新しいものづくりがわかるメディア

RSS


実際の株価が表示できる、株トレーダーみたいなミニチュア机を作る

「株トレーダー」と聞いて真っ先に思い浮かぶのは、ディスプレイがいっぱい並んだ机である。たくさんの情報を一気に得られるよう、座席を取り囲むようにディスプレイが置かれており、しかも上下2段になっていたりする。

あの机は格好いいし、迫力がある。うちにも欲しい。ただ、あんなにディスプレイを並べるスペースはないので、いつも想像するだけで終わってしまう。

ミニチュアだったら、あの良さを手軽に再現できるかもしれない。作ってみよう。

小型ディスプレイで作ろう、株トレーダーの机

株トレーダーのなかでも、特にデイトレーダーと呼ばれる方たちは、瞬時の判断で株を売り買いしている。一目で状況を把握する必要があり、その結果として大量のディスプレイを並べているようだ。そう、こんな風に。

photo

一見すると異様にも思える佇まいだが、ものすごく「サイバー」だと感じる。視界一面がディスプレイなのだ。席に座ると、きっと情報の海に溺れるような感覚に陥るに違いない。一度でいいから味わってみたい。

これをミニチュアで再現したいと考えたとき、一番「それっぽさ」に関与するのは、やはりディスプレイであろう。印刷した紙を、ただ貼り付けるだけでは面白くない。ちゃんと機能する液晶を使って、好きな画面を表示させたい。

そんなちょうどいい小型の液晶なんて……あった!

photo

この超小型の液晶は、Waveshare製の「1.47インチ 角丸LCDディスプレイモジュール」という製品。解像度は172×320ピクセルで、SPIで表示を書き換えることができる。

素晴らしいのは、他の小型液晶に比べてベゼル(額縁)部分が圧倒的に狭いのだ。そのため、この液晶に3Dプリンターで作った外装をはめこむだけで、ほらこの通り。

photo

超小型の液晶ディスプレイが完成してしまった。

photo

サンプルで用意されていた画像を表示してみる。か、かわいい……! これだけで一つの商品になりそうな良さが生まれている。

photo

しかも今回は、これだけでは終わらない。上下2段にしないといけないため、上段にもう1個のディスプレイを接着する。小型の「ニンテンドーDS」みたいな見た目になった(このサイズのゲーム機があったら面白そう)。

photo

小型液晶は計6個用意し、2段組みのペアを3セット作成した。ワイヤーが固いため、配線時に負荷がかかってディスプレイがバラバラにならないよう、エポキシ系接着剤で強力に固めておいた。これで液晶部分の制作は完了だ。

小型液晶に株価チャートを表示する

液晶画面に表示するのは、やはり株価チャートがいいだろう。それも決め打ちの画像ではなく、ちゃんとインターネットから株価情報を持ってきて表示させたい。

実際の株価を取得するのは、Pythonが動作する「Raspberry Pi」(ラズパイ)を使うのが一番簡単だ。一方で、ラズパイはサイズが大きく、配線の取り回しが大変なので、液晶を制御するのは別途ESP32という、ネットワーク機能を持った小型のマイコンボードを使うことにした。

今回発案した「小型液晶に株価チャートを表示するシステム」は、このような構成である。

photo

【ライズパイ側】

  1. インターネットから株価の情報を取得
    (”pandas_datareader”というPythonライブラリを使用)
  2. 株価の数値を、株取引でよく使われる「ローソク足チャート」の画像に変換
    (”mplfinance”というPythonライブラリを使用)
  3. ローソク足チャートの画像を、液晶表示用のデータ列に変換(自作スクリプト)
  4. 生成したデータ列を、ローカルのWebサーバー上に公開
 

【ESP32側】

  1. ローカルのWebサーバー上から、液晶表示用のデータ列を受信
    (”HTTPClient”というArduinoライブラリを使用)
  2. SPI経由で、液晶にデータを送信
    (液晶メーカーが公開しているライブラリを使用)

実際には、液晶6個に別々の画面を表示する必要があるため、上記の手順を6回繰り返している。

photo

試行錯誤の末、コンパクトな回路も完成。このように1個のESP32で、6個の液晶に株価チャートを表示することが可能となった。

使っている小型液晶は解像度も低いし、通信インターフェースがSPIなので、普通のディスプレイみたいに「HDMIでつなぐとすぐ映像が出る」というわけにはいかない。わりと面倒くさい手順を踏んで、表示用の画像をせっせと作っている。

定期的にプログラムを動かしておけば、株価情報を最新のものに更新することもできるし、わりと実用的なシステムができあがった。ただし、とてもデイトレードに使えるような表示速度ではないので、「1日1回、その日の株価を更新」みたいな使い方が向いているだろう。画面に表示しているのも、「日足」と呼ばれる1日単位のチャートである。

