新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piでカーナビを動かす——Apple CarPlay対応プラグイン作成プロジェクト

Raspberry Piでカーナビを実現するApple CarPlay対応プラグイン作成プロジェクトがKickstarterに登場し、出資を募っている。ポーランドのスタートアップBlueWaveによるプロジェクトで、同社はすでにAndroid Auto対応ソフトウェア「OpenAuto Pro」を開発、販売している。

photo

OpenAuto Proは、Raspberry Piでカーナビ機能などを備えた車載器を自作するためのスマートソフトウェア。Bluetoothハンズフリー通話、カスタムOBDゲージのディスプレイ、音楽プレーヤーなどが利用でき、同ソフト向けのApple CarPlay対応プラグイン作成のための資金を募っている。

photo

現時点でOpenAuto ProはAndroid Autoに対応しており、ユーザーは用途に応じてカスタマイズが可能。通常のRaspberry Pi OSで動作するため、他のタスクも同時に実行できるのが大きな利点だ。

photo

車載器の自作には、Raspberry Pi 4、タッチスクリーン、SDカード、電源ケーブル、外付けサウンドカード/Bluetoothが必要。設定済みのRaspberry Pi OSとソフトウェアが書き込まれたSDカードをRaspberry Piに装着し、iOS/Android端末とBluetooth接続してヘッドユニットシステムを構築する。Apple CarPlayをワイヤレス動かすには、Carlinkit用USBアダプターの追加が必要だ。

Apple CarPlay対応プラグインのみは35ズウォティ(約1000円)で、OpenAuto Pro込みだと140ズウォティ(約4000円)で提供する。提供開始は2021年4月になる予定。12万7600ズウォティ(約363万円)の調達を目標に、2021年3月22日までクラウドファンディングを実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. Raspberry Piと3Dプリンターで自分好みのデジカメを作ろう——レンズ交換式カメラ「PIKON Camera」
  4. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  5. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  6. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  7. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. 第9回 ラズパイでWindowsとやり取りするにはどうしたらいいですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る