新しいものづくりがわかるメディア

RSS


300×300×300mmの出力が可能な低価格3Dプリンタ「Origin」

低価格ながら、大型造形可能で高精細、高速出力と充実した機能の3Dプリンタ「Origin」シリーズの資金調達がKickstarterで開始された。

Originシリーズは、初心者から上級者まで幅広いユーザーが使える3Dプリンタを、低価格で提供することを目指して設計された。そしてその目的の通り、「Origin Prime」は700ドル(約7万3000円)、「Origin Plus」は900ドル(約9万4000円)、「Origin Ultinate」で1150ドル(約12万円)と、同程度の機能のプリンタと比較すると手頃な価格だ。本体カラーは、黒、青、オレンジ、ピンク、緑、グレーの6色のバリエーションを用意している。

Origin Primeは、最大造形サイズ300×300×300mm、最小積層ピッチ75μm、プリント速度は最高で毎秒150mm。押出機は1つ。USB経由で接続したPCから操作する。プリント素材はPLAなどで、プリントベッドの加熱を必要としない素材に限られる。

上位機種のOrigin PlusはPrimeの機能に加え、120度まで加熱できるプリントベッド、押出機で加熱可能な温度が250度まで上がるため、ABS、HIPS、PVAなどの素材も使用できるようになる。また押出機も2つになる。

最上位機種のOrigin UltimateはPlusの機能に加え、プリンタのみでプリントできるコントローラボード、SDカードスロットが備わっている。最高プリント速度も毎秒200mmまでに上がり、ネットワーク経由でスマートフォンやタブレットなどからウェブを介してプリンタを制御できるようになる。

記事執筆時点で目標資金額10万ドルのうち、約2万2000ドル(約209万円)の資金が集まっている。700ドルの出資で、Origin Primeが1台購入できる。発送は2015年4月の予定で、日本への送料は別途100ドル。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  5. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  10. 最速3Dプリンターより10倍速い——スタンフォード大の最新3Dプリント技術「iCLIP」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る