新しいものづくりがわかるメディア

RSS


光環境を整えて赤ちゃんの寝かしつけをサポートするスマートベッドライト「ainenne」

光環境を整えることで、赤ちゃんの寝かしつけに悩むパパとママをサポートするスマートベッドライト「ainenne」が、クラウドファンディングサイトのMakuakeで注目を集めている。

ainenneは、LEDライトの光を活用した目覚まし機能を搭載したベッドライトだ。設定時間5分前から徐々にLEDライトが明るくなり、一定時間が経過すると最大限に明るくなる仕組みで、光の刺激により赤ちゃんの生活リズムを整える。

また、AIで赤ちゃんの寝かしつけ記録を学習し、推奨起床時間を表示する機能のほか、赤ちゃんの泣き声を解析し、ボタンを押すと泣いている理由を推測する機能も搭載した。赤ちゃんを寝かしつけたいタイミングでホワイトノイズを再生する機能も備えている。

目覚ましのときに利用する目覚まし灯のほかにも、赤ちゃんの寝かしつけのときに利用するために、ブルーライトをカットした夜間灯も用意。夜間にブルーライトを浴びると生活リズムが乱れることから、夜間灯を使用した上での読み聞かせや授乳、オムツ交換などを推奨している。

本体サイズは約140×138×152mm、重量は約700g、消費電力は最大8.5W。電源には家庭用コンセントを使用し、赤ちゃんから30~50cm程度離した位置に設置した上での利用を想定している。なお、時計機能や育児記録など、一部の機能はWi-Fiによるインターネット接続が必要となる。

予定販売価格は4万3780円(税込)。Makuakeでは28%オフとなる3万1680円(税込)で購入できるプランなどを用意している。

ainenneは2021年6月26日までMakuakeでクラウドファンディング中だ。目標金額50万円に対し、2021年4月2日時点で270万円以上を集めている。リターンの発送は2021年7月末以降を予定している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. まるで車輪付きの2階建てビル——世界最大の「Hummer H1」がUAEの博物館に収蔵
  3. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  4. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  5. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  6. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  7. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」
  8. Raspberry PiによるPCデータレコーダーのエミュレータ「Raspberry Pi用ピーガーMODEM 【初回版】」発売
  9. 理科の授業に必要な計測/制御などを1台で——USBを挿すだけで使える道具箱「AkaDako STEAM BOX プロトタイプ」
  10. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る