリズムを採用しており、メタマテリアルを上手に活用できれば、部品ごとの硬さ(軟らかさ)を制御可能とする。

硬い部材への振動吸収機能付与など、新しい機能をパーツに付加したり、フレームや稼働部など部位ごとに必要とされるさまざまな機能を、部品に分けずに一体で設計/製造したりできる。

同社は今回の資金調達により、DFMに関する社内の開発体制を拡充するとともに、DFMが活用可能な新規プロダクトの発掘/共同開発を推進する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piで家電最大8台をコントロールできるリレー拡張ボード「PiRelay 8」
  2. Motorola、充電パッド不要のスマートフォンを開発へ
  3. スイッチサイエンスが「Maker Pi RP2040」を発売
  4. ロボットを自律走行化する——360°センシング可能なLiDARセンサー「LD-AIR LiDAR」
  5. グラフェンと異なる、新たな2Dカーボン構造を発見
  6. サイズわずか18×32mm——Mouser Electronics、ESP32搭載無線通信モジュール「TinyPICO」発売
  7. 「M5StickC」で電子工作を学ぶ「はじめての『M5StickC』」発刊
  8. Excel方眼紙とM5Stackで文系サラリーマンがドット絵ゲームを自作する
  9. 「中国の人工太陽」がプラズマ温度と持続時間で世界新記録——核融合発電の重要なマイルストーン
  10. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る