新しいものづくりがわかるメディア

RSS


東大発ベンチャーのPale Blue、NEDOから助成金を取得——超小型衛星用推進機の開発へ

東大発ベンチャーのPale Blueが、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が実施した2020年度「研究開発型スタートアップ支援事業/シード期の研究開発型スタートアップに対する事業化支援」の第3回公募で助成対象として採択されたと発表した。

これに伴い、同社の資金調達額は設立後1年で累計約2億円に達する。調達した資金は、メガコンステレーション用の超小型衛星向け水統合エンジンの開発と実用化に用いるという。

水レジストジェット推進機

Pale Blueによると、現在の小型衛星のほとんどは推進機を搭載しておらず、能動的に軌道や姿勢を維持して運用寿命を長引かせたり、軌道を離脱させたりできない。そのため、特に後者に起因する宇宙ゴミ(デブリ)増大が深刻な問題になっている。

こうした問題は推進機の搭載により解決可能だ。しかし、大型衛星に現在搭載されている推進機は、体積、重量、コストの観点から小型衛星への適用は難しい。また、高圧ガスや有毒物を推進剤として使うため、環境への配慮や持続可能性の点でも問題を抱えている。

一方で、 Pale Blueが開発している小型推進機は、水を推進剤とするものだ、低圧貯蔵可能で無毒な水を推進剤として利用し、前述の課題を解決することで、小型化と低コスト化の実現を図る。

同社は、小型衛星実用化のボトルネックとなっている小型推進機にイノベーションを起こすことで、小型衛星群によるビジネスや深宇宙探査の現実化を目指すとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  4. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  5. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  6. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  10. 第11回 抵抗? コンデンサー? IC? ラズパイで扱う電子パーツについて教えて!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る