新しいものづくりがわかるメディア

RSS


メタマテリアルを活用した設計アルゴリズム「DFM」を開発するNature Architectsが、シリーズAラウンドで総額3.25億円を資金調達

Direct Functional Modelingにより一体造形されたプロダクト例

Nature Architectsは2020年5月29日、シリーズAラウンドとして、FFGベンチャービジネスパートナーズ、DRONE FUND、小橋工業、ダイキン工業を引受先とする合計3.25億円の第三者割当増資を実施したと発表した。

同社が開発した設計アルゴリズム「DFM」(Direct Functional Modeling)とは、メタマテリアル(ハニカム構造など、人工的な構造によって素材を超える特性を付与されたもの)を活用する、従来のものづくりとは根本的に異なる製品設計を可能にするアルゴリズムだ。

従来のものづくりでは、ボルトやフレームヒンジなどの「硬い」部品を組み立てて製品設計をする。一方、DFMは各パーツの「硬さ」を計算し、それを達成できるメタマテリアルを生成、割り当て可能にする設計アルゴリズムを採用しており、メタマテリアルを上手に活用できれば、部品ごとの硬さ(軟らかさ)を制御可能とする。

硬い部材への振動吸収機能付与など、新しい機能をパーツに付加したり、フレームや稼働部など部位ごとに必要とされるさまざまな機能を、部品に分けずに一体で設計/製造したりできる。

同社は今回の資金調達により、DFMに関する社内の開発体制を拡充するとともに、DFMが活用可能な新規プロダクトの発掘/共同開発を推進する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 20万台のマイコンボードを配布したタイ政府と、プログラミング教育のジレンマ
  2. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  3. スイッチサイエンス、「ATOM Echo - スマートスピーカー開発キット」を販売開始
  4. バッグパックに収納できる電動バイク——東大、空気で膨らませて使うパーソナルモビリティを開発中
  5. 着るだけで体温や心拍を測定——洗濯機で洗えるスマート衣類「E-TeCS」
  6. 日本3Dプリンター、「Raise3D」シリーズの最新モデル「Raise3D E2」発売
  7. ゴミ袋を自動で交換するゴミ箱——カートリッジ式スマートゴミ箱「townew」
  8. 分解は設計者との対話 楽しい分解のための5つのTips
  9. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  10. 3Dプリンター製フェイスシールドが証明したメイカームーブメントの果実

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る