新しいものづくりがわかるメディア

RSS


愛知県主導のアクセラレータープログラム「Aichi Open innovation Accelerator」がスタートアップ募集を開始

アクセラレータープログラム「Aichi Open innovation Accelerator」の応募受付が2020年9月11日から開始した。

同プログラムは、新しい価値を創造する主体としてIoTやAIなどの技術を有するスタートアップを愛知県内外から募集する。10社程度の選定を予定しており、選定企業には約5カ月間にわたり、著名起業家などのメンターや研修プログラムによる短期集中支援、オープンイノベーションパートナーおよび事業サポーターなどとのマッチングにつなげる機会と場を提供する。

メンタリングは毎月1回を目安に実施し、事業推進の支援や事業提携先のマッチング、協業推進の支援、資金調達のアドバイスなどを行う。また、必要な知識/理論を実践レベルで体得できる研修プログラムも用意しており、チームビルディング、法務(知財)、ファイナンス、マーケティング、プレゼンテーションなど、テーマ別にレクチャーする。

このほかにも、選定企業は愛知のFMラジオ局「ZIP-FM」のナビゲーター、プロデューサーからピッチにおける話し方のレクチャーを受けられる権利や、実証実験/PoC/資金相談などの機会、オープンキャンパス「なごのキャンパス」の無償提供などを受けられる。

応募対象となる企業はIoT、AIなどの技術を活用したビジネスモデルの創出や技術革新を目指す事業の実施を予定する創業5年未満の企業、もしくは支援対象となる事業を開始してから5年未満のスタートアップだ。愛知県内に本社または拠点を有する企業だけでなく、愛知県内企業との連携を検討している、または県の地域課題解決につながるビジネスを検討していることが応募の条件となる。

プログラムへの参加費は無料で、エントリーフォームから申し込める。エントリーの受付期限は10月13日。オンラインによるスタートスタートアップ募集説明会や面談審査、書類審査を経て、11月からメンタリングや研修プログラム、交流会などが開催される。翌2021年3月上旬にデモデイを開催予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  2. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  3. 3Dプリンター製液体ロケットエンジン「E-2」が試験燃焼でフル推力を達成
  4. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  5. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  6. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  7. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  8. 電気を使わずビニールテープ製フライホイールで動く8脚ロボット、発進!
  9. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」
  10. APPLE TREE、高さ600mmまで造形可能な大型FFF方式3Dプリンター「Guider 3 Plus」を公開

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る