新しいものづくりがわかるメディア

RSS


メタマテリアルを活用した設計アルゴリズム「DFM」を開発するNature Architectsが、シリーズAラウンドで総額3.25億円を資金調達

Direct Functional Modelingにより一体造形されたプロダクト例

Nature Architectsは2020年5月29日、シリーズAラウンドとして、FFGベンチャービジネスパートナーズ、DRONE FUND、小橋工業、ダイキン工業を引受先とする合計3.25億円の第三者割当増資を実施したと発表した。

同社が開発した設計アルゴリズム「DFM」(Direct Functional Modeling)とは、メタマテリアル(ハニカム構造など、人工的な構造によって素材を超える特性を付与されたもの)を活用する、従来のものづくりとは根本的に異なる製品設計を可能にするアルゴリズムだ。

従来のものづくりでは、ボルトやフレームヒンジなどの「硬い」部品を組み立てて製品設計をする。一方、DFMは各パーツの「硬さ」を計算し、それを達成できるメタマテリアルを生成、割り当て可能にする設計アルゴリズムを採用しており、メタマテリアルを上手に活用できれば、部品ごとの硬さ(軟らかさ)を制御可能とする。

硬い部材への振動吸収機能付与など、新しい機能をパーツに付加したり、フレームや稼働部など部位ごとに必要とされるさまざまな機能を、部品に分けずに一体で設計/製造したりできる。

同社は今回の資金調達により、DFMに関する社内の開発体制を拡充するとともに、DFMが活用可能な新規プロダクトの発掘/共同開発を推進する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  7. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 工学社が書籍「『Raspberry Pi』から広がる電子工作の世界」を発売
  10. 柔軟な構造の分散型波力発電装置が特許を取得——風に揺れる建物や自動車が走行する道路などからも発電できる可能性

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る