新しいものづくりがわかるメディア

RSS


まったく新しい回転型プリントベッド採用の3Dプリンタ「Alta」

ノルウェーのトロンハイムで開催された“Maker Faire Trondheim”で披露されたFFF(熱溶融積層)方式3Dプリンタ「Alta」は、押出機に対してプリントベッドが2重の軸で回転する、斬新な動きで話題を呼んでいる。

これまでもプリントベッドが回転する方式の3Dプリンタは存在するが、それらは回転軸が1つで、レコードプレーヤーのターンテーブルのような動きをするもので、押出機は回転軸に対して水平/垂直方向に動くというものだった。

しかしAltaはプリントベッドを、サーボモーターで回転する線形アームと、そのアームの先にあるもう1つのサーボモーターで回転するディスクの上に据えることで、水平方向に自在に動く構造を実現した。よって、X軸Y軸という概念は存在しない。かといって、特別なソフトウェアを必要とせず、通常使用される3DプリントのためのソフトウェアやSTLフォーマットと互換性があるという。

「3Dプリンタの複雑さのほとんどは、直線的にしか動けないという点からくる」と製作者であるSkogsrud氏は考えた。「そこでX軸Y軸という概念を捨て、線形アームと回転ディスクの両方を直接動かすことにした。これまでの3Dプリンタと共通しているのはZ軸の層という考え方だけだ」とSkogsrud氏は述べている。

この構造では直線方向にプリントベッドや押出機を動かすためのベアリング、ベルト、ギアなどの機構が不要で、多少の金属部品とサーボモーターのみが動くため、これまでの3Dプリンタと比べ可動音が静かなことが特徴だ。

Altaは2014年内にKickstarterで資金調達を開始する予定で、価格は1台約1500ドルを想定しているという。 

MakezineによるSkogsrud氏インタビュー。Altaの動作がわかる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  6. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  10. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る