新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piでカーナビを動かす——Apple CarPlay対応プラグイン作成プロジェクト

Raspberry Piでカーナビを実現するApple CarPlay対応プラグイン作成プロジェクトがKickstarterに登場し、出資を募っている。ポーランドのスタートアップBlueWaveによるプロジェクトで、同社はすでにAndroid Auto対応ソフトウェア「OpenAuto Pro」を開発、販売している。

photo

OpenAuto Proは、Raspberry Piでカーナビ機能などを備えた車載器を自作するためのスマートソフトウェア。Bluetoothハンズフリー通話、カスタムOBDゲージのディスプレイ、音楽プレーヤーなどが利用でき、同ソフト向けのApple CarPlay対応プラグイン作成のための資金を募っている。

photo

現時点でOpenAuto ProはAndroid Autoに対応しており、ユーザーは用途に応じてカスタマイズが可能。通常のRaspberry Pi OSで動作するため、他のタスクも同時に実行できるのが大きな利点だ。

photo

車載器の自作には、Raspberry Pi 4、タッチスクリーン、SDカード、電源ケーブル、外付けサウンドカード/Bluetoothが必要。設定済みのRaspberry Pi OSとソフトウェアが書き込まれたSDカードをRaspberry Piに装着し、iOS/Android端末とBluetooth接続してヘッドユニットシステムを構築する。Apple CarPlayをワイヤレス動かすには、Carlinkit用USBアダプターの追加が必要だ。

Apple CarPlay対応プラグインのみは35ズウォティ(約1000円)で、OpenAuto Pro込みだと140ズウォティ(約4000円)で提供する。提供開始は2021年4月になる予定。12万7600ズウォティ(約363万円)の調達を目標に、2021年3月22日までクラウドファンディングを実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. TIがPythonを搭載した関数電卓「TI-84 Plus CE Python」を発売
  2. 自称Mac信者の友人を自作キーボード沼に沈めたい
  3. ラズパイでレトロ家電をIoT化——Raspberry Pi Zeroで制御する「Teasmade 2.0」
  4. YouTubeで段ボール製ライフルの作り方を公開
  5. Raspberry Piで空気質モニター——PMセンサーボード「Pico Air Monitoring Expansion」
  6. スイッチサイエンス、触感デバイス開発/体感モジュール「hapStak」発売
  7. UCLAの研究者がガラスを金属のように強靭にする理論を発表——耐破壊性の世界記録を樹立
  8. 廃熱を電気エネルギーに変換する高効率熱電材料を開発
  9. スイッチサイエンスが「reTerminal - 5インチタッチスクリーン付き Raspberry Pi CM4搭載デバイス」を発売
  10. Raspberry Piで動かす小型ローバー——アクションカメラを搭載して進化する「Zippy」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る