新しいものづくりがわかるメディア

RSS


74歳エンジニアが起業——スマートフォンホルダー「elastiX」

柔らかくてもしっかりと固定するスマートフォン片手使い用ホルダー「elastiX」がREADYFORでプロジェクトを開始した。

photo

elastiXは、シリコンゴム素材で独自のリング構造によって弾力を発揮。指を柔らかく、しかもしっかりと固定する。スマートフォンを片手で使っていても落下させる心配がなく、かつ親指だけでも広い範囲の操作が可能になる。開発者によれば、通常親指ではディスプレイの30%程度の範囲しか操作できないが、同ホルダーを使うことで90%の範囲を操作できるようになる。本体はフラットでシンプルな構造なため薄くて軽い。厚さは1.5mmしかないため、出し入れの際にも邪魔にならないのも特徴だ。

開発者は、大手鉄鋼会社を退職した74歳の電気関係エンジニア。約10年前の脳卒中の後遺症で半身麻痺になり、世界とつながるために携帯電話やスマートフォンの重要性を痛感。片手で操作することが難しかったスマートフォンを何とか片手で楽に扱えるようにと開発したのがこのelastiXだ。集まった資金は、抜き加工に使う量産金型の製作やパッケージデザインに使い、製造コストを下げて、これを必要とする人たちにより安価で提供できるようにしたいとのことだ。

支援およびリターンは、「スマートフォンホルダー1個:特別価格」1200円が用意されている。

プロジェクト目標額30万円のところ、2021年4月28日現在25万円の支援が集まっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piを搭載しRTK-GPS測位で正確に芝刈りできる自動ロボット芝刈り機「OpenMower」
  2. 好奇心とエラーが生んだ極彩色の3Dプリント——「積彩」が求める未知の驚き
  3. クラウドベースIDEを使いFPGAの基礎から応用まで学べるFPGAボード「STEPFPGA」
  4. そうめんの空箱とラズパイで昭和のゲームを作る
  5. Pi Zeroがクアッドコアに進化——「Raspberry Pi Zero 2 W」発売
  6. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  7. オープンソースの3Dプリント技術を守ろう——特許出願の再審査を求めるためクラウドファンディングを開始
  8. CQ出版、GPUプログラミング入門を特集した「Interface 2022年8月号」を発売
  9. 日本3Dプリンター、0.02mm精度の3Dスキャナー「FreeScan UE Pro」発売
  10. 加工エリアは無限大——折り畳み可能なポータブルレーザー加工機「Optic」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る