新しいものづくりがわかるメディア

RSS


京セラと東京医科歯科大学、より効果的なリモートリハビリテーションの実現に向けた「ウェアラブルシステム」の臨床研究の準備を開始

京セラと国立大学法人 東京医科歯科大学は、医師が患者のバイタルデータを取得できるヘッドセット型ウェアラブルシステムを同大学循環器内科と共同で研究し、2020年5月中旬より臨床研究の準備を開始した。

現在、東京医科歯科大学医学部附属病院のリハビリテーション部では、新型コロナウイルスの重症患者に対しては直接介入によるリハビリテーション治療を、自立歩行可能まで回復した中等症患者にはリモートリハビリテーションを導入し、患者の早期回復を目指してきた。

こうしたリハビリテーション治療に対し、同病院の循環器内科が遠隔診療などへの活用を視野に、京セラと共同研究中のウェアラブルシステムをリモートリハビリテーションに取り入れることを発案した。

医師にとっては、リハビリテーション治療中に患者と会話しながら、運動中の血中酸素飽和度(SpO2)などのバイタルデータをリアルタイムに取得できるため、データを見ながら適切な運動量の指導が可能となり、より正確な診断の実施や診療時間の短縮につなげられる。

また患者にとっては、本システムを装着することにより骨伝導で音が聞こえるため、周辺の音を聞くことができるほか、ヘッドセット型のためリハビリテーション治療中も自由に手足を動かせる。今後ヘッドセットを小型化することで、自宅などで療養中の患者に活用できれば、適時、医師が遠隔から患者のバイタルデータをモニターすることも可能だ。

京セラと東京医科歯科大学は今回の試験運用を継続して実施し、遠隔診療やリモートリハビリテーションの有効性などを検証した上で、他の疾患にも展開できるよう検討を進める。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 20万台のマイコンボードを配布したタイ政府と、プログラミング教育のジレンマ
  2. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  3. スイッチサイエンス、「ATOM Echo - スマートスピーカー開発キット」を販売開始
  4. バッグパックに収納できる電動バイク——東大、空気で膨らませて使うパーソナルモビリティを開発中
  5. 着るだけで体温や心拍を測定——洗濯機で洗えるスマート衣類「E-TeCS」
  6. 日本3Dプリンター、「Raise3D」シリーズの最新モデル「Raise3D E2」発売
  7. ゴミ袋を自動で交換するゴミ箱——カートリッジ式スマートゴミ箱「townew」
  8. 分解は設計者との対話 楽しい分解のための5つのTips
  9. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  10. 3Dプリンター製フェイスシールドが証明したメイカームーブメントの果実

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る