新しいものづくりがわかるメディア

RSS


74歳エンジニアが起業——スマートフォンホルダー「elastiX」

柔らかくてもしっかりと固定するスマートフォン片手使い用ホルダー「elastiX」がREADYFORでプロジェクトを開始した。

photo

elastiXは、シリコンゴム素材で独自のリング構造によって弾力を発揮。指を柔らかく、しかもしっかりと固定する。スマートフォンを片手で使っていても落下させる心配がなく、かつ親指だけでも広い範囲の操作が可能になる。開発者によれば、通常親指ではディスプレイの30%程度の範囲しか操作できないが、同ホルダーを使うことで90%の範囲を操作できるようになる。本体はフラットでシンプルな構造なため薄くて軽い。厚さは1.5mmしかないため、出し入れの際にも邪魔にならないのも特徴だ。

開発者は、大手鉄鋼会社を退職した74歳の電気関係エンジニア。約10年前の脳卒中の後遺症で半身麻痺になり、世界とつながるために携帯電話やスマートフォンの重要性を痛感。片手で操作することが難しかったスマートフォンを何とか片手で楽に扱えるようにと開発したのがこのelastiXだ。集まった資金は、抜き加工に使う量産金型の製作やパッケージデザインに使い、製造コストを下げて、これを必要とする人たちにより安価で提供できるようにしたいとのことだ。

支援およびリターンは、「スマートフォンホルダー1個:特別価格」1200円が用意されている。

プロジェクト目標額30万円のところ、2021年4月28日現在25万円の支援が集まっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 充電10分で約400km走行可能なEV向けリン酸鉄リチウム電池を開発——安全でコバルトを含まず低コスト
  2. 完全オフグリッドのコンテナハウスが登場——太陽光と風力で自家発電し雨水を生活用水に利用
  3. スイッチサイエンス、ピンのステータスをLEDで表示できる「Raspberry Pi用 GPIOスクリューターミナルHAT」を発売
  4. スイッチサイエンス、「M5Stack用DDSユニット」を発売
  5. プログラム初心者が「勉強しよう!」と思ったらすぐ始められる、「micro:bit basic」
  6. スイッチサイエンス、Arm Cortex-M0+搭載のArduino互換マイコン「Seeeduino XIAO」を発売
  7. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  8. DMM.make AKIBA、工房機能を8月末に終了。今後はコワーキングスペース中心の運営に
  9. ラズパイでピザ窯制御——秋葉原にIoTピザ屋台「おとめし」が登場
  10. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る