机を作って液晶を設置する

最後に残ったのは、机の製作だ。

photo

MDFという木材の成形品をレーザーカッターで切り出して、

photo

接着剤で組み立てれば、あっという間に完成。

photo

ただ、そのままだと株トレーダーのクールな雰囲気に合わないナチュラルさなので、全体を黒く塗装した。

photo

机の背面には、液晶制御用のESP32などが乗った自作基板を固定する。サイズを合わせて作ったのでピッタリだ。

photo

そして先に作っておいた液晶を、接着剤を使って机にがっちりと固定。だんだん全貌が見えてきた。

photo

少し面倒なのは、配線である。液晶1個あたり8本の配線が必要なので、計48本を接続することになる。できるだけ配線しやすいように基板を作ってあるが、間違えないよう慎重に……。

photo

ふー、すべての配線が無事に終わった。

photo

白鳥が水面下では激しく足を動かしていると言われるように、電子回路も何食わぬ顔で動いているように見えて、裏面は得てしてゴチャゴチャになりがちである。

photo

もう少しディテールにもこだわりたい。机の上には、3Dプリンターで出力した極小サイズのキーボードとマウスを配置して、

photo

さらに椅子も3Dプリンターで出力した。

これで完成である。さあ電源を入れて、液晶画面を映してみよう。

株トレーダーみたいな机、誕生

いざ、電源オン!

photo

6個の液晶に、順番に画面が表示されていく。このGIF動画は早回しになっていて、実際には全部表示し終えるのに2分くらいかかる。気長に待とう。

photo

株価チャートが表示されると、紛れもない「株トレーダーのあの机」が誕生した。うちにもついに、あの机がやってきたのだ。感動である。

photo

サイズ比較のため、10円玉を置いてみた。そのコンパクトさが分かると思う。これくらいなら狭い部屋にだって設置できるし、(ものすごく見づらいけど)いちおう株価チャートも確認できる。

photo

近づいて接写してみると、ディスプレイに取り囲まれている雰囲気が再現できた。

画面に映しているチャートだが、最初は実用性を重視して、いろんな企業の直近1~2週間の株価推移を表示していた。しかし、どの株価もキレイに右肩下がりになっているという、つらい現実を目の当たりにしてしまう……(2022年12月時点)。

面白みがないうえに、なんとも悲しい画面になってしまったので、撮影時は画面ごとにいろんな期間のチャートを混ぜて表示してある。自由に表示内容を変えられるのも、このシステムの強みである。

照明を変えて、もっとギークな雰囲気にしてみる

照明を落とした暗い部屋で画面だけが光っていると、ギークさが出て格好いいかもしれない。そんな予感がしたので、試してみた。

photo

おお、予想通りいい雰囲気だ。

photo

暗くすることでミニチュア感が薄れて、本当にこういう世界があるように錯覚できる。

photo

さらに、照明を緑にしてみた。カタカタカタ……ターン! というキーボードの打鍵音が聞こえてくる(実際の株トレーダーはそんなことしないだろうけど)。

photo

妖艶な光を放つ部屋で静かにディスプレイを見つめていると、ミニチュアと現実の境界が徐々にあいまいになっていき……

photo

やがて精神は、株トレーダーの世界にトリップした。

というのは言い過ぎだけど、わりと本物が持つ「サイバー感」に近づけたのではないか。

photo

すべての照明を落とすと、視界に広がるのは株価チャートだけ。夢に出そう。

2022年を思い起こしてみると、個人的には株価を確認するのがつらい日々を過ごしていた。そんな毎日でも、このミニチュア机があれば、少しは愉快な気持ちでチャートを眺められたかもしれない。

例えば、右肩上がりになっている期間だけを選んで表示すれば、投資家的にはたまらない瞬間だけを切り取った、ハッピーなガジェットにすることもできそうだ。

使っているのはとても小さな液晶だけど、表示内容を変えるだけで一喜一憂することができる。これは株が持つ特性を利用した、感情を操作するガジェットだと言えるかもしれない。

photo

余談だが、小さいキーボードとマウスも本当に操作できたら面白いだろうなあ、と思いながら指を添えてみた。ミニサイズで株取引できる専用ガジェット、もしあったらちょっと欲しい。

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 厚さわずか15μm——MIT、超軽量かつ高強度な布製太陽電池を開発
  2. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  3. 人体内で発電するカプセル型微生物燃料電池を開発
  4. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  5. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  6. 第1回 ラズパイってなんですか
  7. 造形速度が5倍速に——「Hyper FFF Raise3D Pro3シリーズ 高速化アップグレードキット」発売
  8. 人間と同レベルでプログラミングができるAI「AlphaCode」、DeepMindが開発
  9. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  10. Formlabs、3Dプリント自動化製品「Form Auto」を2023年4月に出荷開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る